おいしく安全な食生活のためには、食品添加物をなるべく摂らない方が良いと、以前「無努力食生活4 食品添加物について」の記事で書きました。

 添加物の少ない食生活を続けると、食品に入っている添加物や化学調味料に敏感になります。
 私は化学調味料に顕著に反応するようになり、外食でラーメンや中華を食べると調子が悪くなって、ひどいときには動悸がしたりします。

 そして、もう一つ反応するようになったものに歯みがき粉があります。
 もともと歯は何もつけないで磨く方だったので、ほんのたまに使う程度でした。しかし、最近は歯みがき粉を使うと、ミントのさっぱり感とは違う、舌がビリビリする感じが際立つようになりました。
 あまりに気持ちが悪いので、それまで使っていた一般的な歯みがき粉は止めて、せっけん歯みがき粉に変えました。そうすると、使用後の口の中の違和感はなく安心して磨けるようになりました。(そのせっけん歯みがき粉もたまに使う程度ですが)


 口の中がしびれてマヒするほどに感じる歯みがき粉を毎日、場合によっては一日何度も使えば、舌の感覚も悪くなってしまうのではないでしょうか。
 世の中には添加物の入った食品が多く、それらを気にせずおいしいと食べる人も多いです。私は、そういった人が添加物の味に気づかない一因に、化学物質を多量に含んだ歯みがき粉を使い、味覚がマヒしてしまっている、ということもあるように思います。


 スーパーなどで売られている歯みがき粉には、たいていラウリル硫酸ナトリウムという泡立ちを良くするための合成界面活性剤が使われています。
 ラウリル硫酸ナトリウムはシャンプーに使われてもいますが、これは業務用の床クリーニングにも使われる強力な界面活性剤です。口内に強い刺激を与えるため、舌の表面の味らい細胞を壊して味覚を低下させるそうです。
 口内の粘膜は皮膚と較べて、約10倍も有害物質を吸収しやすくなっています。
 口内から入ったラウリル硫酸ナトリウムは、血液とともに体中に運ばれ、目や肝臓、子宮等に蓄積して白内障や婦人病などの遠因になっているとも言われています。
 ドイツでは人体に有害として使用禁止、アメリカでは6才未満の子どもの使用を、脳への悪影響がある、と禁止しています。


 これだけでも怖くなりますが、歯みがき粉には他にも危険な成分として、保湿剤のプロピレングリコール、ポリエチレングリコール、甘味料のサッカリンナトリウム、防腐剤のパラベン、さらにフッ素が使用されています。
 これらは市販の歯みがき粉でよく使われていますが、発がん性が疑われるものです。
 フッ素は虫歯の予防のためになる、とよいイメージがあるかもしれませんが、発がん性のほかに、免疫機能や神経にダメージを与える、アルツハイマーの原因になる、などと指摘する人もいて、安全性を疑われている物質です。
 

 歯みがき粉の一回の適切な使用量はマッチの先くらいと言われていますが、実際はもっと使う人が多いでしょう。
 有害物質が入っているといってすぐ病気になることはないと思いますが、長年使うことのリスクは十分あると考えられます。 
 さらに歯みがき粉使用のデメリットとして、口内炎、アレルギーを起こしやすくなる、研磨剤の影響で歯が削れてしまう、エナメル質が傷つき虫歯になりやすくなる、磨き残しが多くなる、などがあります。


 歯みがき粉が味覚を壊している、という私の推測から、歯みがき粉の恐ろしさの話まで書きましたが、歯科医も何もつけないで磨くことを勧める場合が多いですし、危険性があるものをわざわざ使う必要もないと思います。
(歯を削る事で歯を白くする効果はあるみたいなので、使いたい人は何もつけないで磨いた後の仕上げに、ほんの少し使って前歯を磨くと良いそうです)
 歯の健康のためには、マメな歯みがきは必要ですので、歯みがき粉を使う場合は量、回数を減らすか、石けん歯みがき粉に変えることを勧めます。
 そして、基本は何もつけずにしっかり磨いた方が良い、ということではないでしょうか。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ