1月24日の記事で風邪をひいた時に抗生物質や解熱剤、症状を抑える薬を飲むのはあまり良くないと言うことを説明しました。風邪は薬ではなく、私たちの体の自然治癒力で治すものですが、今日はその風邪を引いて治るという事をポジティブにとらえた考え方について紹介したいと思います。

野口整体と呼ばれる、気を使った療法や体癖という分類を使った姿勢の修正体操などを普及する「社団法人 整体協会」の創始者野口晴哉氏が「風邪の効用」(ちくま文庫)という本を五十年ほど前に刊行しました。野口晴哉さんは独自の生命哲学と病気治しの技術の凄さで有名だった伝説的な人物です。
「風邪の効用」の中で野口さんは風邪について私たちが持つ、風邪は万病の元とか、できれば引きたくない厄介者といったとらえ方とは全く異なる考えを述べています。

要約すると「風邪というものは私たちの心身の疲労、偏りなどが大きくなった時に、それを自ら調整するために体が起こす現象であり、疲労・偏りからくる体の硬さを弾力のある柔らかいものに変える自然の療法である。
だから風邪を引いたら無理に治すことなく、上手に経過させることが重要。
そうすれば体の偏りが正され、さまざまな病の予防、さらには治療にもなる。
風邪を引けるのは自らの体を調整できる敏感な体であると言える。」といった事を述べています。

無理に治すことはなく上手に経過させるというのは、現代でいうと必要のない薬を飲まずによく休んで、体の治癒力に任せるといった事でしょうか。
本の中には上手に経過させる方法として、手からの気をあてて背骨の偏りを正す療法や足湯のやり方、心理的現象から見た風邪についても詳しく書かれています。
その他に、風邪を引く前は、潜在している偏り疲労が快復しようとする動きを起こすので誰でも寝相が悪くなる、という記述があり、これなどは私が年末風邪を引く前に、朝起きると両肩が痛い日が続いたのを思い出させ、あれはこの事だったのかと納得させられました。

この風邪についての考えを初めて聞く人はどういう風に感じるでしょうか。
この考えは東洋医学や代替医療などに関心のある人たちの間では広く知られて受け入れられた話ですが、あの野口晴哉が言うからというのもあるのでしょうが、私も自身が風邪を引く度にやはりこの考えの正しさを実感します。
皆さんもぜひ風邪を引いたら薬を飲むなんてもったいない事をしないで、自身の治癒力で風邪を経過させて体の変化を観察してみて下さい。薬にばかり頼っていると自然治癒力はどんどん弱まってしまいますよ。

本の中で私が面白かったのは、風邪を引いたらそれを機会に体を治そう、ガンになるような鈍い体にならないように上手に経過しようと風邪を引く決心をすると、風邪はなかなか引けなくなるという文章でした。
風邪を引くのは心理的影響が大きいので、それを逆手に取った高等戦術だそうで、これでは風邪を引くのがいいのか良くないのか分からなくなりますが、引くもよし引かぬも良しという事にして私もこれからはこの気持ちで行こうと思いました。

次回に続く
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ