(前回からの続き)

それでは本能はそれほど愚かなものかという話に戻ります。
私は前回に言った二つのストレス、食に対する抑制によるものと、一般的なもの、これらが少ない場合には好きなものを気の向くままに食べたとしてもそれほど悪い結果を招かないと思います。
ここで本能に従った方が良いという例として、フィンランドで行われた調査を紹介します。
これは循環器の疾患の危険性がある人を二つのグループに分けて、一方には定期的な健康診断と投薬治療を行い、もう一方には健康指導を行わずに好きなように生活させるというものでした。15年後にこの二つのグループを比較すると健康指導を受けたグループの方が死亡率が高かったというものです。
病気を気にしてストレスを感じながら節制するよりも、好きなように生活してストレスを解消した方が長生きできるのではという結果を示した有名な調査です。
また野生動物は健康情報など気にせずに本能のまま食べ、人間が及びもつかない強い生命力を発揮します。本来は人間も動物なのだから本能に従って食べれば健康でいられるはずですが、食生活の変化、社会の影響、ストレスなどによって健康に生きるための本能が損なわれ、私たちの食に対する悩みが生じて来ています。
気候、風土に合った伝統食(日本でいえば和食)が人間の本能にかなった食といえると思います。伝統食の中にある私たちの先祖が科学的知識もない中で作り上げてきた知恵には、動物の本能の確かさに感じるのと同じような驚きを覚えます。しかし、そういった本能に基づいていた日本の食も現代ではおかしな姿に変わってしまいました。

しかし、その損なわれた本能を回復させるためには、やはり本能に従うしかないと私は思います。人間の知識なんかより深い知恵を持つ本能は自身を健康に戻す術を知っているはずです。
例えば異常なストレス食いなども考え方によっては、強いストレスを解消できないために本能が体を壊させることによって、ストレス状態から逃げられるように仕組んでいるとも考えられます。
あまり良いものと言えず止められない偏った食習慣があったとしても、体が強く欲しているのならそれを抑え込まずに続けたほうが正しいです。(病気があって命にかかわるような時には話は別ですが)何か馬鹿げて見える欲求でも体が求めているのなら、それには私達の考えを超えた必要性があるはずです。
そういったやっかいな欲求も自ら禁ずることなく満たしてあげていくと、不思議なことに次第にやっかいなものでは無くなってきてコントロール可能などちらでもいいものへと変化していきます。それは問題を起こす子どもを厳しく叱るのではなく、その子の気持ちを理解し愛情をかけることで子供が落ち着いていくのと同じようなことです。これは食の問題だけでなく他の問題にも当てはまると思います。
そして、この状態になれば、好きなように食べても、あまり極端な事にはならずに健康的な食を無理なく食べられるようになります。
本能の好きなようにさせれば、必ず本能自体の健全さが働きます。良くない食は体の働きに対してやはり良くないものですから、体としては避けたいはずです。でも偏った食習慣を止めるためには本能、体がその食の悪影響を実際に感じないと止めることは出来ません。本能自体が働くことで初めて体への悪影響を理解し、止めることが出来ます。しかし、私達が食習慣を改善させるために行うのはいつでも頭脳、知識による本能への命令であり、こうやって命令してしまうと本能の働きは歪められ、反発を招き、本能の体への敏感さが発揮されなくなってしまいます。
制御困難でどうしようもなく見える食習慣も本能の働きの一部であり、本能、体は無数の要素の関わりの上に成り立っているので悪い食習慣もただ矯正させられる対象としてあるのではなく、何らかの体の必要性があって行われていて、本能はその必要性がなくなった時に体をさらに調和したものにするべくその食習慣をあるべき位置に導きます。私達に出来るのは好きなように食べてその働きの邪魔をしないことだけです。

しかし、実際にはストレスの問題が大きかったり、本能が解消すべき体の問題が蓄積していたりするので中年以降の人が完全に好きなように食べるのは少し難しい面もあるかもしれません。(とはいっても食と本能の関係はこれまで説明したようになっていると私は思うので決して本能を無理に押さえつけるような事はしないで下さい。そして中年以降の人でも食の本能の健全さを探求してみたいという人は本能に従って食べてみて下さい)
本当はストレスも少なく、体力もある若いうちにこの本能に従った食べ方を体得するのが一番良いと思います。

食べ方というのは本当に人それぞれで、一流のアスリートの偏食、イチロー選手や体操の内村航平選手のそれ、また1日に青汁一杯で何年も健康に生活している女性がいたりする事を考えると何が正しいとか言えなくなりますが、なにより食べると元気になる食べ方が一番ではないかと私は思います。
食べて調子がよく、気分が晴れ晴れする食べ方をしていれば基本的に正しい。好きなように食べるというのは体が喜ぶように食べる事です。
しかし、好きなものを食べても元気がでない、気分が良くならない時にはストレスがないか思い返してみたり、これからこのブログで書いていく食に関する記事を参考にしてご自身の食に関して見つめ直してみて下さい。

ある有名な歌手が「おいしいものは体に悪い」と言っているのを聞いた事があります。
しかし、私は「おいしいものは体に良い」と思っています。
私は自らが菜食なのでこういう考えを持つに至ったとは思わず、一般の人でもストレスなく好きに食べればこういう結論になると思っています。
面白いのはハリウッドセレブみたいな人達にベジタリアン志向な人が多い事です。世界中のどんな贅沢な物でも食べられる大金持ちの彼らがそういった食事をするのは、好きな物を食べ尽くして最終的に私が言ってきたような体の喜ぶ食にたどり着いたと見るのはあまりにこじつけに過ぎるでしょうか?
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ