この前、母親が「目がショボショボして見えづらいから眼医者に行くつもり」と言うので、目のまわりの押して痛むところをよくほぐしてみたら、と勧めました。押すとあちこち痛いところがあり、念入りにほぐし続けると、かなりスッキリして見やすくなったと言います。
 目のまわりのコリによって血流が悪くなり、見づらくなったりするから、それをよくほぐすといい、ということをアドバイスしました。
 その後、眼医者に行った様子もないので、おそらく見えにくさは軽快したのでしょう。

 まあ、母親は70近いですから、白内障とかの眼の病気の可能性もあるかもしれません。でも、つい最近に眼鏡を作ると眼科医でいろいろ検査したので、そうった病気で見えにくいということでもないはずです。
 もし、あのまま眼医者に行っても、効果があるかわからない目薬を出されるだけだったでしょう。そして、医者は目のまわりのコリをほぐしてみたら、なんていうことは決して言わないはずです。
 ふつう体に不調を感じると医者に見せればいいと思いがちですが、すぐに処置しなくてはならない重い症状を除けば、たいていの不調というのは病院に行かなくても、このようにいろいろ対処できると私は思っています。



 今月の文芸春秋5月号は、「食と薬の常識が変わった」というタイトルでさまざまな医学の最新事情について特集しています。
 その中の記事で「チュージング・ワイズリー(賢い選択)」という、アメリカで進められている運動について書かれたものがありました。
 これは一般の人が過剰な医療を受けないようにする指針を示す運動で、かなり大きなものになっているそうです。アメリカの70以上のさまざまな医学学会が最新の調査・研究で分かった不必要な治療・検査についての情報を発表しています。
 「ふだん健康な人は定期的な健康診断を受ける必要ない」「75才以上の人はコレステロール低下薬は飲まないほうがいい」といったことが450項目ほどあり、日本で広く行われているような治療法、検査についても効果が疑わしいとしているものがかなりあります。
 最近の日本でもこういった「薬はあまり飲まないようにする」「抗がん剤は使わないほうがいい」といったことが書かれた雑誌や本などをよく目にして、それについて論争があったりします。

 日本の場合、医学界の主流の人たちは薬や検査の有効性を主張していますが、アメリカの「チュージング・ワイズリー」の場合は、心臓学会とか小児科学会といったそれぞれの専門分野の権威の側が、そういった主張を取りまとめているところが大きな違いでしょう。
 また文芸春秋の記事によると、日本の医療は対症療法的な治療ということばかり考えているが、欧米の医学は治療・検査の有効性を統計的に調べて、病気の予防や健康のあり方を考える疫学を重要視していて、日本の医学の考え方よりも進んでいる面があるそうです。

 やはり日本の医療の薬の飲みすぎや、検査のしすぎといったことはかなり問題と言えるのかもしれません。検査して薬をもらえば安心と思う患者も多いのでしょうが、こういったことは病院の経営や製薬会社の利益のために行われているということもあると思われます。
 薬で症状を抑えても根本的に治らないことは多く、飲み続けることで薬が効かなくなる、副作用が出る、体に負担がかかる、といったことがあります。また、CTやレントゲン、胃のバリウム検査といったものを行うと多量の放射線を浴びて発がんのリスクが高まりますし、日本で行われるガン検診も世界的にその有効性が疑問視されて行われていないものがあるそうです。

 文芸春秋の他の記事では糖尿病になってインスリン治療を勧められたけど、食事改善と運動で血糖値以外のさまざまな数値も改善したという、国立がんセンターの元研究者の医師の話がでていました。
 日本では病気になったらとにかく薬物治療を受けるのが一番だという風潮がありますが、この医師のように食事・運動で良くなることは多くあります。だから医者も薬を勧めるだけでなく、薬なしでも病気を改善できるということをもっと広めるようになってほしいものです。



 最近では厚生労働省も、「ウィルスによって起きる風邪に抗生物質を使用しないように」といった薬の過剰投与抑制の通達を出したりしました。
 しかし、欧米ではインフルエンザは風邪の一種とみなされ、薬を飲まずに寝ているように言われるそうですが、日本はインフルエンザに薬としてタミフルを処方して、その使用量が世界の流通量の7割になっているというように、とにかく日本では薬を使いすぎています。

 薬の過剰使用の例の一つとして、精神科での抗うつ薬などの処方の問題があります。
 「うつは病は心の風邪」といったフレーズで、気分の落ちこんだ人が精神科を受診しやすくする運動がひと昔前から行われ、うつ病と診断される患者の数が増えました。
 うつ病と診断されると間違いなく新型抗うつ薬(SSRI)を処方されるのですが、この薬がとても危険と言われています。
 副作用が非常に強く、依存性があるといった問題があって、かえって症状を悪化させてしまい、さらにたくさんの薬をいつまでも飲まされる、ということになってしまいます。そして、何種類もの薬を長期間使用するというのは、日本以外ではあまり行われないことだそうです。
 この薬が安易に処方された結果、薬の副作用で苦しい思いをしている人が多くなっています。
 私のまわりでもこれを飲んで、全く起きられなくなって寝たきりみたいになる、妄想がひどくなっていきなり家を買う契約をしようとした、おとなしい人がいきなり家出してしまった、ということもありました。
 これはとても恐ろしい薬なので、医者に飲めと言われても最初から拒否するようにして、今飲んでいる人もなるべく止めるようにしたほうがいいと思います。(長期間SSRIを使用してる人が減薬や断薬する場合は注意が必要です)

 あと、この前新聞で知ったのですが、ある調査によると、日本では知的障害のある子どもに統合失調症の治療薬の抗精神病薬が処方されているということです。
 6~11才には11%、12~14才は19.5%、15~17才では27%、と年齢が上がるにつれ割合が上がり、処方された子どもの半数が長期間にわたり薬を飲んでいるということです。
 新聞の記事には、抗精神病薬の長期間使用は体重増加などの副作用のリスクがあると書かれていましたが、この薬も依存性や強い副作用があるとされるものです。2種類以上の薬を飲む子供も7%に上がり、長期間の服用というのはたぶんずっと飲ませ続けているということでしょう。
 脳へ危険な作用があると考えられる薬を、まだ脳が発達段階にある子どもに飲ませるというのは本当にひどい話だと思います。
 このようにデタラメな処方をされれば、子どもの脳はダメージを負って一生薬を使わなければならないようになってしまいます。



 昔、イスラエルで医師がストライキして診察をしなかったら、患者の死亡率が下がったなんていう話もありますが、医者の行う治療というのは私たちの体への負担になるものが多いのでしょう。したがって、ちょっと具合が悪いからと言って医者に行ったり、薬を飲んだりすることは、かえって健康を遠ざける結果になりかねません。
 高齢化による医療費の増加という問題もありますから、過剰な治療で成り立つ日本の医療の仕組みは変わるべきだと思います。
 しかし、私たちも医者のいうことをただ従順にきくだけでなく、「チュージング・ワイズリー」などのさまざまな情報にふれ、自らに健康を守るための意識を高める必要があります。(このブログでも「私的対策」のカテゴリーで自分でできることについていろいろ紹介してます)
 病院に行かなければならない病気・症状ももちろんありますが、ふだんから自分の健康に気をつけて安易に薬を飲んだり、病院に行ったりしないほうが身のためだと私は思います。
 胃もたれにキャベツを食べるとか、便秘対策によく歩くとか、薬に頼らなくてもできることはたくさんあります。
 病気を治すのは薬ではなく私たちの体に備わる自然治癒力です。



 最後にドイツの笑い話を一つ。

医者「いやー、早く来てよかったですよ」
患者は驚いた。
「そんなに深刻な状態なのですか?」
「いや、一日遅かったら自然に治っているところでした」  





コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ