ノーパン健康法はパンツをはかないで寝るという健康法です。
これは1990年頃に北海道の丸山淳士医学博士が提唱したもので、パンツをはかない事で締め付けがないので毛細血管の血流が良くなる、通気性がいいので雑菌の繁殖が抑えられる、お腹をゴムで締め付けないのでリラックス効果が得られるといった効果があるそうです。

私もずいぶん昔からやっているのですが、もし話題になり始めた90年ごろからやっているとすれば、20年近く続けている事になります。
今では当たり前にやっているので、その良さをあらためて感じる事はないですが、もしパンツをはいて寝る事があれば息苦しくなってよく眠れないと思います。

とにかく始めた頃はそのリラックス感、開放感に感激しました。
医学的には三つの効果のうちの毛細血管の血流改善と雑菌の話は否定的に見られているみたいですが、リラックス効果は間違いないと思います。そしてリラックスによる安眠効果もあるでしょう。

ただいろんな人に勧めましたが、イメージ的に良くないのかあまりやってみたいという人に会ったことはありません。
締めつけられるのが嫌でゆったりした服が好きという人にはたぶん気に入ってもらえると思います。

手軽でお金もかからないのでノーパン健康法ぜひ試してみて、一度開放されてみてはいかがでしょうか。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ