今回の秋の味覚はカボチャの種です。

 今年のウチの菜園はとにかくカボチャが豊作でした。(何もしなくても勝手に生えてくる)

 カボチャもいろいろ料理して美味しいものですが、切った時に形のいい大きめの種がはいっていると嬉しくなってしまいます。

 これを一昼夜乾かし、テレビを見ながらはさみを使って殻をとり中身をとりだします。
 地道にむいてとりだした種をフライパンで少しふくらむまで炒って塩をふりいれると、わたしの秋の味覚カボチャの種の出来上がりです。

 殻をむくのが面倒ですが、あの炒ったタネの香ばしい、凝縮した味のためなら苦痛になりません。売っている物も食べた事もあるけど別物です。

 この記事のためにネットでカボチャの種の健康成分を調べてみるとあまりにたくさんの効用が書いてあって本当かいなと思いました。
 たくさん食べる訳ではないのでそんなに健康効果があることは期待してないですが、そんな事とは関係なくとにかくおいしいんです。

 カボチャを買って大きな種が入っていたときにはぜひお試しください。カボチャが二倍楽しめます。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ