睡眠は健康にとってかかせません。よく眠る事はそれだけで努力のいらない健康法です。今回は睡眠の健康効果を大きくする方法についていくつか書いてみたいと思います。

私たちが眠っている間に成長ホルモンという物質が主に脳の下垂体から分泌されているそうです。この成長ホルモンは「成長」というだけに子どもが体を大きくするのに働くホルモンで、子どもが育つためには良く眠ってこれをたくさん出す必要があります。そして大人の体でも子どもほどの量ではないですが分泌されています。
この成長ホルモンは私たちの体にとって大切な働きをします。主なものだけでも、
壊れた体細胞を修復する、免疫力を上げる、筋肉・骨を作る、脂肪を分解して燃焼しやすくする、肌をきれいにする、などこうやってみると成長ホルモンは健康にかかせないものなのが分かります。
この成長ホルモンは運動やお腹をすかせる、楽しい事をするなどで分泌されますが、睡眠時の分泌が一番多いそうです。そして夜の10時から2時までのの間に眠るともっともよく出るといわれてます。やはり暗くて静かなこの時間帯だと熟睡しやすいからなのでしょうか。
なるべく早く寝た方が良いということですね。
ちなみに、お腹をすかしていると成長ホルモンがでると先ほど述べましたが、寝る3時間前から食べないでいて空腹で眠ると成長ホルモンがさらに分泌されるそうです。

私は若い頃から夜型人間だったのですが、この成長ホルモンの事を知ってからはなるべく早く寝るようにしています。といっても夜中の一時くらいになってしまいますが・・・。でも明け方になってから眠っていた頃からすると相当マシになった方だと思います。単に早く寝ればいいのだから簡単なようですがなぜか難しいです。
(ただ昼夜逆転の生活にもそれなりの意味と一時的な必然性はあるというのを何かで読んだことがあります)

そしてもう一つ良い睡眠と健康のためにかかせない物質であるメラトニンについても少し書いてみます。
メラトニンは脳の松果体から分泌される眠りを誘う睡眠ホルモンです。メラトニンが分泌されると私たちは良い睡眠を得られますが、メラトニンにはその他にもいろいろな働きがあります。
抗酸化作用があり細胞の老化を防ぎ(アンチエイジング)ボケや生活習慣病を予防する、NK細胞を活性化させ免疫力を高め、がん・動脈硬化などを防ぐ、体内時計の調整、コレステロール値を下げるなど、その働きは成長ホルモン同様に大きなものです。
メラトニンはセロトニン(心を安定させる脳の重要な神経伝達物質)から眠っている間に作られるのでセロトニンをたくさん増やす生活を心がける必要があります。
セロトニンを増やすには
*起きたらカーテンを開け明るい光を見る。適度な日光浴。
*歩くなどの運動や、掃除などでこまめに体を動かす。
*バランスのとれた食事(大豆製品がいいみたいです)
とこれらの事を行うことでセロトニンが増えるとメラトニンもたくさん分泌され良い睡眠、健康効果をもたらしてくれます。
成長ホルモン、メラトニンの素晴らしい効果をじゅうぶん発揮させるためにもなるべく早く寝て良い睡眠を心掛けたいものです。
眠って体を休める事で私たちの体はその日の疲労や傷ついた細胞を修復する訳ですが、よい睡眠の時間が長ければ長いほど体の修復作業はたくさんできて、質の良くない眠りの人が1日の疲労をとるのに精一杯のところ、良い睡眠をとればそれ以上のメンテナンスを行うことが出来ると思います。こういったことの積み重ねが心身の病を予防し、さらにはアンチエイジングにもつながっていくのではないでしょうか。
昔の人が今のように便利でない生活環境や厳しい労働の中で生きていけたのは現代人より早く眠っていたという事があったからではないかと私は思っています。

仕事のため夜働いて昼間眠るという人は遮光カーテンなどでなるべく部屋を暗くするのを勧めます。
わたしが明け方になって寝るという生活をしていた頃、私の部屋にはブラインドがついていて、ブラインドって外が明るいと閉めてもあまり暗くならないんですね、だからいつも薄明るい中で眠っていました。
日中寝るのだからそういうものだと思っていましたが、今考えると浅い睡眠で成長ホルモンをかなり損したのではないでしょうか。カーテンに替えるとかして暗くしておけば良かったとかなり後悔しています。
まあ多少遅かった気もするけど良い睡眠は何かという事を知ったのでこれからに生かそうと思うようにしています。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ