今回は気持ちよく簡単に行えるストレッチ法を二つ紹介します。


 体に良い効果があるのはもちろん知ってますが、私は体が固いのでストレッチはあまり好きではないです。
 上半身のストレッチはそれでも行いやすいので、腕を伸ばしたり、体をひねったり、とちょっとしたことはよくやっています。
 しかし、ストレッチと言うとまず思い浮かぶ、前屈や開脚前屈といったものはどうも気が進みません。
 こういったものは床に座らないと行えないので面倒ですし、やってみたところで大して曲らなくてイヤになってしまい、さらにやりたくなくなってしまいます。
 ストレッチが嫌いという人の多くは、私と同じように思っているのではないでしょうか。
 しかし、ストレッチが苦手なそんな私でも、次の方法を行うことで、脚の裏や内側を簡単にストレッチすることができるようになりました。
 とてもやりやすいものなので、ストレッチ嫌いの人にもお勧めだと思います。

 

 簡単な脚のストレッチ法
  
 立ったまま椅子やベッド、階段に片足をのせて上体を倒していく。
 これだけです。
 足はかかとをついて行えば太ももの裏側、足の内側をついて体を横に倒していけば内ももと股関節のストレッチになります。
 それほど上体を倒さなくても、けっこう伸ばすことができます。
 

 スポーツ選手がもっと高い所に足をのせて行うのを見たことがありますが、それは難易度が高いです。
 しかし、このやり方だと低い所へ足を載せて行うのでとてもやりやすいです。(バランスに自信がない場合は壁などに手をついて行うようにしてください)
 行うのが面倒だったり、体の固さに嫌気が差したりすることなく、筋肉を伸ばす気持ちよさを感じながらストレッチできます。
 特に太ももの裏側をよく伸ばすと、血行が良くなるのを感じられてスッキリするはずです。
 本当は床に座って前屈を行い、脚と上半身を一緒に伸ばすのが理想的ですが、本式なやり方よりこちらの方が手軽に行えます。
 とにかく脚のストレッチにはなっているので、本式ではなくてもそれなりに効果はあると思います。



 今回紹介するもう一つのストレッチ法は、背中を反らすものです。

 背中を反らすというと、立って腰に手をあてて反らすものが一般的だと思います。
 他のやり方としては、うつぶせになって上体を手で支えながら反らせるヨガのコブラのポーズや、二人一組で背中合わせになって腕を組み、相手を背中に乗せて反らせるやり方、ブリッジなど、といったものでしょうか。(昔、アントニオ猪木が大きなタイヤに背中を乗せて反らす、なんていうのも見たことがあります)
 でも、こういったやり方はあまり手軽ではないです。 
 
 

 私のお勧めするのは、もっと簡単に背中を反らす方法です。

 やり方は、部屋の入口の上のところを手でつかんで、ゆっくり首、背中、腰を反らせていくというものです。
 これでとても気持ちよく背中・背骨のストレッチが行えます。


 立って背中を反らす場合、腰を中心に背骨を反らしますが、この方法では背骨の上部をよく反らすことができます。
 この辺りを反らす簡単な方法はあまりないと思います。
 手の幅を変えたり、立つ位置を前後に変えることで、伸ばす感覚が違ってきたりもします。


 前半で紹介した脚のストレッチは行っても、ただ伸びているなー、としか感じないときもあるけど、こちらの方法はやるたびに気持ち良さを感じて、毎日のように行っています。
 背骨を鳴らしながら反らすことができて(これがなんとも快感です)、背骨に活が入る感じがします。
(一日に何度もやると気持ちよさを感じなくなるので、毎日一度行うくらいがいいと思います)
 本当にクセになってしまう方法なので一度お試しください。


 
コメント

Re: 気持ちよく伸ばせました!

ながもとさん、コメントありがとうございます^^

本当はながともさんの記事にあるようなしっかりストレッチするのがいいのでしょうが、どうも体が固くてできないんでよねー
(寝ころんで腕を回すやり方は参考になりましたょ

この方法だと気の向いたときにできるんので、いいかな、と思って行っています。

気持ちよく伸ばせました!

2つともストレッチが面倒な方でもやりやすそうですね!

私も続けて実践してみます!
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ