子育ては愛情を持ち子どもの為を思って育てるというのが誰もが願う所ですが、その育て方は親それぞれにいろんな考え方があってなされるものだと思います。
でも赤ちゃんの体つくりに関しては絶対こうした方がいいという原則があるように私には思えます。今回はそのことについて少し話してみます。

私が特に言いたい事は赤ちゃんのさまざまな動き、寝返り、ハイハイ、お座り、立つ、歩くなどの動きに手を貸さない事です。これは赤ちゃんが自発的に動こうとしているのに手を貸して助けるとか訓練するという意識は持たないようにするという事です。
親は危ない所が無いか気を付けるだけで赤ちゃんが自らの力で動こうとするのを気長に見守ってあげれば良いのだと思います。。もちろんスパルタで育てろとか、スキンシップするなと言ってる訳ではなく、よく抱っこしてあげるのも一緒に遊ぶのも心を育てるためにとても大切です。
でも体づくりに関しては座る、立つ、歩くなどの段階では特に親が支えたり、手助けしたりせずに自分で出来るようにさせる必要があります。幼児が歩くのに手を持ってあげたりする光景をよく見かけます。そして歩行器を使わせる親もいるみたいですが、この時期にしっかり自らの力で体の動きを学び、体の基礎となる部分を作ることは何より大切で、これはその子の人生に大きく関わる事のように私には思えます。
「這えば立て、立てば歩けの親心」なんていいますが、子どもには子どもなりのペースがあるからあせってはいけません。ここで良かれと思い、または早くできるようにさせようと手を貸してしまうと大きくなってから自分の力でたくましく生きられず、いつまでも手助けを必要とする人になってしまうかもしれません。
あせらないで子どもが自ら成長するのをゆっくり待ってあげればきっとその子なりのペースで成長します。体を作る最初の段階で自分で失敗しながらも動けるように親がしてあげれば、その子は積極的に行動し、その経験が良き糧となる子どもに育っていくでしょう。

あと赤ちゃんの体づくりで手を貸さない以外に注意したいのは、よく言われるものですがハイハイをたくさんさせてあげる事です。
日本では住宅事情もあって十分ハイハイするスペースがなく、そのため物につかまって立つ、つかまり立ちへの移行が早いという問題があるそうです。でもハイハイをたくさんすると腕や背中、腰、体幹の筋肉をよく鍛えられるのでなるべくスペースをとってハイハイさせた方がいいみたいです。

この体づくりの時期は子どものこれからの人生にとってそんなに長いものではないかもしれないですが、体にとってはその土台を作るとても重要な期間です。子どものためを思うなら動きを学ぶのに手を貸すことなく優しく見守ってあげて下さい。
人間には成長する力が備わっています。それを子どもの中に見るのは親にとっての幸せなんだろうと思います。

育児に関する本で石田勝正著「抱かれる子どもは良い子に育つ」(PHP研究所)という京都のお医者さんが書かれた本を最近読みました。
母乳のことやよく抱いてスキンシップをとる育児の大切さを教えてくれるとてもよい本です。そして育児の事の他にも愛情についてや、幼少期に愛情を十分受けられずに育った人の起こす問題や病とその解決策についての著者の考えにも感銘を受けました。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ