07 30
2017

 3カ月ほど前から両親が旅行に行く、という話をしていました。
 何かの会で毎年行っている泊りの旅行で、今年は黒部ダムを見に行くそうです。
 いつもは母親だけが参加していましたが、「黒部ダムなら見たい」と父親も行くことになり、二人で楽しみにしているようでした。
 行くのは7月の28、29日だったのですが、その3日ほど前、私をちょっと不安にさせるある出来事が起きました。
 

 その日、本屋で立ち読みしていると、週刊誌のコーナーに「サンデー毎日」が置いてありました。
 いつも男性の読む週刊誌は「週刊現代」か「週刊ポスト」しかなく、他がたまにあっても「文春」か「新潮」だけなんです。
 珍しいなと思い、中をパラパラめくっていると、「7月下旬から8月上旬に大地震が起きる可能性」という記事が目に入りました。
 気になって読んでみると、最近の大地震には前触れの地震が規則的にあり、今そのパターンにあてはまっているのが新潟の糸魚川市から信濃大町の地域で、その期間は特に注意が必要、とどこかの大学教授が警告しているという内容です。
 そして、その時期そこで震度1~2の小さな地震が起きたら、少し後に大地震が起きるかもしれない、ということでした。
 黒部ダムはちょうどその指摘されているあたりにありますし、時期もちょうどぴったりなので、なんとも気になってしまう話でした。

 「大地震が起きる!」や「富士山が爆発する!」といった記事はよく週刊誌があおるように書くことで、今まで当たったことはほぼないでしょう。でも、堅い週刊誌というイメージの「サンデー毎日」がそう書くのは多少根拠もあるのかな、と思ってしまいました。
 旅行先で大地震に遭遇するかも、なんて言って不安にさせ、旅行の楽しみが減ってしまっても悪いので、両親にはこのことを黙っていました。
 しかし、どうしても気分が落ち着かないので、安全に旅行できるかを占ってみることにしました。
 ちょっと前にコインでできる易占いのやり方を知り、けっこう当たるように思っていたんです。
 まあ本心としては、それで無難な結果がでて安心できるだろう、ということなのでしたが―――

 占ってみると「困(苦しい道を行く)」というあまり良くない卦がでました。
 易では陰と陽のどちらが出るかを6回占って、その順番で卦を決め運勢を見ます。
 そして、陽には「少陽」と「老陽」、陰にも「少陰」と「老陰」があるのですが、この「老陽」と「老陰」がどこに出たかでそれぞれお告げがあるんです。
 私が占った「困」の卦は一番上が「老陰」だったのでそこを読むとこう書いてありました。

「深い谷間に迷い込んで3年間も世に出られない」

 これだと地震による土砂災害で埋もれてしまい、捜索しても3年見つからない、と直接的に言っているように読めてしまいます。
 安心するために軽い気持ちで占ったのに、結果はこれ以上ない、というくらい不安にさせるものになってしまいました。他に書いてある文言をざっと見ても、こんなに最悪なことを暗示するものはないので、ホントよりによってというお告げです。
 
 いつも本屋にない「サンデー毎日」に地震の記事がでている、易でこんな結果になる、と良くない偶然の一致が続きすぎて、なんか本当にそれが起きるのでは、と思えてきました。
 親に旅行へ行かないように、と言おうかとも思いましたが、こんな話で取りやめるなんてことは誰もしないはずですし、おそらくおかしなことを言う、と思われるだけでしょう。(私だって人にこんなことを言われてもたぶん行きます)

 こんな時、皆さんだったらどうしますか?
 私は悩んだすえ「知らぬが仏」が一番いいだろうと、結局これについてなにも話しませんでした。
 何かあっても困りますが、泊まるのは注意すべきとされてる所から離れた場所だそうですし、予兆の小さい地震というのも前日まで起きていません。そして、出発してからも小さな地震が起きるかチェックして、それが起きたら十分注意するように電話しよう、ということで心を決めました。


 結局は何事もなく無事に行ってきましたが、あの時週刊誌をたまたま手にしたおかげで、なんとも気をもむ日々を過ごし、1人神経をすり減らしてしましました。
 そして、ちょっと信用していた易に関しても、思わせぶりなことを言って人騒がせな占いだ、という印象に変わってしまったのが残念です。(まあ今回は当たってしまうと酷いことになるので、それで良かったと言えますが・・・)





コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ