むかし、NHKの「課外授業 ようこそ先輩」という番組で、音楽家の巻上公一さんが出身小学校に行き、子ども達に宇宙語で歌うのを教える、というのを見たことがあります。
 宇宙語というのは、思いつくままでたらめに口を動かし、音を発していくというかんじのものでした。
 ずいぶん前に見たので、番組内容はほとんど忘れてしまいましたが、ラストシーンで巻上さんと子ども達が宇宙語で語り合うシーンがとってもシュールだったのは印象的だったので覚えています。


 自発動を行っていると時おり、この宇宙語のようなものが口を衝いて出てくることがあります。
 自分ではやろうとしてないのにムニャムニャ言ったり、破裂音がたくさん出たりするかと思えば、でたらめなお経みたいなものがいろんなテンポで出てきたりします。

 巻上さんの番組を見ていたので、自分ではこの現象を宇宙語と呼んでいました。
 宇宙語という言葉は、歌唱の可能性を追求する巻上さん独自のものと思っていました。
 しかし、この記事を書くにあたってネットで調べてみると、どうもそうではなく、赤ちゃんが言葉を覚える前に意味のない音を発するのをそう言ったり、スピリチュアル系のほうの宇宙語があったりするのも知りました。
 スピリチュアル系のものは、ある意識状態で出てくる意味不明の声を宇宙からのものとして、その宇宙人からのメッセージを翻訳して読み解く、とかいった感じのものらしいです。
 自分たちで解釈するなら自らの願望をそのまま反映してしまうだろうと考えましたが、宇宙語は愛に満ちた善いメッセージしか送られてこないらしく、You Tubeで聞いたある宇宙語の響きはとてもやさしい感じのものだったので、こういった癒しを必要とする人もいるんだなと思いました。



 私の自発動中の声は、そういった宇宙からの交信や、忘れられた古代語を思い出したとかではなく、話すために使われる口と舌の動き、息の使い方などの機能と、脳の中の声を発する部位の調整のために起きているのではないか、と思っています。先程の言った赤ちゃんがでたらめに話すのと似た感じといえるでしょうか。

 これをやっていると最終的にはお経的な節まわしになることが多くて、不思議でおもしろいんですが、お経を唱えるとそのリズムによってアルファ波やセロトニンなどがでてリラックスするということなので、私の脳も気持ちを落ち着けるためにお経的なものを自発動中に起こさせているのかもしれません。



 声を出す宇宙語の自発動よりもしばしば起きるものとして、声なしで口が勝手に動く場合があります。
 自発動3の記事で、手いたずらは自発動的な動きだということを述べましたが、今回話す口の動きを手いたずらになぞらえて「口いたずら」と個人的には呼んでいます。
 この動きは私の場合、アゴを左右にずらす動かし方で出てきます。
 動くのを鏡で見ると、とんでもない変な顔になったり、顔の形が戻らなくなるのではというくらい動いたりもします。さらに舌の動きが出るときもあります。


 最近はこの動きで整えられたのか分かりませんが、以前はアゴが痛くなって口がうまく開かず、ご飯がうまく食べられない日が2日くらい続くことがありました。
 病院に行ってないのでハッキリ分かりませんが、軽い顎関節症みたいなものだったと思います。
 むかし鏡で口を開けるのを見たら、アゴの関節の所がスムーズに開かずに、ガクガクガクとブレながら開いているのでビックリしたことがあります。
 あの不自然なアゴの関節の動きを考えると、どれだけアゴ周辺の関節と筋肉に複雑な歪みがあったのか想像がつきません。今は滑らかに開閉するので、これに関しては明らかに口いたずらのおかげで歪みが取り除かれたと思っています。


 今でも口いたずらはときどき出てきますが、その様子を観察していると自発動の体を整えるやり方の精妙さに感心します。
 顎関節症の治療は難しいというのを聞いたことがありますが、自発動は自身の歪みを整えようと起きるものなので、アゴの関節のような微妙な歪みの改善にも期待できるはずです。

 自発動とそのやり方については自発動の記事をご参照ください。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ