ダイエットをしたい、またはやっている、という人は多いと思います。
 人は少し太っているくらい(BMI値26あたり)が免疫力も高くて、一番長生きできると言われていますが、健康に支障がでるほど太っている人や、良いスタイルにあこがれる人は、余分なぜい肉を減らして痩せたい、と常にダイエットことを考えているのではないでしょうか。

 昔から本当にたくさんのダイエット法が現れては消えました。
 最近はブームと言えるほどの方法はあまりなく、少し下火かもしれないです。しかし、メディアでダイエットを取り上げることはやはり多いので、今でもダイエットに対する関心・注目はとても高いと思います。


 ダイエットといえば、短期的に行って痩せようとするものが、どちらかというと主流でしょう。
 短期間だけ行うのは、長く続けるのが難しいということになりますが、そういったストイックといえる方法はストレスがたまりやすいものだとも言えるかもしれません。
 ダイエット中に蓄積される心身へのストレスは、自分を痛めつけて、それが結局リバウンドにつながっていくのではないでしょうか。
 したがって、ダイエットはストレスのたまる短期集中型のやり方ではなく、簡単にできることを積み重ねていくほうが効果的だと私は考えます。
 


 私は努力しない健康法を行う、ということで日常いろいろと意識していることがあります。
 これらの多くは健康のために行うことなのですが、ダイエットに関係するものでもあると思っています。
 私は痩せている方で、どちらかというと太りたいくらいなのですが、私がたくさん食べてもなかなか太らないのは、これらの日常行っていることが関係しているはずです。

 そこで今回から、「ダイエットのために簡単にできること」というタイトルで、ふだん行ったり、気をつけたりするといい、ちょっとした方法についてかなり長期にわたって書いてみます。
 ダイエットに関心のある人がすでに知っている、というものも多いかもしれませんが、さまざまなことを書くので参考にしてみてください。
 その中から自分がやりたい、できる、と思うものを取り入れて続けてもらえば、チリも積もって大きな成果になるはずです。




 日常ちょっと意識することで効果をもたらすダイエット法ということで、まず最初に取り上げたいのは、入浴はシャワーですまさず、湯船に入って体を温めるほうがいい、ということです。
 これはよく言われることだと思いますが、湯船に入れば全身の血行が良くなって代謝が高まり、体のエネルギーがたくさん消費されるようになります。
 湯船につかり体温を上げれば、脂肪燃焼効果も高まりますし、免疫力を強めるということもあるので、できるだけ湯船で体を温めることをお勧めします。




 意識的にリンパを流すことには、体の老廃物を取り除いて、余計な脂肪がつきにくくなるという効果があります。
 リンパ流しを定期的に続けると、リンパが流れやすい体になり、体形をスッキリさせます。

 そして、これを風呂で体を洗うついでに行うようにすれば、手間のかからないダイエット法になります。
 この体を洗いながらリンパを流す方法は、ふだんの洗い方を少し変えるだけで行えるので、とても簡単です。

 やり方は、まず初めにリンパの集まっている場所をほぐします。
 こめかみ、耳の前と下、鎖骨(骨をつまむようにしながらその周辺をもむ)、わきの下、そけい部(コマネチポーズのところです)、膝の裏、これらの箇所をよくもんでいってください。
 そしたら体の縦の中心線からこのほぐしたところへ、手でなでるようにしながらリンパを流していきます。
 ふつうリンパマッサージを行う場合は、オイルを使って流していきますが、このやり方では風呂で体を洗うついでに行います。
 手に石けんをつけて肌をすべらすように流したり、日本手ぬぐいなどで体をやさしくこするようにするといいです。


 リンパは流れる方向が決まっているので、これから説明するように流してみてください。
 
 顔は縦の中心から左右均等に行います。
 おでこや目の周りはこめかみ、頬のあたりは耳の前へ、口の周りやあごは耳の下に向かって指・手の平を使って流していきます。
 リンパの流し方は、強い力で行わず、小鳥をなでるようにやさしく、ということが言われます。
 なので、ゆっくり軽いかんじで流していってください。 

 首は鎖骨に向かってなで下ろすように流します。
 腕は、指先から腕全体をなでて、わきの下へ流していきます。
 流すときは何回も行ってもいいですが、かならず一方向にだけ流していってください。行ったり来たりという風に流すと効果がなくなります。

 上半身を行う場合、胸の肋骨あたりや背中の上部はわきの下へ向けて流し、腰のところは後ろからお腹の方へもってきてから、お腹を下へなでおろし、そけい部に流します。
 お尻は前のそけい部へ持ってくるようにする。
 そして、脚は先端からヒザの裏と脚のつけ根そけい部にかけてなで上げるように流していってください。

 リンパ流しは軽く行うものですから、皮膚の表面にしか効果がない感じですが、表面を整えることに意味があります。
 これを定期的に続けていくことで、表面だけでない体全体のリンパの流れを良くして、老廃物が流れやすい体にしていってくれます。
 風呂に入れば(シャワーですます場合でも)誰もが体を洗うでしょうから、週に1~2回はこの洗い方をすれば少しずつ体形に変化をもたらすはずです。
 
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ