クリシュナムルティはインド生まれの哲人宗教家です。
 彼は1909年14才のとき、神智学協会という宗教団体の指導者に、人類を教え導き救済するための「世界教師」の器として見いだされ、特別に教育されるようになります。
 その後、神智学協会によってクリシュナムルティのために設立された、「星の教団」という団体の長になります。しかし、「真理は組織化しえない」として1929年にその団体を解散し、以後1986年に91才で亡くなるまで世界中をまわり自らの教えを説き、多数の著作を残しました。


 彼は、人が精神的・社会的・宗教的な束縛や、悲しみを脱して真に自由になるために、気づき、学び、思考、瞑想、愛、死といったことについて語り続けました。

 彼の有名な言葉に「あなたは世界だ」というのがあります。
 これは私たちが自身の中に持つ悲しみや、葛藤、暴力、自己中心性などは、そのまま世界に反映されて私たちの前に現出するという意味です。
 世界はつきつめると、私と他の人との関係で成り立っているのだから、あなたのありのままの姿が世界を作りだしている。だから、世界を変えるためには自らに変革をもたらす必要がある。そのためにあなたは願望や感情、思考を交えず自身を観察しなくてはならない、と彼は説きます。
 
 彼の教えは難解ともいわれますが、その著作や説話は専門的な用語を使うことなく普通の言葉ですべて語られていて、とても多くのことを気づかせてくれます。

 彼の著作ほど自我の汚れを感じさせないものはないと私は思っています。最近は少し読むことから遠ざかっていますが、彼の教えはいつも私の心の中にあり、いつかそのことについて何か書いてみたいと思っています。



 そんなクリシュナムルティは、日常生活では決して堅苦しい人間ではなく、探偵小説や西部劇を楽しみ、ジョーク好きな一面もあった、ということが、彼の料理を作り交流のあったマイケル・クローネンの「キッチン日記」という本の中に出ています。

 その本に彼が実際に話したジョークがいくつか書かれていますが、その中から面白いと思ったものを一つ紹介します。


 あるインドの自動車製造会社の社長が死にました。
 インドには自動車メーカーが少なく、彼の会社の車はよく売れて儲かったのですが、その車は性能が悪くしょっちゅう故障して止まってしまう代物でした。

 その彼がいま天国の入り口に来て、門番に中に入れるようにと話しています。
 
門番「えーと、お名前をお願いします。○○さんですね。いま名簿を調べます。えー、○○さんと―――。あのー、すいません、あなたのお名前がのってないのであなたは天国に入れません」

社長「何を言っているんだ!私はインドで知らぬものはない名士だぞ!」

門番「生憎ですが、そういったことは天国へ入る条件にはなりません」

社長「私は毎週日曜日には家族と教会に通って、お祈りを欠かさなかったぞ!」

「そういった誰でもやっていることでは天国に入れません。」

「私は社会にたくさん寄付してきたし、学校や教会をいくつも建ててきた」

「あなたがそういった事をするのは当然です。なにせ労働者から搾り取ったお金なんだから。○○さんそうじゃなく、何か神さまのために少しでも役に立つことをした覚えはないですか。
もしあれば、私も上の者に相談してみることもできるのですが。どんな些細なことでも思い出してください。何か思い当たる事はないですか?」
門番が尋ねると、しばらくして社長はあることを思い出しました。

「あったぞ!私の会社の車に乗った人はみんな『オーマイゴッド(なんてこった)!』と言う」



 「キッチン日記」はだいぶ前に図書館から借りて読み、このジョークがおかしくて気に入っていたんですが、最近再び借り、読み直して驚きました。
 それはオチのオーマイゴッドのところを完全に思い違いしていたんです。
 実際には、新車を買うときに、お客が素敵だと感激して「OH MY GOD!」と言うとありました。
 自分の中でオチとしてはこっちがいいと、勝手に話を作り変えて覚えていたようです。


 クリシュナムルティ・アメリカ財団には、膨大な数の彼の原文書、資料、手紙、音声、ビデオテープなどが収蔵、保管されているそうです。
 クリシュナムルティの教えは今後何百年、それ以上と価値を持ち続けるものだと思います。
 だから、仏陀やキリストに起きたのと同じこと、彼らが本当はどういった教えを説いたのか記録されてないことや、彼らの死後にその教えを継承するとした人達が教団を作り、権力を持つようになったことが起きないためにも(彼はこういった事を嫌い弟子も後継者も持たなかった)、このアーカイブはとても大切なものです。

 ですから、今回の私のブログのように、クリシュナムルティの言葉をねつ造するのはいけない行為だと思いましたが、「キッチン日記」には、笑いはとても大切なこととだ、と彼が話すという記述もあったので、これに関しては許してもらえるかなと思います。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ