現代はあらゆる食品に添加物が使われているので、私たちが普通に生活していれば、それらを知らないうちにたくさん口にしてしまいます。
 例えば、コンビニの弁当やファーストフードのハンバーガーなどには何十種類も使われていますし、お菓子から摂る量も多いそうです。

 私たちの体はすべて食べた物からできています。だから食べる物にはなるべく気を使いたいです。
 そのために食品添加物に関して知っておくことは大切だと思います。

 添加物は国の機関によって安全性に問題は無い、とされていますが、発ガン性が認められているものや毒性の強いもの、外国で禁止されているものも使われています。
 また、規制が厳しく、使用量が微量とも言われますが、これだけあらゆる物に入っていて毎日食べ続ければ、体に蓄積されダメージを与える可能性はあると思います。健康な人には大丈夫でも、子どもや病人には影響があることも考えられます。


 
 ここから特に避けた方がいい添加物、食品を挙げていきたいと思います。

*OPP・TBZ・イマザリル(防カビ剤)―スーパーの輸入レモン・グレープフルーツ・オレンジの棚にはこの3つを使用しているというカードが置いてありますが、OPP・イマザリルには発ガン性、TBZには催奇形性がありますので特に注意が必要です。これらは果肉にも浸透するそうです。

*着色料―原材料表示に○色△号と書いてある石油から作られる合成着色料は避けた方がいいです。
 特に赤色2号・102号、黄色4号などはよくお菓子や漬物などに使われますが、発ガン性が疑われています。他のものも海外で禁止されているものが多いです。
カラメル色素もさまざまな食品に使われていますが、これも発がん性が指摘されています。

*亜硝酸Na(ナトリウム)(発色剤)―ハム、ウィンナー、ベーコン、たらこなどの色を保つために使われる。亜硝酸Naは毒性が強く、また肉や魚、魚卵に含まれるアミンという物質と反応してニトロソアミンという発ガン物質に変化します。

*甘味料―アスパルテームはお菓子やジュースによく使われる。脳腫瘍や白血病、リンパ腫を起こす可能性が指摘されている。 サッカリン(Na)も発ガン性が高いとされています。
 そのほかアセスルファムK、スクラロースなども安全性が疑問視されています。カロリーが少ないとされる製品にこれらの合成甘味料が使われているので気を付けてください。

*保存料―安息香酸Naは栄養ドリンクや清涼飲料水に入っている。添加量は微量だが毒性が強く心配な面もある。また安息香酸NaはビタミンCと化学反応を起こして白血病の原因となるベンゼンに変化することがあります。
 ソルビン酸Kが入っているものもあまり摂らない方がいいと思います。


 また、発ガン性が認めらるものとして、BHA(酸化防止剤)、疑いのあるものとしてBHT(酸化防止剤)、二酸化チタン(着色料)などがあります。他にも危険性の高いと言われる物はいろいろあるので、素人の私たちはよく分からない名前のものは避けた方が良いと思います。

 とにかく、添加物の少ない食生活をするための基本は、なんといっても原材料表示を見ることです。そして、なるべく添加物が使われてないもの、少ないものを選びましょう。

 こういったことは学校やマスメディアでは教えてくれないので自分で学ぶ必要があります。
 本もいろいろ出ていて、どれも勉強になりますが、今回の記事で参考にさせてもらったのは、「コンビニの買ってはいけない商品 買ってもいい商品」(渡辺雄二著 だいわ文庫)です。
 この本はコンビニで買えるものというくくりになっていますが、添加物や避けた方がいい食品について詳しく書いてある他に、手に入りやすく普通の値段の安全な食品も教えてくれています。


 私が添加物を少なくすることを勧めたいのは、やはりそうした方が味が違うし、おいしく健康な食生活を送れるのを実感できるからです。
 添加物の多く入ったものを食べると気持ちが悪くなったり、後味が悪く口直しに何か食べたくなったりする事がありますが、添加物を摂らないようにしているとそういった事とは無縁でいられます。

 よく何か特別なものを取れば健康になれると考えがちですが、添加物を減らすことの方が手軽で確実に体の調子を良くしてくれる方法だと思います。
 添加物の少ない食生活の方法を覚えれば、これは一生の財産になります。いっぺんにやろうとすると大変なので、地道に知識を増やすようにすればやりやすいです。
 人の体を作る物質は、数ヶ月するとかなりの部分が入れ替わるそうなので、添加物を少なくする生活を続ければ、ある意味自らの体を作り直すことが出来るといってもいいでしょう。
 興味を持たれた方は試してみて自分の体調がどうなるか確かめてみてください。

 食事中に水分はあまりたくさん摂らないで、コップ一杯くらいにした方が良いそうです。

 その理由は

*水分をたくさん摂ると消化に必要な胃酸が薄まり、食
 べ物を消化しにくくする。
 さらに胃酸が薄まると食べるのに含まれる悪い菌が殺
 せなくなり、食中毒などになりやすくなる。

*水分で食べ物を流し込むように食べると、噛まないで
 食べることになり消化に悪い。
 
*噛まないと消化酵素などの良い成分を持つ唾液があま
 り出なくなる。そして、満腹感を得にくくなり食べ過
 ぎにつながる。

*味付けの濃いものも水分を飲むことで食べられるよう
 になり、塩分の取りすぎにつながる。

 味噌汁やスープなどの塩分のあるものは水分に含まれません。
 人の体に水分は必要なので食事以外の時間に十分に摂り、食事の前後30分は水分を控えた方がいいということです。


 吐いたことがある人は分かると思いますが、胃酸って本当に強烈ですよね。あの強烈さを水で薄めなければ、消化に役立つだろう、ということは想像がつきやすいと思います。
 
 こうして食事中の水分摂取を控えることで、よく噛むことや、減塩にもつながれば一石何鳥になります。



 私は水をガブガブ飲みながら食べる方でした。
 したがって、このことをもっと早く知ってれば良かった、と損した気分になりましたが、後悔先に立たずなので、すぐに水分を減らすようにしました。
 今までの習慣を変えることでの困難はあまり感じませんでした。
 

 これを行って消化が良くなった実感はあまりなかったですが、一つ驚いたことがありました。
 それは便の色が変わったことです。
 それまでは、色が緑のことが多かったけれど(緑も悪い色ではないようですが)、水を摂りすぎないようにすると、それまでほとんど出なかった、黄色のもの(一番良い色とされる)が出るようになりました。
 これは消化が良くなった証拠なのか、それとも胃液の色と関係あったのか?今でも疑問に思っています。
 


 おいしく安全な食生活のためには、食品添加物をなるべく摂らない方が良いと、以前「無努力食生活4 食品添加物について」の記事で書きました。

 添加物の少ない食生活を続けると、食品に入っている添加物や化学調味料に敏感になります。
 私は化学調味料に顕著に反応するようになり、外食でラーメンや中華を食べると調子が悪くなって、ひどいときには動悸がしたりします。

 そして、もう一つ反応するようになったものに歯みがき粉があります。
 もともと歯は何もつけないで磨く方だったので、ほんのたまに使う程度でした。しかし、最近は歯みがき粉を使うと、ミントのさっぱり感とは違う、舌がビリビリする感じが際立つようになりました。
 あまりに気持ちが悪いので、それまで使っていた一般的な歯みがき粉は止めて、せっけん歯みがき粉に変えました。そうすると、使用後の口の中の違和感はなく安心して磨けるようになりました。(そのせっけん歯みがき粉もたまに使う程度ですが)


 口の中がしびれてマヒするほどに感じる歯みがき粉を毎日、場合によっては一日何度も使えば、舌の感覚も悪くなってしまうのではないでしょうか。
 世の中には添加物の入った食品が多く、それらを気にせずおいしいと食べる人も多いです。私は、そういった人が添加物の味に気づかない一因に、化学物質を多量に含んだ歯みがき粉を使い、味覚がマヒしてしまっている、ということもあるように思います。


 スーパーなどで売られている歯みがき粉には、たいていラウリル硫酸ナトリウムという泡立ちを良くするための合成界面活性剤が使われています。
 ラウリル硫酸ナトリウムはシャンプーに使われてもいますが、これは業務用の床クリーニングにも使われる強力な界面活性剤です。口内に強い刺激を与えるため、舌の表面の味らい細胞を壊して味覚を低下させるそうです。
 口内の粘膜は皮膚と較べて、約10倍も有害物質を吸収しやすくなっています。
 口内から入ったラウリル硫酸ナトリウムは、血液とともに体中に運ばれ、目や肝臓、子宮等に蓄積して白内障や婦人病などの遠因になっているとも言われています。
 ドイツでは人体に有害として使用禁止、アメリカでは6才未満の子どもの使用を、脳への悪影響がある、と禁止しています。


 これだけでも怖くなりますが、歯みがき粉には他にも危険な成分として、保湿剤のプロピレングリコール、ポリエチレングリコール、甘味料のサッカリンナトリウム、防腐剤のパラベン、さらにフッ素が使用されています。
 これらは市販の歯みがき粉でよく使われていますが、発がん性が疑われるものです。
 フッ素は虫歯の予防のためになる、とよいイメージがあるかもしれませんが、発がん性のほかに、免疫機能や神経にダメージを与える、アルツハイマーの原因になる、などと指摘する人もいて、安全性を疑われている物質です。
 

 歯みがき粉の一回の適切な使用量はマッチの先くらいと言われていますが、実際はもっと使う人が多いでしょう。
 有害物質が入っているといってすぐ病気になることはないと思いますが、長年使うことのリスクは十分あると考えられます。 
 さらに歯みがき粉使用のデメリットとして、口内炎、アレルギーを起こしやすくなる、研磨剤の影響で歯が削れてしまう、エナメル質が傷つき虫歯になりやすくなる、磨き残しが多くなる、などがあります。


 歯みがき粉が味覚を壊している、という私の推測から、歯みがき粉の恐ろしさの話まで書きましたが、歯科医も何もつけないで磨くことを勧める場合が多いですし、危険性があるものをわざわざ使う必要もないと思います。
(歯を削る事で歯を白くする効果はあるみたいなので、使いたい人は何もつけないで磨いた後の仕上げに、ほんの少し使って前歯を磨くと良いそうです)
 歯の健康のためには、マメな歯みがきは必要ですので、歯みがき粉を使う場合は量、回数を減らすか、石けん歯みがき粉に変えることを勧めます。
 そして、基本は何もつけずにしっかり磨いた方が良い、ということではないでしょうか。

 私たちの腸の中には約百兆個もの腸内細菌が存在します。その種類は数百種類以上、重さにすると1キロはあるということです。
 腸内細菌の働きは多岐にわたり、人が生きる上で欠かせないものになっています。
 

 腸内細菌は私たちの生活習慣や何を食べるかによって、その状態が良くなったり悪くなったりと変化します。
 腸内細菌の状態が悪いと便通異常、生活習慣病、アレルギー、うつなどの精神疾患等のさまざまな病気になりやすくなると言われています。
 その働きはまだよく分かっていないことも多く、最近では自閉症と腸内細菌の関係の研究が進められるなど、まだまだ新しい発見がありうる分野です。
 腸内細菌と健康の関係は、長寿者や病気の人などの腸内細菌の比較によっていろいろなことが分かってきています。また腸内細菌の状態を良くする方法も研究されてきています。
 腸内細菌を良く保つことは、健康な人生を送るためのカギになると言えるでしょう。
 今回は、そんな私たちの人生のパートナーであり、運命を握っているともいえる腸内細菌の働きと活性化について書いていきます。



  腸内細菌の働き

*病原菌を排除する
腸内を弱酸性に保ち病原菌の増殖を防ぎます

*消化を助ける
腸内で消化できない繊維物質を分解したり、タンパク質や糖質を分解して消化、吸収を助けます。また腸を刺激してぜん動を活性化します

*ビタミン・ホルモンの合成
ステロイドホルモンやビタミンB群、葉酸、ビタミンKなどを合成します。タンパク質や腸内酵素も作ります

*免疫力を上げる
人の免疫システムの70パーセントが集中する腸の免疫の仕組みを刺激してその働きを高めます。腸内細菌を良い状態にすることにより、ガンを攻撃することで知られるNK細胞を含む免疫細胞は活性化すると言われています

*セロトニン、ドーパミンの元になる物質を脳に送る
セロトニンやドーパミンは、人の幸福感と関係する脳の神経伝達物質です。
 ドーパミンは意欲や喜び、快感などを感じさせるのに必要な脳内物質です。
 セロトニンは感情や自律神経のコントロールに欠かせない物質で、セロトニンの不足はうつ病の原因とも言われています。またセロトニンが日中よく作られると、夜間に睡眠をもたらし、細胞の修復を行うホルモンであるメラトニンが分泌されるようにもなります。
 セロトニンは肉、魚、豆類、卵、バナナなどに含まれるトリプトファン、ドーパミンも肉類などに含まれるフェルアラニンという必須アミノ酸から作られますが、これらの食品をたくさん摂取しても、腸内細菌が作り出す葉酸やビタミンB6などがないとうまく合成されないそうです。
 さらにセロトニン、ドーパミンの元になる物質も、腸内細菌の働きが強くないと、脳に送られることが出来ないそうです。


 腸内には善玉菌、日和見(ひよりみ)菌、悪玉菌と呼ばれる3つのタイプの腸内細菌が存在します。
 ビフィズス菌などの善玉菌が優勢な状態にあると、上記の腸内細菌の働きは強化され、若さや健康の維持に役立ちます。
 逆に大腸菌などの悪玉菌が多いと、腸内のタンパク質を腐敗させてさまざまな有害物質を作り出し、下痢や便秘、肌荒れ、アレルギー、生活習慣病や高血圧、高脂血症、老化の原因になります。また発ガンにも関係すると言われています。
 大腸菌はビタミンの合成や感染症の防御などに役立つ面もありますが、その数が増えると体に害を及ぼすようになります。

 悪玉菌を増加させる原因としては加齢、繊維質のない肉などの動物性タンパク質の食べ過ぎ、過剰なストレス、体の冷え、食品添加物や抗生物質などの薬の飲みすぎが挙げられます。
 これらのことに注意して善玉菌を増やすためには、発酵食品や食物繊維、オリゴ糖などを摂ることが大事です。
 日和見菌と呼ばれる菌は腸内細菌の大多数を占めるものです。これは悪玉菌が少ない環境だと大人しい存在ですが、悪玉菌が繁殖すると、それとともに同調して悪い働きをする特徴があります。



 最後に、セロトニンと腸内細菌の関係はとても興味深いので、もう少し触れてみたいと思います。
 近年の日本人のうつ病者数と自殺者の増加は、経済状況などの社会的要因によるところも大きいでしょうが、セロトニンの不足という問題も関係しているのではないか、と指摘されています。
 セロトニンは、脳内でストレスによる過度の緊張や興奮を抑えて、精神を安定させる働きをします。しかし、先ほど述べたように腸内細菌の働きがしっかりしていないと、腸で合成されず脳にも送られません。
 腸内細菌の状態を良くするためには食物繊維の摂取が大切ですが、日本人の一日の摂取量は肉食や加工食品の摂取増加とともに年々減り続け、極端に少なくなってきています。
 そのためにセロトニンの作られる量が少なくなり、うつ病などの増加につながっているのでは、と言われています。

 このことをメキシコと比較したとても興味深い話があります。
 メキシコは日本ほど経済的に恵まれた国ではなく、長年治安の悪さや貧困の問題を抱えていますが、そのメキシコは約半世紀の間、自殺率が世界最低という記録を持っているそうです。
 その原因の一つに、豆類などを多く食べるメキシコの人の食物繊維摂取量があるのではないか、と考えられています。食物繊維摂取量が日本人の3倍もあるメキシコ人の腸内環境は素晴らということです。(繊維が多いと排便量も多くなり、有害物質をよく排出してくれます)
 そのため、セロトニンも脳内にたくさん分泌され、陽気な国民性と逆境に負けない心が作り出されているのかもしれません。


 腸内環境の悪い人の腸に、善玉菌の多い健康な人の便を直接入れて、善玉菌を増やすなんていう施術も海外ではあるみたいですが、腸内細菌を増やす基本は何と言っても食べ物ですので、次回は、何を食べると腸内細菌が喜ぶか、について書いてみたいと思います。


前回からの続き)

腸内細菌の状態を悪くする原因は

・加齢―年をとるとともに善玉菌は減っていきます

・肉類の食べ過ぎー悪玉菌を顕著に増加させます

・過度のストレスー便通異常となって現れやすいです 

・冷えー体を冷やさないことが大切。あと冷たいものの取りすぎにも注意が必要です

・食品添加物、薬の摂取ー防腐剤や抗生物質は腸内を悪玉菌優位にします

・運動不足ー体を動かさないと便秘になりやすくなります


 腸内を善玉菌優位に保つためには、これらのことに気を付けるのが大事ですが、特に何を食べるかが一番重要になると思います。
 腸内環境を良くするためには、食物繊維を含む植物性食品と発酵食品を積極的に摂ると善玉菌が増え、健康を保つのに役立ちます。
 このことは日本の長寿者や世界の長寿地域と呼ばれる所の食事内容から分かったことで、食物繊維、発酵食品の摂取量と健康、長寿には明らかな相関関係があるそうです。
 こういった食事をするのは特に難しくはなく、ただ私たちの伝統食、和食を食べるようにすれば良いというだけのことです。
 季節ごとに採れる野菜や大豆製品、そして醤油、味噌、酢、漬物などの発酵食品を中心とした和食は、まさに善玉菌を育てるためにあるといっていい長生きのための食事です。
 実際に和食の素晴らしさは、平均寿命が世界のトップクラスという結果になって現れていますが、日本人の繊維摂取量も激減してきている状況を考えると、この先も長寿を保っていけるのかは疑問に思えるところもあります。 
 そのヘルシーさで世界に注目されつつある和食が、本家の日本でももっと見直されるようになればいいなと思います。

 
 食物繊維には、水に溶けない不溶性のものと、水に溶ける水溶性のものがあります。
 不溶性繊維は野菜、果物、豆類、ナッツなど植物性食品全般に含まれ、食べると腸内で便のかさを増す役割をして便通を促し、腸内の腐敗物質を排出してくれるのを助けます。
 植物性食品は、体に必要なビタミン、ミネラル、酵素、ファイトケミカル(老化やガンの予防になる物質)などが豊富に含まれ、私たちの健康を支えてくれるものですから、なるべく肉などの動物性のものよりも植物性のものを食事に取り入れた方が良いと思います。
 動物性の食品も栄養価は高いですが、摂りすぎると脂質やコレステロールも多いですし、繊維質が含まれないので便秘の原因にもなり、また腸内で腐敗しやすく悪玉菌を増やします。

 腸内の状態を調べる方法は、排便習慣(一日に一度はあるか)や便の形状(色、形状、におい)で判断しますが、過度の肉食をするとてきめんに便のにおいとなって現れます。
 悪臭は腸内で腐敗が起きて有害物質が発生しているサインです。腸内環境の良い人の便はあまりにおわないものなので、なるべく野菜を食べてにおいを少なくするようにするのは、腸の健康状態を計る目安にもなります。
 タンパク質を摂取するのには豆腐、納豆などの大豆製品が肉類摂取のデメリットもなくお勧めです。
 
 大豆はガン予防の効果が高いといわれる食品です。
 タンパク質を多く含むほか、食物繊維、ビタミンE、カルシウム、マグネシウムなど豊富な栄養素を含みます。また脳内で感情を安定させる働きをするセロトニンの材料となるトリプトファンも多く含まれます。
 納豆、豆腐などの健康効果は誰しも知るところだと思います。これらは世界に誇れる日本の伝統食でしょう。
 しかし、米とともに日本の大事な食文化である大豆は、そのほとんどが輸入されていて、遺伝子組み換え大豆の量も多く、私たちとしてはなるべく避けたいところです。
 我々消費者も安全性の高い国産のものを買い支えて、少しでも日本の食文化を守る気持ちを持つのも必要と思います。


 話が食物繊維から少し離れてしまいましたが、水溶性の食物繊維は腸内で栄養素の吸収を穏やかにさせ、血糖値の急激な上昇、コレステロールの吸収を抑える働きが期待出来ます。果物や海藻、寒天、こんにゃくなどに含まれています。
 特にワカメ、コンブ、海苔などの海藻はカロリーも低く、食物繊維の他に、日本人に不足しているミネラルやビタミンも多く含みコレステロールや血圧を下げ、免疫力も高めてくれる日本人の健康を支えてきた素晴らしい健康食品です。
 水溶性食物繊維は善玉菌の餌となって、その数を増やす働きがあると言われています。

(次回に続きます)

プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ