お得な健康法というカテゴリーでは、日常生活にとり入れたり、考え方を知っておくだけで健康になれる簡単な事柄について書いていきます。


 今回のテーマは健康法の王道「歩く」についてです。
 歩くのが体に良いのは誰でも知っている事なので、あえて取り上げる事もないかと思いました。でも、私も歩くことは好きですし、やはりこれは外せないことだと思ったので記事にしました。


 
 歩くことには次のようなたくさんの効果があります。

*全身の筋肉を使った有酸素運動であり、脂肪を燃焼させる。ダイエットに効果的。
  
*歩くことが腸を刺激して便通をよくする。

*心配機能を高め、全身の血液循環を促す。

*骨粗しょう症、筋減少、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの予防効果がある。

*基礎代謝が上がり太りにくくなる。

*歩くことで脳が覚醒して記憶力を向上させ、さらに認知症、自律神経失調症、うつなどの予防になる。

*ストレスを解消する。


 これだけ健康効果があるので、出来るだけ機会を見つけて、こまめにでも歩くのが大事だと思います。
 無努力をモットーとしている私でも、足は多少無理をさせるくらいがいい、とエスカレーターを使わないとか、時間があったら歩くなどを心掛けています。
 そして、自分がやってないのに勧めるのは変な話ですが、朝のウォーキングは最高の健康法の一つだと思います。
 朝日には心身に対する薬効があると言われています。また、新鮮な空気を吸い、すべてが生き生きしている景色の中で歩けば気持ちも清らかになり、おのずと元気になるはずです。(想像だけで言っています(^_^;)朝は苦手なんです)
 特に早朝のウォーキングをすれば早寝早起きになります。早寝早起きもまた健康に大事な要素ですから、早朝ウォーキングはまさにいいことずくめです。


 そんな悪い要素が見あたらない歩くことですが、私には不満な点が一つあります。
 それは正しいウォーキングのやり方と言われるものについてです。
 正しい姿勢、歩き方とか、一万歩歩けとか、早足でないと意味がない、とかよく聞きます。それはある面では正しいかもしれないですが、歩くことの良さを限定して、さらに歩きに興味を持つ人の意欲を失わせる事にもつながるように私は感じます。
 もっと自由に歩けばいいのではないでしょうか。
 まず心地よく感じる歩き方、ペースを自分でみつけて歩くほうが大切だと思います。
 正しい歩き方や姿勢などと考えずに、歩くことの楽しさを実感できれば自然と歩きたくなります。
 人の歩く姿なんてさまざまで、これが良いウォーキングのやり方なんて教えられるものではないはずです。
 もちろん速く歩きたい人、歩いて鍛えたいという人はそうすればいいですが、のんびり歩くのだって別に悪くないと思います。
 ゆっくり歩きながら、ふだん目に留めないさまざまな物事に気づくのだって立派に歩くことの良さの一つです。
 いつもの自分に関係ないものを見るのは脳への刺激になりますし、狭くなりがちな自分の心を解放する大切な行為だと私は考えます。
 考え事をしながらうつむいて歩くのも悪くないです。歩いていると悩み事の解決のヒントを得たり、まとまらない考え、ネガティブな思いを整理したりする事ができる場合も多いです。もし解決や整理ができなくても歩くだけで気持ちは前向きになれます。

 
 私の場合、速く歩く日もあれば、ゆっくりの日もありその日の気分次第です。
 私も速足のウォーキングの爽快さは理解しているつもりです。
 しかし、私はいろんな不調があった頃に歩くことを始めたのですが、最初は散歩というか、かなりトボトボした歩き方をしていました。
 周りの人にどんどん追い越されるかんじでしたが、自分の体が要求するペースで歩き続けました。そんな風でも歩く事には楽しい何かがあったのです。
 そして、それまで歩きながら自分の体を見つめた経験から、本当の意味で姿勢よく歩けるようになるためには、その見た目が良くない、トボトボした歩き方を体が十分満足するまで行う必要がある、と確信するようになりました。
 この考えは、歩き続けることによって自分自身で実証できたと思っています。

 
 最後に私の言いたいことをまとめますと、どんなにゆっくりでも、うつむきがちだったとしても、出来るだけ歩いてみてください、ということです。
 他と較べず、自分が気持ちよいと思えるように歩けば、きっと歩くことのたくさんの長所はもたらされるはずです。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ