前回からの続き) 

 この「無努力健康法」で説明させてもらう方法は、頑張ってやらないようにして頂きたいです。
 すべての方法は、私が試してみて安全で効果があったものですが、私自身これらの方法を「頑張って」長時間やってみたことがありません。
 経験がないので断言できませんが、もし頑張ってやった場合、具合が悪くなったり逆効果になったりする場合があるかもしれません。
 少しの間気持ちが悪くなる程度なら大丈夫ですが、あまりやりすぎると、気功法のやりすぎによって起こる「偏差」という症状になることがありえます。
 偏差が出ると、頭痛やめまい、幻覚を見る、自分を身体的・精神的にコントロールできなくなる、などの深刻な症状になってしまうので特に注意が必要です。
 私も昔は新しい方法を発見した時などに、つい興奮してオーバーワークになってしまい、目まいがしたりして調子が悪くなることもありました。


 無努力でやるというのは、楽だからそうするという以上の意味があると思っています。
 それは無努力が、体の状態を向上させるのに最善である、ということです。簡単そうでもそれだけの力を秘めていると思います。ですから偏差がでるような事もあります。

 
 少し恐くなるような事をいいましたが、要は頑張ってやりすぎないようにしてもらいたい、ということだけです。
 楽しければ長い時間やっても結構ですが、「つらい」「面倒だな」と思ったら頑張って続けないで、そこで止めてもらうということです。
 そして、体調が悪いときや、気分が乗らないときはやらない方がいいです。そうすれば長く続けられます。(体質的に全く合わない人もいるかもしれないので、そういう時は無理をしないでください。)

 あと好転反応(体の不調が良くなる前にかえって体調が悪くなったりすること)のことですが、私の経験の範囲内ではそれほどひどい状態になることはなかったです。ただ体の歪みを正す過程として体の節々が(特に手足)痛くなる症状はあるかもしれません。これは2,3日放っておくとおさまります。
 

 以上長々説明しましたがこの健康法の注意点でした。
 次から本編に入らして頂きます。最初のテーマは書くこと、ペンの筆圧と健康についてです。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ