私の食に関するモットーは昔から「好きなものを、好きな時に、好きなだけ食べる」でした。
 なので、今まで体に良いから嫌々食べるとか、食べたいけど太る、健康に良くない、と我慢するということをほとんどした事がありません。
 この理由は簡単で、我慢するとストレスになるからです。
 
 食事は本来私たちをリラックスさせる行為のはずですが、あれはいけない、こうしなくちゃ、と常に考えていると、ストレスを解消させるはずの食事が逆にストレスを作る元になってしまいます。
 そのストレスがたくさん溜まると、ダイエット中なら耐えられなくなって逆に食べてしまってリバウンドしたり、何か食以外の不健康なストレス発散をしたりしがちではないでしょうか。

 そういう楽しくない結果を招くくらいなら、初めからストレスのたまらない食べ方をした方がいい、と私は考えてきました。 
 食べることの我慢から来るストレスは、人間の根源的な欲求である食を楽しめなくさせます。このストレスは思っているより大きく、人生全般に悪影響を与えかねないと思います。
 スタイルや健康のためといった頭の考えで、食べるという本能を後ろめたい目で見て抑制すると、押さえつけられた本能は必ず何らかの形で暴発します。私達の思考と本能ではその深さ、エネルギーの大きさが違うので、本能を抑える行為は失敗に終わることが多いはずです。
 そうはいっても本能のおもむくままに食べれば、絶対に甘いものやカロリーの高いものをたくさん食べて太り、最終的には病気になってしまうのだから、我慢は必要だと多くの人は考えます。
 しかし、本能はそれほど愚かで私達を破滅に導くようなものなのでしょうか。


 このことに触れる前に、食べることに関するもう一つの大きな問題を先に指摘したいと思います。それはストレス食いと呼ばれるストレスを解消するための食べ方についてです。
 先ほど述べたのは食に対する抑制から起きるストレスでしたが、ここでのストレスは食に関係ない事での一般的なストレスです。
 これは嫌な事があってストレスを受けた時に、ウサを晴らすために誰もが経験したことがある食べ方だと思います。多少体に負担がかかっても、たくさん食べたり、飲んだりしてストレスが解消されるのであれば、時おりなら悪くありません。
 しかし、このストレス解消のための食べ方が日常化している場合には注意が必要でしょう。確かにこの状態で好きなように食べたら、肥満や病気になってしまいます。
 ですから、これは好きなように食べるうんぬんの話ではなく、原因となっているストレスを取り除くのが先決です。
 そして、この食べることでストレスを解消しているときに、食べすぎだと反省し食欲を抑制すると、ストレスが倍加してさらに悪い状態になってしまいますので気をつける必要があります。
 食べ方が異常になっている場合は、その原因になっている強いストレス(気づかないでいるものもある)に向き合うのが一番の解決策です。


(次回へ続く)
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ