このところ3年以上ぬか漬けを作って食べています。
 ウチでは20年ほど前には親が漬けていた記憶があります。それから漬けたり漬けなかったりしていますが、けっこう長いこと食べている方だと思います。
 ここ3年作っているというのは、私が自分でぬか床を管理し、熱心にかき回して漬けているという意味です。
 なんとも言えないぬか漬けの酸味を、体が欲しているように感じられて、私はいつもバクバクとたくさん食べてしまいます。個人的には浅漬けよりもしっかり漬いたものが好きです。

 ぬか漬けはキュウリ・大根などが定番ですが、そのほかの野菜や、野菜以外の食材も入れることができます。
 今回はそんなぬか漬けのいろんな楽しみ方について書いてみます。この記事で少しでもぬか漬けの魅力が伝わればいいな、と思います。




 ぬか漬けにはキュウリやナス、大根、人参などを入れることが多いですが、次のようなたくさんの野菜を漬けることができます。

 アスパラ、カブ、ピーマン、パプリカ、プチトマト、オクラ、ゴーヤ、キャベツ、カボチャ(皮がオレンジ色の日本カボチャ)、二十日大根、白菜、セロリ、大根(カブ)葉、山芋、アボカド、ゴボウ・枝豆(ゆでたもの)などです。
 
 パプリカやプチトマトは漬けると甘くなります。
 大根(カブ)葉の漬けたものは噛みしめるほどに味わいのある一品。
 また、セロリのぬか漬けはとてもおいしくて、他の食べ方では苦手な私も食べられます。
 あと、ゴーヤを漬けると苦みと酸味で強烈な味になりますが、私は夏の味としてとても気に入っています。
 そして、野菜の中で私が一番好きなのは、白菜のぬか漬けです。これはふつうの白菜漬けとは違った酸味がおいしく、冬に作るのをとても楽しみにしています。

 野菜のぬか漬けが残ったり、漬きすぎで酸っぱくなってしまった場合は、細切りにしてショウガの千切りとゴマであえるとおいしいです。これにゴマ油やワカメを加えるのもお勧めです。
 また、ぬか漬けを細かく刻んでチャーハンの具にしても一味違ったチャーハンを楽しめます。


 野菜以外でぬか漬けに出来る食材は、ゆで卵、リンゴ、チーズ、干しシイタケ、コンニャク、豆腐(水をきる)、納豆(ガーゼに包む)、鳥肉(ゆでたもの)、魚肉ソーセージなどです。

 豆腐はチーズのような風味が楽しめます。
 干しシイタケは水で戻さず乾燥したまま入れるので、干しシイタケ全部の旨みとぬかの酸味が合わさりおいしいです。(この漬けたシイタケをぬか付きのまま焼く食べ方もあるらしい)
 納豆はこの記事を書くために初めて試しましたが、とても奥深い味がして、口に入れたら思わず目をつぶって味を感じたくなる旨みがありました。
 そして、私の一番のおススメは、ゆで卵です。これは漬けることで、卵に旨み、酸味が加わりとにかく絶品だと思っています。
 
 ぬか漬けに風味を足すため、昆布や赤唐辛子、ショウガ、ニンニクなどをぬか床に入れたりしますが、この昆布と唐辛子も取り出して刻むと、なかなかの珍味なのでおススメです。


 ぬか漬けにする野菜・食材についていろいろ書きましたが、他にも入れるとおいしいというものはあるはずです。
 レンコンや干し野菜なんかも今度試してみようと思っていますが、まだまだぬか漬けには隠された味の可能性があると思います。




 昔、ぬか漬けは多くの家庭で作られて一般的でしたが、ぬか床を管理するのは手間がかかりますし、スーパーとかでも売ってないので、今は食べられること自体減っています。
 しかし、そのおいしさや健康・美容に良いということが見直されて、家で作る人も増えているみたいです。

 私はぬか漬けの味に関心が向いていて、栄養的には
乳酸菌が腸にいい、というくらいにしか思っていませんでした。
 しかし、この記事を書くために調べてみたら、ぬか漬けはものすごく栄養価が高い、ということで驚いてしまいました。ぬか漬けにすると米ぬかの栄養が野菜に入っていくんですね。
 米ぬかには、たんぱく質、ビタミンA・B群・E、カルシウム、リン、亜鉛、鉄など、たくさんの栄養が含まれているそうです。
 そして、野菜にもともと含まれる栄養とこの米ぬかの栄養が合わさって、ものすごく健康効果が高い食べ物になります。
 また、発酵することで乳酸菌と酵素も加わるので、健康食品として申し分のないものになる、ということです。


 ぬか漬けの健康効果としては次のようなものがあります。

 ぬか漬けの植物性乳酸菌は生きたまま腸に届き、野菜には食物繊維が含まれるので、便通が良くなる等の
整腸作用がある。腸が整うと、免疫力の強化や美肌・ダイエット効果などが期待できる。
 ビタミンB1による疲労回復効果や、カルシウムとリンを摂ることによって骨・歯を強くする効果がある。
 また、これらの効果に加えて、野菜を食べることによるビタミンやファイトケミカルの健康効果があるのは言うまでもありません。


 ぬか漬けにするのは主に値段の安い旬の野菜ですし、米ぬかもタダで手に入るようなものなので、作るのにあまりお金はかかりません。しかし、その健康効果は高価なサプリメントよりもすごい、と言えるのではないでしょうか。 
 そして、栄養価が高い上に、味もおいしいとなれば言うことなしです。
 そのおいしさは糖分や脂肪を口にしたときと違った、体が喜ぶようなおいしさだと私は思っています。
  


 ぬか漬けは「おいしい」とか「すごい」とかばかり書いて、少しおおげさに聞こえてしまったかもしれません。でも、実際にそうとしか言えない気もします。
 この記事でぬか漬けに興味を持ったり、新しい食材を試そうと思ったりしてもらえたら嬉しいです。




コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ