座りすぎもダイエット的には良くありません。
 現代人はテレビやDVDを見たり、パソコン・スマホ・ゲームなどを行ったりと、座っている時間が長くなっています。
 座っているときは筋力を使わないので、カロリー消費がとても少なくなり、肥満の原因の一つになると言われています。
 座っていることと比べれば、立っていいるほうが1.2倍カロリーを消費するそうなので、ダイエットしたいなら立っている時間を長くするだけでも違うと思います。
 また、歩く方がさらに良く、歩けば座っているときの3倍のカロリー消費があります。



 肥満に関しては男女を比べると、男性の方が太っている人が多い、というデータもあるそうです。
 これはデスクワークする時間が長くなっている男性に対して、女性の方が家事などで体を動かすことが多いためとも考えられています。

 掃除、洗濯、料理などの家事でこまごま動くことは、けっこう運動になっています。
 一日に1時間運動しても、他の時間は座ってばかりだとあまり健康的とはいえず、太りやすくもなります。
 それより運動負荷は高くなくても、一日中家事等で体を動かしている方が、カロリー消費するということがあるので、なるべく座りきりでいる時間は少なくしたほうがいいです。
 なかなか運動が続かない、と嘆く人もいるでしょうが、運動より家事や趣味などで一日中体を動かし続けることの方が、ダイエットになるとも言えなくもありません。

 掃除はしっかりきれいにしようとすれば、力が必要だったり、いろんな体勢をとらなければいけなかったり、手先をよく使ったり、と全身の運動になります。
 私の印象では、家の中がよく掃除されてない人は、体の脂肪も片付いてない場合が多い気がします。
 家と体とは相関関係があると思うので、痩せるためにも家の掃除は大切なのではないでしょうか。

 掃除をして身の回りを整頓するだけでなく、部屋のインテリアや服装・髪型といったことにこだわるのもエネルギーの必要なことです。
 こういったことに関心を持てなくなってしまうと、体を動すことが減って太りやすくなったりするので、身なりや身の回りをキレイにするのを心掛けるのは、体形を整えることにつながると思います。

 料理も立ってあれこれ作業することで運動になりますし、手順をいろいろ考えるため脳にも良いとされます。
 自分でいろいろ作れば、外食や加工食品を食べることが減って健康的になり、ダイエット効果も期待できます。(食べすぎには要注意ですが)


 とにかく長時間座りっぱなしというのが体によくありません。
 体を動かさない上に、座っているとなぜか何か口にしたくなります、太りやすくなるのは必然です。


 座りすぎの弊害を軽減するためには、こまめに立つようにするのがいい、と言われています。
 座っている体勢から立ち上がることで、血流や筋肉に刺激が加えられて、座りすぎによる健康への悪影響を防ぐ働きをしてくれます。
 したがって、パソコンやテレビ、読書をしているときには、ずっと座りきりにならないため、飲み物は別の場所に置いておき飲みに行く、などなるべく用事を見つけて立つようにしたり、30分に一度はただその場で立つようにしたり、ということを行うだけでも違いがあるはずです。(こんな記事も以前書きました「2017年 立ち上がります



 あともう一つ、「ダイエットのためこまめに体を動かす」に関連して行ってほしいのは、食後に体を動かすようにするということです。
 食事を食べた後に体を休めると、血糖値が高くなりインスリンが分泌されて、細胞に糖分が取り込まれやすくなり、これが肥満につながったりします。
 食後に体を動かすようにすれば、血糖値の上昇を穏やかにできるので、太りにくくなるということがあります。
 もちろん疲れていて休みたいときは別ですが、食後動きたくなくなるほど食べるのは、食べすぎと言えるでしょう。
 食べた後に動くことを意識すれば、食べすぎも防げますし、ダイエット効果も期待できます。
 動くといっても特別運動するとかでなく、皿洗いをするなど、座ったり、寝ころんだりせずに、食後すぐ立って動くことを何か決めておけばいいだけです。
 このような習慣を意識するだけでも違いがあると思います。




 「ダイエットのために簡単に行えること」として基本になる食事、運動(体を動かすこと)に加えて、リンパ流しや褐色脂肪細胞に関してなど他の事柄もいくつか書いてみました。
 続けられそうだったり、興味を持ったりしたものがあればお試しください。
 私がふだん生活で行っていることで、ダイエットに関係しそうなことをピックアップしていったら、けっこうな長さで書いてしまいました。
 痩せたいという人に少しでも参考になればと思います。


 これらのことは努力しないで行える方法だと私は思いますが、受け止め方はそれぞれで、簡単ではないと感じる人もいるかもしれません。
 また、初めてのことを行うのは大変ということもあります。
 でも、いくつかのことを60%くらいのかんじで行い、長続きさせられれば成果は必ず出るはずです。

 とにかくダイエットは、ストレスにならないように行っていくことにつきると思います。

 太る原因の一つには、食べすぎにつながる過度のストレスがありますし、ダイエットが成功しない理由としても、ダイエットすることによるストレスが関係しているのは確かです。
 激しい運動や厳しすぎる食事制限を行う、といったダイエット法はストレスを生みだして、交感神経を過度に緊張させてしまいます。
 それが積み重なっていくと、体の防御反応が働き、食べることで交感神経の過度の緊張を解消しようとしてリバウンドにつながります。
 ですから、自分が無理なくできると思うことをいろいろ習慣づけるようにしたほうが、厳しい方法を行うよりもダイエットは成功しやすくなります。

 そのために行えることをこの「ダイエットのために簡単にできること」というタイトルで紹介してきました。
 できることを少しずつ続けていけば、急激に痩せられないかもしれませんが、ツラい思いをしないで自然に痩せられるはずです。
 そして、これらを行うことはただダイエットになるだけでなく、心身の活力を得られる健康法でもあると思っています。

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ