私の自発動中には宇宙語が出てきたり、背中、口、、目、などいろいろな所が動きます。
 自発動の動きは不随意なものですが、私はこの動きをいつ起こして止めるかコントロールできます。なので、人前やコンサートなどで急に出てきて困る、ということはありません。


 チックという症状がありますが、チックの場合には抑えようとしても不随意の動きが勝手に起きてしまうそうです。
 その症状はまばたき、口を歪める、鼻ならし、首振り、飛び跳ね、奇声や場所にふさわしくない言葉を言うなどで、これらは私の自発動中に起きることと似たもののようにも思えます。
 自分の過去を振り返ると、さまざまな精神的な不調はありましたが、チックで困った記憶はありません。しかし、いつも落ち着きのない多動な所はあったので、それはチックと同質のものだったかもしれません。


 「無くて七癖」と言われる癖とチックの境界は結構あいまいに思えます。
 癖は周りの人が気にしないもの、チックは周りから見て奇異に感じられるもの、という見た目の差という気もしないでもありません。
 チックの原因ははっきりしていないようですが、どちらかといえば内向的で怒りなどの感情を抑圧しがちな人に起きることが多いそうです。
 そして、チックの症状は、そういった抑圧されてうっ屈した感情のマグマのようなエネルギーが、いっぱいになった時に起きる小爆発のようなものだという専門医の見解をネットで見ました。(精神科医熊木徹夫が語る「治療のキモ」)
 その先生によると、そうやって起きると考えられるチックはフラストレーション解消の代償法なので、これを無理やり止めようとするとかえって悪化してしまう、ということでした。
 
 私も感情の抑圧が強い人間だったので、上記の説明そのままに当てはまっているといってもよく、私の自発動は溜め込まれた感情から起きているものかもしれません。
 たぶん、むかし抑えられた感情が歪みとなって体に固定され、それが解放される過程で自発動となっているのだとも考えられます。
 また、長期にわたって多種類の症状が起きていると、チックが重症化した症状としてトゥレット症候群という名前で呼ばれるそうです。自分としては、これにもあてはまってる所があるようにも思えます。
 抑圧された感情・ストレスがあり、それを解き放とうと小噴火のごとく現れる(チック症状)。そして、さらに抑圧が強まると次から次へといろんな所から現れ続ける(トゥレット症候群。私の自発動もこれ?)ということでしょうか。
 
 私は結果的に抑圧が酷くて、起き上がれないほどのパニック障害になってしまったので、かなり重症だったと思います。
 でも、それだけ強かったと思われる未開放のマグマ・歪みも、自発動を行っていくうちに長い時間を要していますが、少なくなってきていて、それほど遠くないうちに首いたずらなどの動きもあまり出なくなるのではという気もします。


 現在チックに悩んでいる人は、脳の器質的のものなど、その原因もいろいろあると思いますが、その多くはストレスを溜めるところからやはり来ているのではないでしょうか。
 子どもに起きることも多いようですが、その場合は親子関係、親が子どもに対して、いい子にしようと抑圧的な子育てをしてないか自省してみる必要があるかもしれません。
 薬も重症者には必要でしょうが、結局は対処療法ですので完治させるのは難しいみたいです。やはりストレスの問題を解決するのが大切でしょう。しかし、いろいろやっても良くならず、症状に悩んでいる人も多いと思います。



 ここから書くことは私の考えなので、そのつもりで読んでください。しかし、少しでもチックに悩んでいる人の参考になればと思っています。

 チックの症状は先ほどの専門医の先生の話のように、フラストレーション解放のためにやむにやまれず現れるものでしょう。
 これを抑えると良くないというのは、よく言われていることですし、理解してもらえると思います。
 チックが起きるとやはり人目を気にしたり、意味のない行為に思えるので、症状を抑えたい気持ちを持ってしまうところがあるはずです。
 でも、チックと同質な自発動を続けてきた経験から言うと、症状はそれを全うさせて体が十分納得するまでやる必要があります。
 東洋医学に「症状即療法」という考えがあるのですが、これは発熱や下痢、炎症、発疹などのどんな症状も、体が自らを治そうとして起こすものだ、という考えで、チックもこれに当てはまるのではないでしょうか。
 チックの動きによって体は内側に抑圧したストレスを解放し、歪みによる神経のもつれのようなものを調整していると思います。
 チックの動きを人前でやってしまうのが嫌なのは分かりますが、一人でいるときには起きる動きに対して後ろめたい気持ちを持たずに、体の動きのままにさせることを勧めます。
 気兼ねなく安心してチックを出せる時間を持てば、徐々に症状が減ることが期待できるはずです。


 仕事などやらないといけないことの途中でチックが出ては困ります。
 しかし、チックは自らの体よりも、やらなくてはならないと考える物事を優先しすぎた結果現れたとも考えられます。
 本当に大切にすべきなのは、まず自分の体や気持ちではないでしょうか。

 また、現代社会の中では、働くにせよ、遊ぶにせよ、人間の頭が作り上げたシステムに沿った物事を行うのがほとんどです。でも、そういったこととは関係ない、自然に触れる、軽い運動をする、ボーっとリラックスするなどの、頭ではなく体の喜ぶ時間を持つことも必要だと思います。
 そして、その時間にすこし自らのチックを解放してみてはいかがでしょうか。
 自発動もチックに対して効果があると思いますので、興味を持たれた方はお試し下さい。

 と、ここまで述べてきましたが、チックで困ってる人も、怪しいブログと眉唾で読まれたかもしれません。
 そして、本当に何をやってもダメだった人だけが少し関心を持ってくれるかなと思っています。
 私としてはチックと自発動の関係は近いと感じているので、今回の記事にある程度自信はあるのですが・・・。

プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ