(今回はいつもと趣向を変えた夏の終わりの番外編です)


 夏になり蝉の鳴く声を聞くたびに思いだす、忘れられない体験が私にはあります。

 あれは私が気功を熱心にやっていた3年前の事です。
 当時はタントウコウという、ずっと立ったままでいる功法が気に入っていました。
 その年の夏はとても暑かったので、家から遠くない山へ一人行き、涼みながら1時間ほど自然の中で立つという事を行っていました。
 家から近い山の中といっても、じっと一人で立っているので、見られて変に怪しまれないように、人がほとんど来ないような場所を見つけては立っていました。

 林の中で蝉の鳴き声や川のせせらぎに耳を傾け、心静かに周りの風景と一体化して気を感じ、たまに現れるアブに逃げまわる事もありましたが、タントウコウは日常の生活から離れさせてくれるとても楽しいものでした。


 本場の中国では気功の流派は何千とあるみたいで、医療に使うものから健康法、瞑想や呼吸を主体にしたもの、呪術・心霊的なものまで幅広く色々な考え、やり方があります。
 書店で気功関係の棚を見ると様々な種類の本がありますが、健康のことを考えた真面目な本の他に、悪い気や霊を祓わないといけない、といった怪しげな本も多くあります。
 私は人をだまそうとするかんじのそういった本は全く読む気が起きません。また、心霊体験とかしたことはないので、私の行く山のあたりに古いお城の跡があったり、その近くの湖が怖いなんていう話を聞いても特に何も感じず、一人でその山の中にいても全然平気でした。

 ただ私の行うタントウコウは完全に自己流でした。そして、私は気功を行う時の注意事項もよく知りません。気功の最後に必ず行う気を体に収める、収功といった動作もやりませんので、本当はあまり良くないものだったかもしれません。
 そして、誰ひとり来ない山の中で半覚醒のような状態のまま1時間近く立ち続けるのは、完全に精神的に無防備であり、あまり良くないものを招きやすいという事もあったのかもしれません。


 その日も人目につかない場所で長いこと立っていました。そして、タントウコウを終えた後、あたりを少し散策しようと林の中から道路に戻ろうとした時に、人の歩く姿が見えました。
 その道路は遠くの集落に行く車がたまに通るくらいでほとんど人通りがないところですが、見た感じ60才くらいのその男性は、リュックを背負いハイキングの服装をして歩いていました。歩き方もなにか特徴的で、気配を消してスーっと足音もなく進むといった歩き方でした。
 「こんな所を歩いている人がいるなんて珍しいな」と思いましたが、私が道路についた時には姿は見えなくなっていたのであまり気にも止めず、その人が歩いて行った方向と逆のほうへ行き、山の風景を眺めながら散歩をしました。

 かれこれ1時間ほど歩いて、そろそろ帰ろうと車に向かう途中、さきほどの男の人を見かけた所からほど遠くない場所に、山を登っていくコンクリートの細い道があるのに気づきました。
「ここにこんな道があったかな」と思った私は、今考えても理由がはっきり分からないのですが、吸い込まれるようにその道を登り始めました。

 その道はどうやら林業の人たちが使うもののようで、道の両側はずっと藪のようになっていてかなり急でした。今は使っていないらしく、大きい木の枝などが落ちて荒れた感じがしました。 
 その道を息を切らしながら5分ほど登っていくと、それまでの藪が急に開けて、道の右側に林業の人が資材を置いておくための空き地のような場所があるのが見えました。
 空き地は何年も使ってない様子で、私の胸のあたりまである草が生い繁っています。
 
 その空き地を通りすぎようとした時、私からそれほど遠くない、5mくらい離れた視界の隅に何かの気配を感じました。
 ハッと驚き目をやると、草の高さ半分位のところにさっきの男性の顔が突然現れ、せつなそうな消え入るような表情でこちらを見つめているではありませんか!
 あまりに唐突で思いがけない出来事に、その瞬間、男性の顔がこっちに向かって飛びだしてきたかのように見えました! 私は何も言葉も発せられず、血の気が引き、全身が総毛立つのを感じました―――。



「おなかが痛くて。」その男の人は言いました。
 そのおじさん、なんと野グ○をしていたんです。
 私は間の悪い会釈をしてサッと振り返り、坂道をもと来た方へ急いで下りました・・・・


 このおバカなオチの話は実話です。怖い話を期待して読んだ人スミマセン。
 こんなあってほしくない偶然の出来事が起きることありますよね。
 例えば、その人だけは会いたくないって人に最悪のタイミングで会ってしまうみたいな。
 それが人気のない山の中の、さらに誰も行かない様な場所で起きたという話です。私もビックリしたけど「真夏の恐怖!」だったのはおじさんの方だったはずです。
 まさか誰も来ないだろうという場所で用を足していて(用をたすといっても5分くらいのことだろうからすごい偶然のはちあわせです)、誰かが来るという恐怖はかなりのものだったはずです。私が現れた時にはまさにチビる思いだったでしょう。
 まあ、おじさんはチビっても大丈夫な体勢なんですが。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ