最近、汗をあまりかけない若者が増えているということです。汗がでないと熱が体内にこもってしまい、ちょっとした暑さでも熱中症になりやすいそうです。
 汗をかけないのは、汗腺が十分に働いていないためです。これは幼い頃にクーラーの中で過ごす時間が長くて、汗腺が発達しなかったことが原因と言われています。
 汗のでる汗腺を能動汗腺と呼びますが、この能動汗腺が作られるのは3才くらいまでだそうです。この時期までに汗をかくことが少ないと能動汗腺が作られません。
 赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんがたくさん汗をかいてあせもができたり、熱中症が心配になったりするので、クーラーで部屋を涼しくすることが多いでしょう。
 しかし、クーラーを毎日長時間使って赤ちゃんが汗をかく機会を少なくすると、汗腺が発達しなくなり、大きくなってから汗をかけない、ということになってしまいます。

 暑いと人は汗をかき、その汗が蒸発することで体温を下げます。汗腺が発達しないと汗で体温を下げられないので、熱中症になりやすくなったり、汗をかかないように体がいつも体温を低く保つ「低体温」になったりします。低体温になると免疫力や自律神経の働きが低下したり、イライラしやすくなったりするそうです。
 こういったことから、汗がでず体温の調節がうまくできないというのは、その人の人生にかかわる大きな問題になります。
 クーラーの涼しさに慣れている人は、ちょっとした暑さでもクーラーを使うと思います。でも、3才までの子どもがいる家庭では汗腺を発達させるためにあまりクーラーを使い過ぎず、使っても大人が少し暑いと感じるくらいの温度で過ごすことが大切だということです。



 汗腺を発達させられるのは3才くらいまでですが、この汗腺の話のように、赤ちゃんの頃から注意してないと後々問題になることは他にもあります。今回はそれらのことについて書いてみたいと思います。
 

 子どもを清潔な環境に置きすぎない、ということも大切です。
 清潔はもちろん必要なのですが、親が必要以上に潔癖だったり、抗菌グッズを使いすぎたりすると、逆に子供が病気になりやすくなる、ということがあります。
 子どもが感染症にならにように、親は不潔なものや細菌を遠ざけようとしてしまいがちだと思います。
 しかし、幼児の頃、ある程度不潔な環境に触れることは必要だということです。細菌等に触れることで子どもの免疫力は高まるからです。
 私たちの身の回りにはさまざまな細菌やウィルス(抗原と呼ばれるもの)が存在します。これらの抗原が私たちの体に侵入したときに働く防御システムが免疫です。
 子どもの体は抗原に出会うたび効果的な撃退法を学び、それを記憶することで免疫力が高まります。この働きはふだんから抗原に接していないと活性化されません。
 そのため子どもの頃から、砂遊びなどをして外で遊ぶ、多くの人と接する、ペットやさまざまな生き物と触れ合う、といったことが大切になります。

 また赤ちゃんはいろいろなものを手に取って口にすることがあります。これは口の感覚を確かめて発達させている面もありますが、菌を取り入れている、ということもあるそうです。
 赤ちゃんに菌なんて聞くと、怖ろしくなってすぐ除菌したくなる人もいるかもしれませんが、除菌することはあまり良いことでなく、なるべく身の回りにはいろいろな菌があった方が良いということです。
 身近に存在する細菌に有害なものはあまりありません。そして、子どもは物をさわったり、口にしたりすることで、自然にさまざまな細菌を体に取り入れています。
 身の回りの細菌を取り入れると、私たちの免疫力に関係する腸内細菌を増やすことにつながります。腸内細菌が増えることで免疫力が高まるそうです。
 しかし、抗菌グッズを使ったり、殺菌力の高いボディソープや薬用せっけんを使ったりすると、私たちの体に有用な細菌が激減してしまい、それがかえって子どもの免疫力を低下させてしまいます。

 人が「清潔」になり、外の細菌から切り離された生活をするようになったのはここ50年くらいのことでしょう。それまでは生命の誕生以来何十億年と細菌にまみれて生きてきたのですから、細菌に触れる環境が私たちの体に必要なのは確かでしょう。
 ヒトの体にはものすごい数の細菌が存在しています。そしてそれらの細菌の働きがないと私たちは生きていけません。
 このブログでも以前から身の回りの細菌の大切さについての記事を書いているのでよかったら読んでみて下さい。
体は微生物でいっぱい」「細菌と触れ合う生活



 味覚も幼いころに作られるそうです。 
 5才から遅くても9才までに味覚は形成されると言われています。
 この時期に何を食べたかによってその人の味覚が決まるので事は重大だと思います。
 幼い頃に甘いものや脂肪の多いもの、化学調味料を多く使ったインスタント食品や加工食品、ファストフードなどを食べ慣れてしまうと、一生そういったものをおいしいと感じて求める味覚になってしまいます。
 そういった物ばかり食べていると、どうしても肥満や病気になりやすくなるでしょう。
 したがって幼い頃に何を食べるかはとても大切です。
 現代は、食に手間やコストをかけるのが大変ということもあるかもしれませんが、子どもの将来にわたる健康および親の健康を考えても、子どもが幼いうちから健康的な食生活を行い、味覚を育む必要があると思います。



 最後は子どもの体づくりについての話です。
 子どもの体づくり・運動能力の発達には成長に応じた段階があります。この発達段階はは臨界期という言葉で説明されたりもします。
 臨界期というのは、その時期を逃すとある行動の学習が難しくなる時期、その時期にあることを学習すれば能力を効率よく発達させられる時期、または一定の時期にならないと学習の効果を得られない、といった意味があります。
 臨界期は運動神経や体づくりだけでなく、言語や音楽の能力などさまざまなものにあるそうです。

 運動神経というのは体をコントロールする能力や瞬発力のことですが、運動神経の発達は9歳くらいまでに終わると言われています。
 この時期に外で楽しく自由に遊び、いろいろ体を動かすようにさせると運動神経はよく発達します。親は子どもが楽しく運動することに気を配って、この臨界期を逃さないようにしなければならないと思います。
 さまざまな動きを行うことが大切で、野球やサッカーなど特定のスポーツばかり行うのでは、運動神経はあまり発達しないということです。
 本当は友達同士で勝手に外で遊ぶのが一番だと思いますが、いまどきはそうするのが難しくなっているのでしょう。
 小学生までの子どもが持久力や筋力のトレーニングを行うのは、まだ体が十分発育していないため効果的ではありません。
 持久力は、中学生くらいになって呼吸循環器系の機能が発達してから鍛えるようにします。この時期に持久走やインターバルトレーニングを行ってスタミナや粘り強さを高めていきます。
 そして、15才以降になって身長の伸びがおだやかになったら筋力を鍛えて体の力強さを作ります。
 人の体力が一番あるのは17才~20代前までで、それ以降は体力のピークを伸ばせなくなるそうです。したがって、出来るだけこの時期に体力のピークを高めるようにする必要があります。
 とにかく親は、幼い頃からいろいろと楽しんで体を動かせる機会・環境を子どものために作ってあげるべきだと思います。そうすると子どもは運動するのが好きになり、中学生以降の体づくりも無理なく行えるようになるはずです。
 
 赤ちゃんの体づくりに関しては、以前「赤ちゃんの体づくりについて」という記事に私の考えを書いたので良かったらお読みください。







コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ