12 17
2013

 この前、家の近くの雑木林の中を歩いていると、一羽のカラスが飛んできて5mほど先にある木の高い枝に止まりました。

 その時、私はなにか変な感じがしたので、そのカラスをじっと見つめました。
 そうやって見つめると、気分を害するのか、怖くなるのか、たいていのカラスは飛び去っていきます。

 でも、その日のカラスはなぜかなかなか飛び去ろうとしません。
 私も粘って見つめ続けると、しびれを切らしたのか「カーッ」と鳴いてカラスは飛び立ちました。すると、飛んでいくのと同時に「ドサッ」と何かを落としていったのです。

 フンをしたにしては大きすぎるな、と近づいて見ると、落としていったのは枝というか木のかたまりみたいなもので、「ドサッ」という音がするくらいけっこう重そうなものでした。
 イタズラ好きで、頭のいい憎っくきカラスは、私の頭の上に落とすつもりでそれを隠し持っていたのかもしれません。
 もしかすると人間に何か酷い目に合わされ、復讐するつもりでそんなことしたのかな、とも思ったりしました。

しかし、カラスよお前の悪事は最初から私にはピンときていたんだよ!残念だったな(`へ´)
(ホントは偶然。ケガしないで良かったです)
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ