07 26
2014

 夏にやっかいなことといえば、蚊がうっとうしいことがありますよね。
 クモやゲジゲジは人に悪さをしませんし(クモは益虫なので殺さないでください)、ゴキブリも人間が生理的にイヤ、と思っているだけで、清潔な現代ではそれほど害をもたらすことはないそうです。
 でも、蚊は人の血を吸い、少し吸うだけなら許せますが、不快なかゆみを与え、夜は安眠を妨げるという実害を与えてくれます。
 今回は、そんなやっかいものについてあれこれ書き、蚊に対するウサを少しだけ晴らしたいと思います。


 蚊はふだん植物の蜜や樹液、水で生きていますが、産卵の近いメスだけ卵を発育させるためにタンパク質を必要とするので。血を吸うそうです。
 以前「ホンマでっかTV」で、武田邦彦先生がこの蚊の習性を話して、殺してはかわいそうだから自由に血を吸わせて、あとは薬を塗っておく、と言っているのを見ました。

 私はそこまで出来ないと思いましたが、あまり殺さないようにはしています。(イライラしている時は衝動的に叩いてしまいますが)
 起きているときは追い払えるのでいいですけど、寝るときだと気になります。
 暗い中「ブーン」とあの眠れなくなる音がしたら、おもむろに明かりをつけて近くの部屋の壁を見まわしてみます。そうすると蚊はたいてい壁にジーッと止まっているので、枕元に用意してある、私の秘密兵器・水槽の魚をすくう用の網とうちわを取りだし、サッと捕獲します。(成功率70%はある)
 そして網と壁の間にうちわを差し込み、窓を開けて外に追い出します。この方法で不殺生と安眠の両方の目的を果たしています。


 ふだん寝るとき、蚊はそれほど現れないけど、次の日早く起きなければならない、というときに必ず出てくるのは何故なんでしょう?
 それほど私は不幸な星の下に生まれているのでしょうか?それとも気のせいでしょうか?

 まあこれは偶然だと思いたいですが、寝ているときの蚊のことでちょっと話してみたい話があります。
 それは「なぜ人の寝入りばなに現れ、刺そうとするのか」ということです。
 蚊も気付かれないで血が吸えるように人が眠ってしまってから刺せばいいのに、たいてい蚊の音がするのは眠る直前のウトウトしだすときだと皆さん思いませんか?
 私はこれが気になってネットで調べてみたのですが、このことに関する記述はありませんでした。
 前に西式健康法の西勝造さんの本に、人は眠ると体から毒素が出るので、蚊はそれを知っていて毒を吸わないように起きている人を狙う、ということが書いてあった気がします。(記憶が不確か)
 だから、寝室には毒素がたまるので毎朝換気しなければならない(これもあいまい)そうです。(西勝造全集を図書館で調べればわかりますが、どこに書いてあったか探すのが大変なので確認してません)
 と、あやふやな記憶で適当に書いてしまいましたが、蚊が眠る寸前に近づいてくるのは、こういった理由かもしれない、というお話でした。

 頼りのない話の後はちゃんと役立つことを書きます。

 蚊に刺されてかゆい場合、市販の薬を塗ると思いますが、そんなときはかゆい所に塩をすり込めば、かゆみがあっという間になくなります。
 人に話すと都市伝説みたいに思われる話ですが、祖母から聞いて若いときからやっている、虫刺されの薬の宣伝をしているマスコミが教えない鉄板の方法です。お試しあれ。


最後に、蚊はストレスのたまった人の血は吸わないそうなので、最近蚊に刺されなくなったと思ったらストレスがたまっている、ということかもしれないので注意が必要です。
 といった所で、夏の嫌われもの(自然の中では蚊の存在も何か役割を持っているはずですが)蚊の話を終わりにしたいと思います。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ