一度はやりたい健康法、今回のテーマは垢すりです。

 二年ほど前の夏、入浴中にあかすりをするのにハマっていた時期がありました。
 浴槽で温まって体を洗った後に、肌を手の平でこすると垢が思いのほか取れるのが面白く、毎日やるようになりました。
 体を十ヶ所くらいに分けて、今日はこことここという感じでこすりました。
 足から順番にやっていって、数日後再び足にもどってこすると、垢がまたたくさん出てきます。
 そんな風に二カ月ほど続けていると、ある時からどこをこすっても垢がほとんど出なくなりました。
 その結果、肌が昔の自分から較べるとかなり滑らかになり、文字通り一皮むけたようになりました。
 今ではたまにこするようにしてます。多少の垢はでるけど二年前の頃のようにたくさんでることはありません。あの頃熱心にあかすりしたので、垢のでにくい体に変わったのかもしれないです。

 
 人体には骨格の歪みがありますが、それと同時に皮膚の歪みというのもあります。
 皮膚の歪みがあると、皮膚が筋肉に癒着して指でつまめないところがでたりして、筋肉や骨格の動きを悪くするといった影響をあたえたりします。そして、歪みの大きい所は垢がたくさん出る所だと思います。
 そういう所を垢すりしていって、垢が出なくなり肌がキレイになると、そこの皮膚の歪みが除かれて、指でつまみやすくなります。
 これを全身でやっていくと、肌がスベスベして柔らかい感じになっていきます。皮膚のくすみがある所なども垢の出やすい所なので、垢をこするといいと思います。
 また、体の痛み(ヒザや腰など)のある場合、その周辺を垢すりして皮膚の癒着をとるのは、痛みの改善に対しての効果を期待できるでしょう。


 垢すりは肌に良くないという意見もあります。垢をこすろうとナイロンタオル等でゴシゴシこすったりすると、細かな傷がついたりすると思いますが、やり方を工夫すれば肌をきれいにしてくれます。
 私はお湯で体を温めた後に、皮膚を少し乾かしてから手の平と指先を肌に密着させ、力を入れすぎずにこするようにしています。
 これだと傷がつくような事もないはずです。(市販の垢すりタオルは使った事がないから分からないけど、優しくこするように使うといいのではないでしょうか)
 一度に体全部をやると結構時間がかかるので、私がやったように入浴のたびに場所を決めて少しずつやるといいと思います。


 古代中国の医書「素問」に「全ての病はまず皮膚から表れる。皮膚を治療しなければ大病になる。」という記述があり、東洋医学では皮膚をとても重視しているようです。また老化が真っ先に表れるのが皮膚とも言われています。
 肌がスベスベになるなど、美容の話に聞こえる垢すりですが、こうした事から考えると、皮膚をよく保つことは肌だけでなく体の健康にも大きく関係しているとも思えます。
 そんな垢すり、あまりやった事がないという人は一度試してみて、肌がスベスベするのを実感してみてください。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ