家で取っている地方新聞に子どもの詩を掲載するコーナーがあり、楽しみに読んでいた時期がありました。
 文学作品としての詩は谷川俊太郎さんや、まどみちおさんの詩が面白いなと思ったことがあるくらいで、あまり読んだことはありません。詩に限らず短歌や俳句の味わいも良く理解できないほうなので、私はそういったことへのセンスがないのでしょう。
 しかし、子どもの詩はとてもわかりやすく、直接心に通じるところがあります。
 とにかく発想がおもしろいですし、大人が心動かされる感性を子どもの書く詩は示してくれます。
 

 家で読んでる地方紙で見たものにはこんな詩がありました。

  
   さか上がり

  地面をけって
  回ってみよう
  さかさになると
  いつもちがう
  世界が
  広がっている

 
 
   空

  空は毎日表情を変えている

  ほら、今日は晴れで笑っている

  ほら、今日は雨で少し悲しそう
  すごいなぁ
  すごいなぁ


  
   さくら

  さくらのはなびらは
  かぜにとばされて
  どこまでいくのかな
  わたしのてのひらにとまった
  ハートのかたちだね
  はなびらにそっといった


 逆上がりするたびに見える景色が違う、という鋭い観察眼にはハッとしてしまいます。
 そして、空を見て「すごいなぁ」と素直に感動することや、桜の花びらと心を通わせるなんてことは、大人が忘れてしまっている気持ちではないでしょうか。
 こんなかんじに子どもの詩にはセンスオブワンダー(さまざまな物事の神秘や不思議さに目を見はる感性)や、子どもらしい率直な心情がたくさんつまっています。
(しかし、大人は子どもが持つこういった心にあまり気づかないのではないでしょうか。そして最悪なのは、自分たちの型にはまったつまらない考えを押しつけて、子どもの感性を殺してしまっている場合が多いことです)
 
 
 毎週楽しみだった詩のコーナーなんですが、最近はなぜかありきたりな作品が多くなって読まなくなってしまいました。
 ゲームやスマホの影響で、外遊びをしなくなっている子どもの創造性が低下してるのでしょうか。でも、読売新聞に出てる子ども詩は面白いものがまだ出ているみたいですから、そんなこと無いとは思っています。


 ここから私が「おひさまのかけら」(川崎洋編 中央公論新社)という本とネットで見つけて好きになった子ども詩を紹介します。
 たくさん載せるけれど、どれも味わい深い作品なので最後まで読んでいただけたらと思います。(本来の縦書きで紹介できないのがちょっと残念ですが・・)



 子ども詩にはユーモアあふれる作品が多いです。子ども達はいたって真面目に書いているのでしょうが、何とも言えないかわいらしさで読む方をニッコリさせてくれます。

 
   ねこやなぎ

  ねこやなぎって
  とりさんのおもちゃなんだよ
  ほんもののねこさんにさわると
  とりさんドキドキしちゃうでしょ
  だからねこやなぎをさわって
  ねこさんってこんなかなって
  かんがえながらあそぶんだよ



   ゴジラ 

  ゴジラって
  口から
  火をふくから
  きっと
  歯がしみるね
 

 
   かぶとむし
 
  すずむしみたいに
  なかないけど
  かぶとむしは
  こころのなかで
  どすこいって
  いっているんだよ



   せんせいがおこったら

  せんせいがおこると
  ガラスがこわれ
  じめんがこわれ
  ちきゅうがばくはつし
  うちゅうもばくはつし
  このよはおわる
  みんなが
  しぬ

 

   おとうちゃん大好き

  おとうちゃんは
  カッコイイなあ
  ぼく おとうちゃんに
  にているよね
  大きくなると
  もっとにてくる?
  ぼくも
  おとうちゃんみたいに
  はげるといいなぁ



 ありきたりな知識に染まってない子どもはさまざまな事を不思議に思い、哲学的にとらえもします。


   鳥

  地面に歩いてる鳥をみていたら
  「スッ」
  と羽を広げて飛んで行った
  私が頑張ってもできないことを
  一秒で一瞬でやってしまった
  何気ない風景が 
  貴重な一瞬に見えた

 
 
   けしゴム

  自分が書きちがえたのでもないが
  いそいそと消す
  自分が書いた嘘でもないが
  いそいそと消す
  自分が汚した汚れでもないが
  いそいそと消す

  そして消すたびに
  けっきょく自分がちびていって
  消えてなくてなってしまう
 
  いそいそと いそいそと

  だたしいと思ったことだけを
  ほんとうと思ったことだけを
  うつくしいと思ったことだけを
  自分の代わりのように
  残しておいて



   さんすう

  ぼくが
  ひいたかずは
  どこへいったの?

  ぼくがたしたかずは 
  どこからきたの?

  四次元空間からかな?
  それとも
  じめんの中からかな?
 

 けしゴムの詩はネットで見つけたのですが、本当に子どもが書いたのかな、と思ってしまうほど、作品としての完成度が高くて驚きました。
 さんすうの詩の哲学的ともいえる問いは、哲学や科学の出発点になるものではないでしょうか。



 子どもの率直な心情があらわれてなんとも心に響いてくるこのような詩もあります。


   土

  がっこうのかえり
  ことりがしんでいました
  ぼくは
  おはかをつくってやりました
  土があってよかったです



   のらねこのミミちゃん

  今朝のらねこミミちゃんは 
  バイクの上にのって
  しっぽをまげて
  体が地めんにおちそうで
  お兄ちゃんがぼうでつっついても
  にげないでじっとしていた
  こおっている
  ミミちゃんの目はきれいだった
  茶色で黒目がなかった
  きっとすごくさむかったんだね
  もうにどと会えないね



   お母さんがまっている
 
  早く帰りたいな
  早く学校がおわらないかな
  きょうはお母さんが家にいるんだ
  お母さんがお休みなの  
  早く帰りの時間になってほしい
  家に帰ったらこういうんだ
  「お母さん ただいま」



 子供たちの詩いかがだったでしょうか。
 子ども詩に興味を持たれた方は、読売新聞にのったものを詩人の川崎洋さんや長田弘さんがそれぞれ選んだ詩集があるので読んでみてください。
 本に掲載されている詩は選ばれた良作ばかりですが、こういった詩は特別な子が書くというものではなく、大人が子どもの感性を大切に育めば、面白い詩を作りだすものだと私は思っています。



 子ども詩というと灰谷健次郎さんも子ども詩の指導者として有名でしたが、最後に灰谷さんの著書「せんせいけらいになれ」(角川文庫)から私がとても感動した詩を載せて終わります。
 これは女の子がおならについて書いた詩で下品と思われそうですが、とにかくユーモアがあってスケールの大きい、人の存在全てを包み込む人間賛歌のような詩です。


   おなら

  わたしがおとなだったら
  かんごふさんになって
  おならばっかりこきます
  びょうにんをしんさつしているときも
  おならをこきます
  かんじゃさんががまんしてたら 
  もっと もっと
  おならをこきます
  けっこんしても おならをこきます
  わたしのうんだ子どもにも
  おならをこかします
  うれしいときも
  おならをこきます
  おめでたいときも 
  おならをこいておいわいします
  わたしがいいことしてしぬと 
  みんなおはかにきて
  ほめてくれるでしょう
  そのときも
  おならをこいて 
  みんなをおどろかします
  かみさまにおこられても
  ぷーぷーおならをこいて
  ごまかしておきます







コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ