気功に自発動(功)と呼ばれる功法があります。
 これは自分の意識とは無関係に体が動きだすというもので、体の根源的な働きと考えられています。
 体のあちこちが動き、その動いたところの気の詰まり・体の歪みを取り除き調整してくれます。
 気功というと、一般に人が思い浮かべるイメージは、気功師が手をかざすと患者が勝手に動き出す、というものかもしれません。これも自発動の動きの一つと言ってもよく、心身をリラックスさせてるときに、送られた気を感じやすくなって動き出すことが起きます。
 人によってそれぞれ違う動きが出て、その人の不調を治し、体を丈夫にしていってくれるものです。


 気功の功法と言いましたが、自発動と同じような動きは、古神道やヨガ、民間療法にもあり、前の記事で紹介した野口整体でも活元運動という名前で行われています。
 ちなみに野口晴哉さんは、この動きを無意識に体を整えている寝相と同じ性質のものだ、と言っています。



 私は、だいぶ前から、この自発動を起こせるようになりました。そして毎日時間の許す限り行っています。
 自発動を続けて感じた気づきは、私にとってすごく大切なことです。それはこのブログでお伝えしたい事の大本になると思っています。


 私がこれを始めたのは十年以上前で、自己流で体を強くする方法を考えたりしている頃でした。当時は自発動のことは知らなくて、偶然、自分の体の中にこの動きがあるのを発見しました。
 行えばスッキリするし、どうやら体を整える動きのようだと分かり、大発見だ、と興奮したのを覚えています。
 これを見つけられたのは、気に敏感だったからではなく、私の体の歪みが大きかったので、その反動として体が正常に戻るために強い動きとして、これが現れたからだと思います。
 私は落ち着きがなく、じっとしてるのが苦手な方なのですが、その落ち着きのないそわそわした動きの中に、自発動につながるものを見つけたのでした。
 体を健康にする原理を発見したのだから、これをやればすぐに丈夫な体になり、さらにそれ以上の能力も手に入るのでは、と期待しました。しかし、私の体の歪みは普通の人以上だったのでしょう、現実はそうも簡単ではありませんでした。
 
 
 思い出すのは、自発動をやり始めたころ、鏡で見た自分の背中の弱々しさです。
 当時は、登山なんかもして体力はあるつもりでした。しかし、鏡の中の背中は、私が現在まで他の誰にも見たことがないくらいのもので、肉付きはないし、背骨はギザギザしたかんじで真っ直ぐではなくて、全く力感がありません。
 体の背面にその人の生命力が表されている、と私は考えていますが、あの弱々しさは私の幸せとはいえない人生を象徴しているようでした。


 それからだいぶ月日は経ちました。長い間、自発動を続けた成果はあったと思います。
 歪みがはっきりみてとれた腰椎は整い、背中の上部には歪みが残っていますが、全体的に肉も付いて、昔の背中とは明らかに変化しました。でも、普通一般のレベルになんとかなったかな、という程度かもしれませんが・・・。
 それでも、あのままの背中で生きていけば、良くない結果が待っていただろう、と今では思っています。
 そして、これからも続けていく中で、この先どんなことが起きるのか、動きをもたらす本体が何を意図しているのか、といったことを知るのは今後の楽しみではあります。



 背中が貧弱なら鍛えればいい、と思われるかもしれないですが、筋トレなどをしてしまうと、その歪みを固定してしまうことになります。
 歪みは複雑に成り立っていて、簡単に正せないことが自発動を観察すると分かります。
 自発動が歪みを直す動きを見ると、人がやろうとして出来るものではないことが分かります。
 これは例えですが、背骨を少し左に傾けて、それから首を反らし、腕を微妙にひねるといった動きを、体を整えるために自発動は行います。これは決して意識的には出来ません。

 世の中には歪みを正す体操や施術がたくさんあります。これらは直そうとしている箇所の歪みを無くすかもしれませんが、無くなったように見える歪みは別の所へ移動した、というだけで根本的な解決にはなりません。
 自発動の迷いのない正確な動きを見ていると、体は全てを知っているので、私たちに出来るのは、その流れにゆだねる事だけなんだ、と思えます。


 次回は、そんな自発動の起こし方について書いていきます。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ