パニック障害は、脳内のセロトニンの不足が大きな原因と考えられています。薬を飲んでセロトニンの量が増えると、症状が抑えられるので(薬でコントロールするのが良いかは分かりませんが)、この説はある程度正しいのだと思います。
セロトニンは自律神経を整え精神の安定をもたらし、愛情や幸福感と関係しているとされる重要な脳内伝達物質です。
人がストレスを感じると、ノルアドレナリンという脳内物質が分泌されます。
ノルアドレナリンは危険を感じた時にとっさの行動をとったり、集中して何かをやるのに必要な物質ですが、強いストレスを受けて過剰に分泌されると、不安や恐怖を感じるようになります。この時にセロトニンが脳内に十分あると、この状態を鎮めてくれる働きをしますが、足りていないとノルアドレナリンには自己抑制機能がないので緊張状態が抑えられなくなり、パニック発作が起きる所までいってしまうと考えられています。
セロトニンが不足すると不安、恐怖を感じるほかに、怒りっぽくなる、あがりやすい、うつ、欲求不満、不眠、姿勢が悪くなる、痛みを感じやすいなどの状態になりやすくなります。こういったことから、セロトニンが極端に不足すると人格障害、社会不安障害、うつ、依存症、不眠症、ADHD、強迫神経症などほとんどの精神疾患につながっていくとも言えるかもしれません。

セロトニンはこのようにとても大事な働きをするので精神的な症状の回復のためのみならず、幸せに生きるためにも、セロトニンが脳の中にたくさんある生活を送りたいものです。
有田秀穂東邦大学名誉教授によると(この記事はセロトニン研究の第一人者である有田先生の著書を参考にして書いています)、セロトニンをたくさん出すためには 1・太陽光を浴びる 2・歩くなどのリズム運動をする 3・ふれあいの3つが大切だそうです。

前回の記事で書きましたが、セロトニンを作るためにはこの3つを行うのと同時に、まずトリプトファンという成分を摂ることが必要です。トリプトファンは肉、魚、大豆、卵、乳製品、バナナなどいろんな食品に含まれます。しかし、トリプトファンのみを摂ってもダメで、セロトニンの合成には炭水化物やビタミンB6などが必要です。(バナナにはこのすべてが含まれています)
そのためにはバランスの良い食事、大豆製品や野菜、海藻類などがたくさん摂れる和食が理想的です。

セロトニンは太陽の出ている日中に活発に働きます。ですから夜型の生活より朝早く起きる生活のほうがセロトニン活性のためにはよく、部屋も光を入れて明るくするようにした方がいいそうです。
最近は紫外線が体に良くないと、まるで全く日光を浴びるなみたいな言い方がされますが、日光を浴びるのはセロトニン活性以外にも、カルシウムの吸収に必要なビタミンDを体内で作る、殺菌作用や体を温めてエネルギーを作る作用、体内時計を調節する、脳の働きを高めるなどの多くの効果があります。
紫外線の浴びすぎは確かに良くはないので注意しながら、毎日日光にあたるようにしたいです。
また、日中セロトニンがたくさん分泌されるとよく眠れるようになります。これは夜になるとセロトニンから眠りをもたらす脳内物質メラトニンが作られ分泌されるからです。(メラトニンには良い睡眠をもたらすほかにもアンチエイジング効果や免疫力を高める効果などもあります)メラトニンが夜よく出て眠れるようになるためには、朝の外の景色を見る、朝日を浴びるなどすることがメラトニンの性質(朝にセロトニンが出てから14時間くらいして分泌される)から大切だそうです。
セロトニンは日中、メラトニンは夜の睡眠中分泌されるので、夜型や昼夜逆転した生活では、この2つの脳内物質の恩恵はあまり得られません。

日本では24時間営業の店がたくさんありその数は増えていますが、こういった所で働いて夜型の生活になってしまうと、免疫力が落ちて病気になる可能性が高まるそうなのでこれはあまり良い傾向ではありません。

パニック障害の症状が重い方は夜型の生活になりがちかもしれないですが、セロトニンの効果を多く得るために出来るだけ朝早く起きるようにすると良いと思います。
若い頃から完全に夜型だった私は、この話をつい最近知って、何かとても損をした気持ちになってしまいました。
夜型の生活の人が朝早く起きる生活に変えると、初め気分が落ち込んだりする事がありますが、脳の神経を改善してセロトニンがよく分泌されるようになるまでには3ヶ月ほど続けることが必要だそうです。
朝早く起きるだけで、セロトニンの効果が得られるのならこれほど簡単な事はないですし、続けていくことで大きな力になると思います。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ