ダイエットで一番気をつけるべきなのは食事だと思いますが、体を動かすことも同じように大切です。

 今回から、ダイエットのために運動したり体を動かしたりするとき注意した方が良いことについて少し書いてみます。(ダイエット経験のある人は当たり前に知っている話かもしれないですが)
 簡単に行えることをいろいろ紹介するので、ぜひ生活の中に取り入れてみてください。



 ダイエットのために運動するというと、何かキツイことを行わないといけない、と思いがちではないでしょうか。
 しかし、激しい運動は長く続けるのが難しいですし、行うことでストレスが溜まって、そのストレス解消のために食べ過ぎてしまうということもあります。
 激しい運動を行っても平気という人もいるでしょうが、多くの人にハードなものは向かないはずです。
 ダイエットのためには、無理なく行える運動を長続きさせることがやはり大切だと思います。



 筋肉は動いていないときでも、基礎代謝の働きでカロリーを消費してくれます。
 したがって、筋トレを行って筋肉が増えると、脂肪の燃焼が促進されて痩せやすい体になります。
 お腹についた脂肪を減らそうと、腹筋運動をしたことがある人もいると思いますが、それはあまり効果はないそうです。
 腹筋運動をしてもお腹の脂肪が燃えて減るということはないですし、腹筋(腹直筋)は大きな筋肉ではないので、基礎代謝はほとんど増えません。
 それよりも太ももやお尻といった大きな筋肉を鍛えるスクワットの方が、基礎代謝が活発になり、消費カロリーが増えてダイエットには効果的です。
 基礎代謝が上がると脂肪も少なくなります。
 なので、ダイエットには腹筋よりもスクワットが大切ということになります。


 スクワットは、運動しないでいると最初に衰えてしまう足腰を鍛えてくれます。
 体重を減らしたい人は、動くのが面倒になりがちかもしれないですが、スクワットして下半身を鍛えれば、体を動かすのが楽になり、活動量が増えることもあるはずです。
 体を動かさないと消費カロリーが減って太りますし、動かなくて筋肉が少なくなれば、基礎代謝も減少してさらに太るいうという悪循環になります。

 また、下半身の大きな筋肉を鍛えることで、健康に良い影響を与えるホルモン・マイオカインや、基礎代謝を高めて若返りをもたらす成長ホルモンが分泌されるという効果もあるので、ダイエット・健康的にもいいことづくめです。


 スクワットは決まった回数を毎日やってもいいですが、週に2、3回限界まで行うようにする方が、筋肉を鍛えるためには効果的とされます。
 行うときは、腰を落として足を曲げ切ったり、足を伸ばしたときに完全に立ち上がってしまわないようにすれば、筋肉により負荷がかかり少ない回数・時間で行えます。
 また、膝が悪かったりしてスクワットを行うのが大変だったら、背中を壁につけて中腰になる「空気椅子」を行うのもいいと思います。

 スクワットをきっかけにして筋トレに慣れたら、全身の他の筋肉も鍛えるようにするとさらにいいです。
 筋トレを無理することなく、ちょっとずつ続けられるようになると、ダイエットにより成功しやすくなるでしょう。
 



 ダイエットにはもちろん有酸素運動も効果的です。
 ジョギングやウォーキング、水泳といった軽く息が上がるくらいの運動を20分以上行うと、体が酸素を使って中性脂肪をエネルギーにするようになり、体の脂肪が減っていきます。
 そして、有酸素運動は筋トレした後に行うと、さらにダイエット効果が高まるとされています。

 たぶん、有酸素運動でダイエットというのは定番ですから、誰もが行おうとすることでしょう。
 たしかにこれを継続できれば効果がでます。
 しかし、やろうと思ってもなかなか続けられなかったり、行う時間がなかったりするということがあるはずです。
 有酸素運動はある程度の時間(20分くらい)行わないと、脂肪が燃焼しないと言われていますが、少し歩いたりするだけでも脂肪は燃えるということなので、まとまった時間運動できなければ、こまめに歩くことを意識するだけでもいいと思います。
 歩くことは全身運動になりますから、いつもより長い距離歩く、階段を使う、少し速足で歩く、などを心がけるだけでも、毎日行えば違いがでるでしょう。

 無理にジョギングやウォーキングすれば、疲れたりお腹が空いたりで、かえってたくさん食べてしまうことにもなりかねないです。
 ダイエット的にはこまめに歩く方がいい、ということもあるので、時間をかけた運動ができなくてもダイエットをあきらめずに、なるべく歩くようにしてみるのがお勧めです。
 歩くことが好きでない人でも、ちょっと歩いてみる、と少し意識を変えるだけで、歩くことに慣れてくるはずです。
 そして、それを続けているうちに、長い距離を歩くのも苦ではなくなってくると思います。

 また、歩くのが苦手という人は、ふだん歩きにくい靴を履いているということはないでしょうか。
 自分の足にあったウォーキングシューズを履くことで、歩きやすさが全く違うこともあります。
 痩せたいという人は、サンダルやハイヒールといったものでなく、自分の足に合った歩きやすい靴をふだんから履くのも大切だと思います。


コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ