前回からの続き)


 日本人は他の国の人に比べてキレイ好きだと思いますが、近年この清潔志向が行き過ぎてしまっているところがあります。
 毎冬に起きるインフルエンザやノロウィルスの流行や、テレビCMの影響もあるからでしょうが、多くの人が細菌を極度に怖がるようになり、抗菌・除菌製品を多用するようになっています。
 買い物に行けばさまざまな製品が抗菌となっていて、そうでないものを探すのが難しいくらいです。
(抗菌グッズについては以前「抗菌は危ない」という記事を書きました)

 こういった抗菌・除菌製品の使用は、抗生物質の多用と同じように、耐性菌を身の回りに増やすことにつながるそうです。良かれと思って使うこれらの製品が、無駄というか、かえって逆効果になってしまいます。
 専門家によると、一般の人が抗菌グッズを使う必要はないということです。
 抗菌グッズに使われている消毒成分では、結核菌などの細菌や、ウィルス、カビを殺す効果はないので、ただ耐性菌のリスクを高めるだけ、ということになります。

 除菌消臭剤で「99%除菌」なんてCMをよくやっていますが、99%除菌が本当だとしたら、次のようなことも起きるかもしれません。
 除菌剤で死ななかった残り1%の菌は、それが耐性菌かは分からないけど、かなりしぶとい菌が残るということになります。
 そして、99%菌のいなくなったところには、その除菌スプレーが効かない菌がはびこってしまい、より悪い環境になってしまう....
 身の周りの細菌は、病原菌を繁殖させるのを防ぐ働きもするので、細菌を手当たり次第に殺せばこういったこともあると思います。


 抗菌グッズの乱用によって身の回りや腸内に耐性菌が多くなり、ケガや手術で入院したときに耐性菌に感染するリスクが高まります。
 耐性菌に感染したら抗生物質が効かないので重症化して、命の危険が増すということは、肺炎で亡くなる人の多さからも十分考えられます。


 薬剤耐性菌への対策としては、清潔にするのはもちろん大切ですが、抗菌グッズや抗菌せっけんといったものを使わないようにするのも大切です。
 私たちの身の回りには無害な菌や良い働きをする菌もたくさんいるので、むやみに「菌は敵」と考えないほうがいいがいいです。
 抗菌グッズを多用してしまえば、それまで保たれていた細菌のバランスが崩れ、耐性菌のような菌が広がりやすくなります。
 免疫力を高めるためには、逆にさまざまな細菌に触れるべき、ということもあるので、ペットを飼ったり、ガーデニング、家庭菜園、森林浴といったこともお勧めだそうです。



 ヒトの腸内細菌の数は100兆個とも言われ、これは人間の体全体の細胞数を上回るほどです。
 この腸内細菌は免疫力と深く関係していて、なるべくいろいろな種類がいたほうが良いとされています。 
 抗生物質や抗菌グッズを使うと腸内細菌の種類が減り、耐性菌も増えてしまいます。
 しかし、耐性菌を保有していても、抗生物質を飲んだり、抗菌グッズを使ったりしなければ、耐性菌は徐々に少なくなるということです。
 


 腸内細菌の多様性を維持して免疫力を高め、耐性菌に負けない体を作るためには食事も大切です。
 腸内細菌のために食べたいものは、野菜や海藻などに含まれる食物繊維です。食物繊維は腸内細菌のエサとなり、その活動を活発にしてくれます。
 また、腸内環境を整えてくれる、納豆、ヨーグルト、キムチ、ぬか漬けといった発酵食品も積極的に摂りたい食べ物です。



 現代人の寿命がこれだけ伸びたのは、抗生物質が普及して、感染症で人々が死ななくなったから、ということも大きいそうです。
 それだけ抗生物質は多くの人を救ってきましたが、その素晴らしい薬の乱用が耐性菌を生みだして、抗生物質がまだなく、感染症に対して人間が無力だった時代と同じような状況を作りだしつつあるのはなんと皮肉に思えてしまいます。
 感染症にかかってもちゃんと治せるように、ふだんから抗生物質の飲みすぎず、抗菌グッズは使わないようにして耐性菌の発生を減らす必要があります。
 そして、食肉はよく火を通す、包丁・まな板を分ける、食物繊維や発酵食品を摂るようにする、といったことも意識するべきでしょう。


 
 この記事を書くために、三瀬勝利著「ガンより怖い薬剤耐性菌」(集英社新書) アランナ・コリン著「あなたの体は9割が細菌」(河出書房新社) 日本子孫基金「食べ物から広がる耐性菌」(三五館) 山本太郎著「抗生物質と人間」(岩波新書)を参考にしました。

 これらの本には、抗生物質と肥満の関係や乳幼児への投与の影響、畜産現場の状況、便の移植療法の話など、とても興味深い内容が書かれていました。
 そして、どの本でも抗生物質の乱用に警鐘を鳴らし、抗菌グッズに対しては否定的です。 
 テレビのCMでは抗菌・除菌といった言葉をよく目にします。これは菌で人を脅しビジネスするようなものでしょう。
 こういったCMで「菌は敵」と思いこまされる結果、耐性菌を身の回りに蔓延させることになっています。
 業界から宣伝費をもらっているマスコミが、耐性菌について取り上げたのを目にしたことはほとんどありません。(一昨年、多くの薬用せっけんに使われていたトリクロサン・トリクロカルバンが使用禁止になったときも、ほとんどニュースでは取り上げられなかったと思います)
 したがって、耐性菌についてよく知らないという人は多いと思います。
 自らの身を守るためにも、今回取り上げたことには十分ご注意ください。




 以前このブログで書いた身の回りの細菌についての記事です。
体は微生物でいっぱい」「細菌と触れ合う生活



コメント

こんばんは

ながともさん、コメントありがとうございます!

ホント共存というのが大切でしょうね。
抗菌グッズやボディソープを使うとどんどん私たちの常在菌が殺され、
今までそれらの菌が行っていた大切な働きがなくなって、いろいろなトラブルの元になりますし、
そのことで耐性菌を作りだしてしまいます。
ヒトの体は腸内細菌や皮膚の常在菌の働きがないと成り立たないですから、
今の社会の「菌を排除するべき」という風潮は危険な風潮で、
今後なにかしっぺ返しを受けるのでは、と思ってしまいます。

拙い記事ですが少しでもお役に立てたら嬉しいです。

むやみやたらに殺すのではなく、共存というのが、我々人間にとって生きやすい環境を作るのかもしれないですね。

薬剤耐性菌の知識がほとんどなかったので、非常に参考になりました!
ありがとうございます😊
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ