このカテゴリーの記事を書くのは久しぶりです。
 ここでは、やったことがあるのとないので違いがある、一生に一度は試してもらいたい健康法を紹介しています。
 一度試せば、何か体の調子が悪くなったときに、ここで紹介した方法を思い出して使える、なんてことがあるかもしれません。



 今回取り上げるのは、皮膚をつまんで引っぱるという健康法です。
 誰でもセルフマッサージで体を押したり、もんだりするのは経験があると思いますが、皮膚をつまんで引っぱるという方法を行ったことのある人は少ないと思います。
 この皮膚つまみ健康法は、入浴中やテレビを見ながら簡単にできて、血液やリンパの流れの促進、疲労をとる、免疫力を上げる、などさまざまな効果があるとされます。
 その中で私が特に効果的と感じるのは、皮膚と筋肉などの癒着をはがして私たちが気づかない皮膚の歪みを直し、肌や筋肉を柔らかくするということに関してです。


 この方法、全身をつまんで引っぱってみるのがお勧めですが、まずは行いやすい手足で試してみるのがいいと思います。
 やり方としては、なるべく皮膚を薄くつまんで軽くひっぱり上げるようにします。皮膚が薄くつまめない場合は、強くつかんで引っぱってください。
 つまむ箇所をこまめに変えながら多くの箇所でやります。
 横の方向でつまめても、縦方向だとつまめないなんてこともあるので、つまみにくい方もやってみてください。
 特に念入りにつまんだ方がいいのは、皮膚が下の組織とくっついてつまみにくいところ、皮膚の色がくすんだりかさついたりしているところなどです。



 皮膚を引っ張るのは、東洋医学で「陰圧」と呼ばれる方法です。
 これは力の弱い人にも出来て、押したりもんだりする「陽圧」を行う場合のように、もみ返しが起こらないので安全で、効果も高いといわれています。
 ひっぱり上げることで毛細血管が拡がり、血行が良くなってポカポカするのを感じられると思います。
 そして、皮膚の新陳代謝が活発になることで、肌の老化を防ぎます。


 中国では伝統的に、病気はまず皮膚に表われるとされ、「良医は皮膚を治す」と言われるほど皮膚の治療を重視します。
 以前、簡単に皮膚をきれいにする方法として垢すりについて書きましたが、この東洋医学の見方からすると、垢すりや皮膚を引っぱることなどで肌の状態を良くするのは、とても健康効果のあることだと言えるかもしれません。


 肩こりがある場合は肩の周り、腰や肩、膝などが痛い場合はその周辺の皮膚を引っぱってみて下さい。
 目が疲れたときは目の周りの眉やまぶた、こめかみなどを。
 また、内臓の不調がある人は、お腹の皮膚を引っ張ると効果が期待できます。


 注意点としてはあまりないけど、顔の皮膚は強くひっぱりすぎないといったところでしょうか。顔はソフトにつまみ上げれば美容にも効果的だと思います。

 私は肩や二の腕の外側が昔は全然つまめなかったけれど、やっているうちにつまめるようになりました。
 つまめるようになるとその箇所の筋肉と肌が柔らかくなるのがわかります。
 頭皮もつまんで引っぱるのがいいそうですが、なかなかつまめるようにはなりません。
 犬の頭の皮をつまむと難なくつまめますが、ああいう状態が理想的なのかもしれません。
 どのくらい皮膚をつまめるかは、かなり個人差があるみたいで、顔の皮がメチャクチャ伸びるびっくり人間や、お腹の皮が10センチくらい伸びる人をテレビなどで見たことがあります。

 皮膚の柔らかさは、心身のリラックス感と関連しているのではないかと私は考えています。


 この記事を書くにあたって私も久しぶりに全身を引っ張ってみました。
 昔つまみにくかったところは、当時よく引っ張って柔らかくしたからつまめると思ったら、ちょっと固くなっていました。
 それでも念入りにやればつまめるようになり、なにより行うと気持ちいいのを再認識しました。

 この皮膚つまみは手軽ですから、押して駄目なら引いてみな、と一度やってみてもらえば、思いがけないさまざまな効果を実感できると思います。
 肩こりや疲れ目解消なんかにも使えるので、覚えてもらって損はない方法です。

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ