先日、洗面台で髪にドライヤーをかけて乾かしていると、このところちらほら生えてる白髪を発見しました。
 ほかの毛を抜かないようていねいにより分け、一本だけ「こんにゃろ!」と引き抜きました。
 
 その抜いた毛を見てみると、6センチくらいの長さの毛の先半分は白かったのですが、あとの根元半分は黒くなっていました。どうやら初めは白髪で生えたけど、途中で黒い色に戻ったようでした。
 せっかく自分の毛根細胞が何とかして黒い色を取り戻したのに、そんな苦労も知らないでわざわざ抜いてしまうなんて、と少し複雑な気持ちになりました。
 

 考えてみれば、私たちの体はいつだって出来る限り最善の働きをしてくれています。
 普段、私たちがこれが自分だと思っている自意識は、体から分離していて、自らが肉体を支配していると考えています。
 そして、「痩せろ」だの「もっとよく働けばいいのに」、と悪態をつく一方で、不規則な生活や暴飲暴食をしたりして、体を虐げていることが多いのではないでしょうか。
 そんな思いやりのない仕打ちを受けても、体は文句を言うこともないですし、サボることも休むこともなく身勝手な自意識を含めた私という存在すべてのために全力で働いてくれます。
 白髪になるのも、手がしもやけになるのも、さらには病気になるのだって体が全知全霊をかけて対応してくれた結果です。私達はそういったことを普段気にしたりしませんが、もっと自分の体に感謝すべきなのかもしれません。


―――とすこし感情的になってしまいましたが、この白髪から黒髪に復活した毛を作るのに毛根ではどんなドラマがあったのでしょうか。ちょっと想像してみますね。


「おーい、毛を生やすけどついに黒切れちゃったよ。なんとかならないのか。」
「年のせいでしょうがないですよ。白でいくしかないでしょ。」「まあな」

10日ほど経つと
「あー、黒何とかなりそうですよ。黒色入荷しましたー」
「よっしゃー!じゃあ黒で行くぞー。やっぱりこっちがいいな。こうじゃなくちゃ。」

さらに10日ほど経って
「見ろ、この黒の具合を。順調に生えてるな、って、おいっ!何をするんだって、おーいっっ!」ブチっ(私がその毛を抜く)

「あのバカ抜いちゃいましたよ」「・・・・・。」

 といったドラマ?が繰り広げられたのかもしれません。
 さすがにあの毛の健気さを見るにつけ、あまり軽率に白髪を抜いてはいけないと、思ってしまいました。次に見つけたらハサミで切ります。(^o^)/


 白髪は老化や、遺伝的要素で生えてくるみたいで、防ぐのはなかなか難しいようです。規則正しい生活とバランスのとれた食事を摂るなどの普通のことが、やはり白髪予防にも大切だそうです。
 その当たり前のことのほかに、私のやってる頭髪を健康に保つ対策は、水分(お茶類ではない)をよく摂る(新谷弘美先生の本に出てた)、生の果物、野菜をよく食べて生きた酵素を摂取する(髪を黒くするのも酵素の働き)、あと頭部への温冷浴(頭にまず水をかけてからお湯をかける)で血行を良くする、などを出来るだけ行っています。
 あと、きんさんぎんさんが有名になっていろいろ活動するようになったら、白かった毛に黒髪が少し生え出したなんていうのも聞いたことがあるから、いくつになっても気持ちを若く持つのは大事なんだと思います。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ