筋トレってなかなか続かないですよね。
筋肉をつければ,力がみなぎって体も軽々と動けるようになり、男性ホルモンも作られてやる気がでてくるし、代謝が上がってダイエットにもなり、見た目もよくなって精神的にも満足・・・といいことずくめなのだから筋トレを喜んで続けられても良さそうなのですが何故かそうはなりません。
歩くなどの有酸素運動や重さの軽いダンベル運動では筋肉はそうつかないですし腕立て、スクワット、腹筋などはどうして嫌になっちゃうのでしょうか?

私も昔からあまり筋力はなく、筋トレも苦手でした。
しかし私まやとは無努力でする健康法の探究者として、努力なしに続けられる筋トレをいろいろ試行錯誤した結果、最近ついにトレーニングしてもあまりストレスにならず、続けるのが嫌にならない筋トレ方法を見つけました。
まあこれは私がそうならないだけかもしれないですが一度試してみて欲しいです。これをやると本当に筋肉はつきますよ。
チューブを使ってやります。私のチューブは帯みたいな形で、長さ2m、1000円くらいのものでした。

まず初めに多くの人が鍛えたいと思う腕、肩、胸のトレーニングのやり方です。といっても難しい事はなにもなく、ただあお向けに寝ころがってチューブを引っ張るというだけです。
いろんな角度、方向にチューブを引いてみて下さい。チューブの強度は長さを変えて持ったり、二重にしたりすると変えられます。でもあまり強度は上げないで余裕を持ってやる方がいいと思います。
私は両足の裏にかけて両手でバンザイをするように持ち上げてみたり、手首を引き付けたりねじったりと多少工夫してやってます。腕などの他に握力もきたえられるのも良い点です。
これを歯を食いしばったり、顔を歪めて頑張るかんじではなく、涼しげな顔で(重要です)無理のない程度にやります。
このやり方で鍛えると何故かあまりつらいと感じません。ですから次にやる時に自分自身に「やらなきゃ」と強いることなく続ける事ができます。やる回数も3,4日に一度くらいで十分です。
私のやり方は上半身をやった後は、次は下半身と順番にやり、さらに上半身と下半身も前と後ろとに分けてローテーションにしています。

次に下半身の鍛え方です。
両足をぴったりつけ足首の所でチューブをズレないようにしっかり巻きつけます。両足首を固定するように8の字にクロスしてかけてください。チューブの強度にもよりますがクロスの所は一重に巻くくらいでいいと思います。
そうしたらあとは上半身の時と同じであお向けに寝て、両足を上げて腹筋に負荷をかけることなく引っ張ります。横、上、斜め、膝を曲げて引きつけたりといろいろやってみて下さい。
私は一方の足を反対側にクロスさせて力をいれて内モモを鍛える方法が特に気に入っています。内モモは老化を防ぐために大切な所で今までなかなか良いトレーニング法がないと思っていましたが、これだといい具合に出来ます。
これを続けてもらえば太もも周りの筋肉が手軽につくのが実感できると思います。

そしてこの筋トレの一番肝心な所と思っている、体の後ろ、背面の鍛え方について説明します。
私個人の話しをすると、10年以上前に自分の背中の貧弱さを見てがく然としたにもかかわらず、なかなかいい鍛え方にたどりつけませんでした。
でもこのチューブトレだと容易に背中、お尻、太モモ裏などの大きい筋肉を鍛えられます。これらの筋肉が増えるとミトコンドリアも増加して、疲れにくく、太りにくい体になったり、成長ホルモンが分泌され若返りの効果があるとも言われています。
背面を鍛えるやり方はあお向けだったポジションをうつ伏せにしてチューブを引くというだけです。足の場合は8の字に縛ってうつ伏せでやります。
上半身はやりにくいかもしれないですが出来るだけさまざまな角度でやって下さい。両足の裏にチューブをかけて頭の上で両手で引く方法はかなり良いトレーニングだと思います。
下半身まいろんな形でやると生命力を端的に表すお尻の筋肉、日本人は大きさが小さいといわれる太もも裏の筋肉によく効きます。
私は先程いったように上半身、下半身を前と後ろに分けて4つにしてローテーションで行ってます。それも3日に一回ひとつのものをやる程度で、時間も5分位のラクなペースでやっています。それでも肩、二の腕にかなり筋肉がつき、太もももたくましくなりました。
これからも続けていけばさらに鍛えられると思います。特にお尻や背中がどうなるか楽しみです。

以上、まやとのおススメするかんたんチューブトレーニングいかがだったでしょうか。
あお向け、うつぶせに寝て手、足でチューブを引っ張るというやり方ですが、これは何度も言うようですが、普通の筋トレをやる時の「なんとなく続けたくない」という気持ちになりにくい方法だと思っています。そしてやっていくうちに筋肉がつく成果がでるとさらに続けたくなるでしょう。
ラクに筋力をつけたい人は一度やってみて下さい。

次回は体の後ろ側の大切さや、腕立て、スクワットなどの筋トレとこのチューブトレの違いについて個人的な考えを書いてみます。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ