呼吸法は、健康法の柱となるもので様々な方法が存在します。24時間休むことなく行う呼吸が良いものになれば、心身の健康に与える影響も大きいと思います。
 私もさまざまな呼吸法を調べてみました。でも、そのどれもが実践すれば良い方法なのでしょうが、やり方が難しかったり、時間がかかるなど、簡単にやりたい私には満足できるものではありませんでした。
 呼吸は鼻呼吸を心がけるだけでいいのかな、と思っていたある日、操体法の橋本敬三先生の本で興味深い呼吸法を見つけました。先生は夜寝る前にやって、死ぬまでの習慣にするように、と書かれてますが、そうすることの出来る簡単な良い方法です。
 今日は、そのやり方を私なりにアレンジしたものを紹介します。寝る前にやるが良いですが、いつ行ってもいい方法です。


 「無努力呼吸法のやり方」
1 あお向けに寝て膝を立てます。息を鼻から音をさせずに無理なく吸います。(息を吸う時は全部こうします。)
 おなかに両手の指先を軽くのせて、鼻から音をさせず、どこにも力をいれないで息を吐けるところまで吐きます。お腹を意識的にへこませないで、乗せた手の重みでへこませるかんじで吐きます。
 これを一回やります。

2 次に同じように鼻から吸います。指先を腹の上に置き、今度は口を開き、音をさせず力をいれないで吐けるところまで吐きます。これもおなかを手の重みでへこますかんじで吐きます。一回やります。

3 今度は脚を伸ばして、鼻から息を吸います。口から音をさせずに吐きますが、このとき足の裏の中心から息を吐き出すイメージでやります。
 これを1、2回やって下さい。
 次に、鼻から音をさせずに吐きますが、これも足の裏の中心から息を出すように吐きます。吐き終わったら、足の裏から空気を吸い頭まで満たすようなイメージで鼻から吸います。
 最後に足裏から息を出すイメージをしながら吐きますが、この時はハミング(口を閉じて「ンー」という)しながらやって下さい。
 これを一回やります。

 要点は
*最後のハミングの時以外、吸う息(鼻から)、吐く息ともに音をさせずにやります。

*吸う息・吐く息ともに音をさせないことに加え、力も入れないようにします。(思い切り吐ききるのを10とした時の8割位の力で)


 文章で書くと少しややこしいですが、覚えてしまうと簡単なので、ちょっとの時間でできます。音をさせないでやると、初めは深く吸ったり吐いたりが出来ないかもしれないですが、だんだん深く出来るようになります。
 最初はやり方の1、2だけでもやってみて下さい。続けることでその成果が感じられるようになるはずです。

 私はたまに山登りをするのですが、この呼吸法を続けることで、登るのがどんどん楽になりました。
 これを始めた去年も結構効果があったのですが、今年はさらに楽になっていて驚きました。(歩き方の工夫もありますが、ほとんど息が切れません)
 この呼吸法はほんとうに気楽に続けられて効果が実感できるものです。本当に死ぬまでの習慣にすることの出来る方法だと思いますので、是非ためしてみて下さい。

>>鼻呼吸
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ