無努力健康法一回目のテーマはちょっと変わったものをと、字を書く筆圧について取り上げてみます。

 
 みなさんはペンなどで字を書くとき、下の紙に跡がうつりますか?
 子供の頃から跡がつくように書いている、という人も多いと思います。
 ペン跡がうつるのは余分な力を使っています。字を書くのにそこまでの筆圧は必要ないと私は思います。
 以前、わたしが絵の展覧会に置いてある芳名帳で調べてみたことがあるのですが、その時はだいたい半分位の人が強い筆圧でした。

 紙にペンを押しつけずに滑らせて書けば、裏がデコボコしません。そして、それが字を書くのに最適な力の入れ具合だと思います。
 筆圧というと誰でも子供の頃、紙がデコボコしないために下敷きを使っていたはずです。もしかすると子どもは筆圧が強いのかもしれません。
 しかし、面白いことにアメリカでは子どもも下敷きを使わないみたいです。「日本人はなぜ下敷きを使うのか」とアメリカ人から訊かれた事がありますが、筆圧でデコボコになった紙に書く気持ち悪さは共通だと思うので、アメリカ(欧米人)は日本人よりは筆圧が弱いんだと思います。
 この推測をしたもう一つの理由は、これはヨーロッパの話ですが、日本の文具メーカーがサインペンをあちらで販売して結構売れている、というのをテレビで見たことがあります。そして、よく売れるのは書き味をヨーロッパ人向けに滑らかにしているからということでした。
 滑らかに書くというのは跡がうつるような書き方ではないなと思い、さっきのアメリカの話も含めて、日本人は字を書くのに特に力が入りすぎているんじゃないかなと考えるようになりました。


 もちろん筆圧の強い人に問題があるとは思っていませんが、何かもったいないような気もするのです。
 私も筆圧が強かったのですが、紙の裏に跡が残らないように書いてみたら、ほとんど苦労なく出来るようになりました。
 もともと力の入った書き方をしていたので、力を抜いて書くというのは、それに比べて楽をすると言っていいでしょう。ですから、字を必要最小限の筆圧で書くことは、「無努力に」できます。
 皆さんも少し意識して練習すれば、すぐに出来るようになると思います。
 筆記具もなめらかな書き味のものや、ペンの柄の部分が太いものにして、シャーペンの芯や鉛筆の濃さをB以上の色の濃いものに替えればさらに良いです。この書き方、一度やり方を覚えればずっと使えます。


 この筆圧と健康の関係について説明しますと、まず当たり前のことですが、字を書いても疲れにくくなります。
 余計な力が抜けるので手指、腕、肩がラクです。
 あと脳と手の密接な関係を考えると、筆圧強く書くことで脳にも入っていた余計な力が抜けて、脳のリラックスにもつながるはずです。
 そして、この筆圧を適正にすることは、書くという行為だけに限定されず、日常の動作すべての力の適正化にもつながります。ものを持つ、包丁を握る、ドアを開ける、車のハンドルをもつなど、あらゆる動作の余分な力を抜くのに役立ちます。
 日常使う、必要以上の力がどれ位なのかを数値にすることは出来ないでしょう。でも1日1日と蓄積していけば、かなりの量になるでしょう。
 その余りの力を別のことに使れえば、人生に少しのプラスをもたらすと思います。
 興味を持たれた方は試してみて下さい。コツはペン先を紙に押しつけずに滑らすことです。


 これで第一回目のテーマ「筆圧」を終わります。無努力健康法がどういった感じか少し理解して頂けたでしょうか

 次からも、このように楽で変わった健康法をいろいろ紹介していきますので宜しくお願いします。

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ