無努力食生活2回目のテーマは、今の時代を健康に生きる上で欠かせない、料理をすることについて書いてみたいと思います。

 料理をしないと健康に生きられないとは、少々大げさに聞こえるかもしれません。
 今は便利な世の中だから、外食、コンビニ、惣菜屋に冷凍食品と何でもあるし、ヘルシー志向で作られている物も多いから利用した方が得と考える人もいるでしょう。
 しかし、こういった食べ物のほとんどはミネラルが不足しているそうです。詳しくは「食事でかかる新型栄養失調」(小若順一著 三五館)という本を読んで頂きたいのですが、その本によると日本の食のミネラル不足は深刻で、厚生労働省の職員食堂の食事でさえミネラルの摂取基準を満たしていない現状だそうです。
 ミネラル不足は、カルシウムならイライラして骨が弱くなる、マグネシウムなら循環器に障害が起きるなど、とさまざまな悪影響が出やすくなります。
 現代ではごく普通に料理して食べていても、ミネラル不足に陥ってしまう可能性がある、ということなので(ミネラルの問題についてはまた別で書きたいと思います)、外食などばかり食べていると絶対に不足してしまいます。ですから自ら料理して意識的にミネラルを摂る必要があります。


 ミネラル不足の他にも、添加物の問題や栄養面、経済性など自分で料理するメリットは数え切れません。
 さらに料理するという行為自体が、材料を把握して段取りを考えて作業する、手先をよく使い五感を刺激する、など脳を全体的に使うので、脳の活動によい影響を与えることになります。作業に集中するためストレス解消効果もあるそうです。
 ですから、料理するのは生きる上で役に立つ大切なことであり、普段料理しない人でも趣味にするのにとてもいいと思います。(でも、太古の昔から人間は自らの家で料理してきたのであって、現在のように料理をほとんどする事なく生活できるというのは異常な事態なのかもしれません)


 私自身は飲食店で長く働いていたり、食べる事も大好きなのでいつも料理はしています。
 したがって、料理するのを大いに勧めたいという気持ちもあって、この記事を書いたというのもあります。
 料理は上手くできない、苦手という人も多いでしょう。
 そんな人たちにおせっかいかもしれないけど、ちょっとアドバイスをさせて頂くと、良いレシピを見つけるというのが大事だと思います。
 ネットでも本でも作りたいと思わせる料理や、簡単でわかりやすい作り方の出てるものを見つけるようにすると、料理する意欲もわきますし、役に立つはずです。
 後は習うより慣れろで回数をこなすことです。


 忙しかったり、疲れていたりで簡単なことも出来ないという場合、とりあえずご飯を炊くのはどうでしょうか。
 レトルトのご飯を買うよりも、高価な米を家で炊いたほうが安くつくそうなので経済的ですし、キムチや納豆、卵などと食べればおいしく栄養もとれます。
 ミネラル不足もゴマや海苔とかを常備して一緒に食べたり、さらに雑穀を入れたりして炊けば、何もしないよりかは全然違います。



 私は菜食なので野菜料理しか作りません。
 野菜限定なので作るものもパターン化されるかといえばそんな事はないです。
 テレビの料理番組なんかを見てると、料理研究家の方たちが思いもよらない作り方をよく紹介してくれます。そういったものを見るといろいろ楽しめて、料理は本当に奥が深いなーといつも感じています。
 この前見て面白かったのは、ゆずスムージーというもので、ゆずの種を取り、まるまる一個を全部ざく切りにしてミキサーに入れ、甘酒、水と一緒にまぜる、というのをやっていていいなと思いました。
 甘酒がなかったので、豆乳と砂糖を入れて作ってみると香りがさわやかでおいしかったです。ビタミンC,酵素も取れるし毎日でも飲みたいと思いました。
 ゆずの白いワタまでミキサーに入れてしまうのが発見でした。これを他にも応用してみようと思い、ゆず全部を細かく刻んでみそ汁の具にしてみました。これも酸味と香りがでておススメです。


 料理は凝りだせば何でも自分で作れますし、そんなに手の込んだことをしなくても自ら作ればおいしく、安全に安く食べれます。
 料理に関心を持つだけで人生で退屈することは少なくなるのではないでしょうか。
  
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ