「食事でかかる新型栄養失調」(小若順一・国光美佳著 三五館)という興味深い本があります。

 小若氏は「食品と暮らしの安全基金」という団体の代表として、ポストハーベスト農薬の全容解明など、食の安全を守る活動を長年行っていて、基金として毎月冊子を発行しているほか、「食べるな、危険!」など多数の著書を出されている方です。

 この本は、ふだん私たちの食べているさまざまな食品のミネラルが不足している事実を、コンビニ・持ち帰り・宅配弁当や外食、冷凍・加工食品、さらに厚労省の職員食堂の定食など、31品目を専門機関で調査してもらい明らかにしています。
 本によると、調査したすべてのもので主要なミネラルが大幅に不足していて、こういったものを食べ続けると、カロリーは足りているが栄養が全く足りてない、「新型栄養失調」になってしまうということです。


 この調査ではカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅の5つを主要なミネラルとして計測しています。
 それらの品目のミネラル含有量は、ほとんどが厚労省の出す「推定平均必要量」(この栄養量の食事を続けると、半数の人が何らかの病気になる可能性がある)という最低限の基準ですら満たしていないことが書かれてます。

 中にはカルシウムが1~2歳児が必要とする基準量より少ないものもあったそうです。
 これだけカルシウムが不足すると精神的に不安定になり、イライラしやすくなってしまうでしょう。

 ミネラルは炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミンとともに五大栄養素の一つで、体の重要な構成要素であり、筋肉や神経、また精神の働きの調整に欠かせないものです。
 主要なミネラルの他にも、マンガン、ヨウ素、クロム、セレンなどごく微量なミネラルも数十種類あって、体にいろんな働きをしているそうです。
 そして、ミネラルが不足すると、体がだるくなる、やる気がわかない、イライラする、神経過敏になる、骨が弱くなる、冷え、むくみ、貧血、生理不順、髪が薄くなる、心疾患、うつ病、糖尿病、認知症、などもっといろいろありますが、多くの症状の原因になります。



 ミネラルがこれほど不足する原因にはさまざまなことが考えられます。

*食事で日常的に口にする白米や小麦粉、白砂糖、精製塩などは精製されて、ミネラルやビタミン、食物繊維などを多く含んだ部分を取り除いている。


*私たちがよく使用している、サラダ油やてんぷら油、ラードなどはミネラルを完全に抜かれた精製油です。精製油を使うことで、栄養のない高カロリーの油を摂取することになります。
 また、弁当や外食で食べる天ぷら、フライなどはほとんどこれらの油で揚げられているのですが、このとき精製された揚げ油の中では、食材からのミネラルが油に溶け出してしまうので、おかずのメインになる揚げ物のミネラルが抜けてしまうことになります。


*野菜の栄養の低下
 これは以前から指摘されてますが、次のような理由があるそうです。

 化学肥料の使用  野菜が大量生産や効率のために品種改良された  流通の問題で早く収穫されている  野菜工場やハウス栽培で旬でない野菜を食べる  用水路がコンクリで整備されて農業用水に含まれるミネラルが減少した


*純水の使用
 ジュースやビール、スーパーの持ち帰りの水、さらに家庭用の純水製造装置などミネラルを取り除かれた純水を飲むことが増えています。
 純水を飲むと、体内のミネラルのバランスを崩すことがあります。
 また、本来水に含まれているはずのさまざまな微量ミネラルは、心身の調整に関係がありますが、純水ではそれらが取り除かれている、という問題も指摘されていたりするので、純水はあまり飲まないほうがいいそうです。


*家庭でダシを使うときに化学調味料を多く含み、ミネラルが少ない「ほんだし」がよく使われていることも影響しています。
 家庭でダシをとっていてもカツオ節を使っている場合、味はおいしくなるけどミネラルはあまり取れないそうなので、昆布や煮干しを主に使ったほうが良いということです。


*水煮食品の増加
 水煮食品は中国などの製造費が安い国でニンジン、イモ類、キノコ、タケノコ、豆類などを水で煮てパック・冷凍されたものです。
 これが海外で加工されたり、輸入されて多くの食品に使われています。水煮と洗浄を何度か行うので、栄養素が抜けてしまっているということです。
 この水煮食品が、コンビニ・スーパー・持ち帰りの弁当や、企業・病院の給食、外食産業・チェーン展開されたレストランや居酒屋で多く使われ、そして冷凍食品やレトルト食品の中身にも使われています。
 このミネラルやビタミンの抜けた水煮の食品と、通常の家庭で調理するときの野菜などを同じものとして栄養の計算がされるので、ミネラルの不足が見落とされるようになっています。
 最近は食べるものが安くなっているなんて言いますが、安い理由の一つはこういう栄養のない食材で作っているからでしょう。


*食品添加物リン酸塩の使用
 リン酸塩は水煮食品を保存するために使われます。
 ほかにもカビ抑制、変色防止、成形肉の結着力向上、肉・魚の増量などの用途のため幅広く使われています。
 リン酸塩は毒性が低く、体内に吸収されにくいものとされて大量に使われていますが、胃の中でミネラルと結合して体外に運び出してしまいます。
 このとき、特に影響を受けやすいのが、心身の働きを調整するのに重要な微量のミネラルだそうです。
 リン酸塩は食品の原材料表示に「リン酸塩」「ポリリン酸NA」「メタリン酸Na」「ピロリン酸Na」などと表示されていますが、そのほかにPH調整剤、調味料、かんすい、膨張剤、ベーキングパウダー、イーストフード、乳化剤、などと表示されているものにも入っているので注意が必要です。
 これらの添加物はあらゆる食品の原材料表示に見られるので、現代人のミネラル不足の大きな原因と考えられます。
 さらにミネラル不足の原因となるばかりでなく、体に悪影響を与えるものも多いので、なるべくリン酸塩等を含む添加物の少ない食品を選んだほうが良いです。

 (次回へ続く)
 
 
コメント

Re: 参考になりました

ルナさん、コメントありがとうございます^^

「食事でかかる新型栄養失調」という本には興味深いことがたくさん書かれてるのでお勧めです。

参考になりました

こんにちは。
おだしをとるときに、鰹節より昆布や煮干しの方がミネラルが豊富だというのは初めて知りました。
ありがとうございます。

Re: No title

rararaokeiさん、コメントありがとうございます。

ミネラルってあまり意識しないものですが、加工食品中心の食生活では不足してしまうので、注意したいものですね。

No title

ミネラル不足が「新型栄養失調」を引き起こしている。ということなんですね。
添加物をなるべく摂取しないように気をつけなければなりませんね。ありがとうございました。
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ