私は昔から拍手の音が小さい方でした。
 大勢の人の中で手を叩いていれば気にならないけど、周りに人が少ないときは、大きな音で鳴らそうと強く手を打っても全然でないんです。
 拍手の音なんてどうでも良さそうなものですが、大人なのに音が小さいのはなんとなく情けない気がして嫌でした。


 しかし、最近このことの解決法を思いついたんです。
 すぐには大きくなりませんでしたが、続けているうちにだんだん出来るようになってきました。
 拍手の音を大きくしたい人っているのかわからないけど、今回はそれを説明してみます。


 やり方としては、とにかく手を強く打ち合わせるようにします。
 私も今まで強く叩こうとしてましたが、大きな音を出すためには骨を打ち付ける必要があるみたいなんです。
 なので手の平の下のところの骨を打ちつけるようにします。毎日3回くらい行ってみてください。
 これをやるときは、若い人や骨の頑丈な人は最初から強めに打ってもいいと思います。
 しかし、骨の弱い人や細い人がいきなりぶつけると、痛くなったりヒビが入ったりする可能性もあるので、そういう人は初めは軽く打ち合わせてください。
 これを続けてやっているうちに、だんだん衝撃に馴れてより強く打てるようになると思います。(やりすぎないようにしてください)
 そうしたら今度は手の底でなく、手の平を叩くようにしてみると、今までより大きな音が鳴るのがわかるはずです。
 手を強く叩き大きな音が出せるようになったら、今度はいろんな角度で手を打ち合わせ、一番大きな音がでる叩き方をするようにしてください。このときはもう骨同士をぶつけなくてもいいです。
 これで自分でも驚くほどの大きな拍手ができるようになると思います。
 コツをつかめば、柏手のように両手を左右ぴったりあわせて打つ場合でも大きく鳴らせます。
 


 私はこのところコンサートとか行かないからまだ試してないけど、次機会があったらぜひ大きな音を鳴らしてみたいと思っています。
 あと、大きな拍手音は周りの迷惑になるみたいです。大きな音が鳴らせるようになっても加減しながら叩いたほうがいいこともあるのでご注意ください。




コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ