6年ほど前にパニック障害になりました。
 異様な症状に襲われたのですが、何か他の病気ではないか、と疑わなかったので、この時、すでにパニック障害のことは知っていたと思います。
 この症状に見舞われたときに、医者に行って診てもらったとしても、ただ薬を出されるだけで、根本的には治してくれないだろうな、と考えました。
 今ほど健康オタクではなかったですが、当時から現代医学にかなりの不信感があったようです。
 まあ、それは極端すぎる考え方だとは思いますが・・・

 パニック発作で家から出られなくなったとき、私にはそれまで行っていたある健康法があり、この症状もそれを続けていけば治るだろう、という気持ちはありました。
 その予測は間違ってはなくて、結局、初めのパニック発作以来この病気で一度も医者には行かず、薬も飲まずにきました。そして、家から出られない状態だったのが2、3カ月後にはかなり出歩けるようになり、数年後には発作のことを考えることなく生活できるようになりました。
 この期間、その健康法の効果と、治すことに専念できる時間を持てたというのも功を奏したのか、良くなったり悪くなったりの一進一退を繰り返すことや、いつ来るかわからない発作に心身の休まらないといったことはなかったです。比較的スムースに良くなっていったように思えます。


 私のこのパニック障害の経験は、このブログで書きたかったテーマの一つでした。
 でも、人に誤解を与えるかもしれないことを発表していいものか迷い、なかなかその気になれなかったのですが、最近やっと書く気持ちになりました。
 自分としては大きいテーマなので、私の体験を書くだけでは内容があまりに狭い気がして、今まであまり読んだことのなかったパニック障害についての本を読んだり、ネットなどで調べてこの病気について少し理解してみてから書いてみようと思いました。

 専門家の本を読んでみると、この病気は他の精神疾患よりも治りやすく、薬で症状を穏やかにしてストレス状態や生活習慣、心のあり方を変えれば良くなっていく。
 薬の副作用も少なくて飲むことに問題はない、といったことが書いてありました。
 ネットで検索しても、初めに出てくるのは医者に行き良くなったといった話が多いようでした。
 医者に行って治療した方が治りもよくて、社会復帰も早くすむなら、時間がかかるかもしれず、すべての人に向くか分からない私の方法を話す必要はないとも思えました。
 そして、私の現代医学を全く信用しない性格もパニック障害になった原因の一つかもしれませんし、人を混乱させて治りを悪くさせてしまうことがあるかもしれません。
 しかし、もう少し詳しく調べてみると、薬で治る人ばかりではなく、長年病院に通っても良くならない人も多くて、安全とされる薬も副作用や依存、離脱症状などが起きて大変なこともある、というのを知りました。
 ということは、私が懸念していた、根本的に治せない、ただ薬だけに頼る対処療法が、パニック障害でも行われている現実もあるのでしょう。

 薬を飲んで生活が万事滞りなく行え、当人が薬を飲んでいく生活を肯定するならそれでいいでしょうが、薬を止めたくても止められない、症状がかえって長引き悪化するといったことがあるなら、薬にはなるべく頼らないようにした方がいい、と私は思います。
 この病気は、脳内物質の量を薬で調整する、というだけのことではなく、もっと複雑な原因がからみあって起きていると思うので、症状が改善するためには、いろいろやってみる必要があるのではないでしょうか。


 ネットでパニック障害に悩んでいる人の発作への恐れや薬への疑問、日常生活もままならずいつになったら良くなるのか、といった不安の声を見ると、私の経験を書くのも、多少意味のあることにも思えるようになりました。
 そして、私の経験の他にも、さまざまな本で知ったこの病気に役立ちそうな情報や対処法、パニック障害に関する自分なりの考えを書いてみたいと思います。



 私の行ったことや勧める方法をやってもらえば、薬なしで絶対良くなるか、ということは分かりません。
 また、減薬は難しい問題みたいなので、全く薬を飲んだことのない私には自分の意見を述べることは出来ません。
 しかし、この病気に長く苦しんでいる人の多くは、病院に行き、薬を飲んでも良くならなかったのだと思います。
 医者も真面目にやっているとは思いますが、ただ薬を出す治療だけでは、真剣に患者が良くなるのを願っているのだろうか、という疑いの目を向けたくもなります。
 一方で医者に頼って任せていればいい、というのも、病気を長引かせている原因とも考えられます。
 したがって、自分が頼りきっていた良くならない方法とは違ったことを、自らの覚悟で行わなければならないのではないでしょうか。
 自分の心と体は結局自身で守るしかないですし、それを理解して自らやるという覚悟が出来れば、人は困難に立ち向かうためのエネルギーを持てるようになるはずです。これは病気を治すためにとても大事な点だと思います。


 パニック障害の克服には、薬以外に認知行動療法やリラクゼーション、ツボを使った方法、漢方薬などいろいろありますし、このブログでも私の経験やそのほかの参考になりそうな事、考えを紹介していきます。
 薬が必要な場合もあるかもしれないですが、現代医学以外の選択肢から一番自分に合うものを見つけ出して、このしつこく付きまとう症状から解放されて欲しいと思います。
そのために私のこれから書くことが少しでも参考、助けになれば、と思っています。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ