(今回はいつもと趣向を変えた夏の終わりの番外編です)


 夏になり蝉の鳴く声を聞くたびに思いだす、忘れられない体験が私にはあります。

 あれは私が気功を熱心にやっていた3年前の事です。
 当時はタントウコウという、ずっと立ったままでいる功法が気に入っていました。
 その年の夏はとても暑かったので、家から遠くない山へ一人行き、涼みながら1時間ほど自然の中で立つという事を行っていました。
 家から近い山の中といっても、じっと一人で立っているので、見られて変に怪しまれないように、人がほとんど来ないような場所を見つけては立っていました。

 林の中で蝉の鳴き声や川のせせらぎに耳を傾け、心静かに周りの風景と一体化して気を感じ、たまに現れるアブに逃げまわる事もありましたが、タントウコウは日常の生活から離れさせてくれるとても楽しいものでした。


 本場の中国では気功の流派は何千とあるみたいで、医療に使うものから健康法、瞑想や呼吸を主体にしたもの、呪術・心霊的なものまで幅広く色々な考え、やり方があります。
 書店で気功関係の棚を見ると様々な種類の本がありますが、健康のことを考えた真面目な本の他に、悪い気や霊を祓わないといけない、といった怪しげな本も多くあります。
 私は人をだまそうとするかんじのそういった本は全く読む気が起きません。また、心霊体験とかしたことはないので、私の行く山のあたりに古いお城の跡があったり、その近くの湖が怖いなんていう話を聞いても特に何も感じず、一人でその山の中にいても全然平気でした。

 ただ私の行うタントウコウは完全に自己流でした。そして、私は気功を行う時の注意事項もよく知りません。気功の最後に必ず行う気を体に収める、収功といった動作もやりませんので、本当はあまり良くないものだったかもしれません。
 そして、誰ひとり来ない山の中で半覚醒のような状態のまま1時間近く立ち続けるのは、完全に精神的に無防備であり、あまり良くないものを招きやすいという事もあったのかもしれません。


 その日も人目につかない場所で長いこと立っていました。そして、タントウコウを終えた後、あたりを少し散策しようと林の中から道路に戻ろうとした時に、人の歩く姿が見えました。
 その道路は遠くの集落に行く車がたまに通るくらいでほとんど人通りがないところですが、見た感じ60才くらいのその男性は、リュックを背負いハイキングの服装をして歩いていました。歩き方もなにか特徴的で、気配を消してスーっと足音もなく進むといった歩き方でした。
 「こんな所を歩いている人がいるなんて珍しいな」と思いましたが、私が道路についた時には姿は見えなくなっていたのであまり気にも止めず、その人が歩いて行った方向と逆のほうへ行き、山の風景を眺めながら散歩をしました。

 かれこれ1時間ほど歩いて、そろそろ帰ろうと車に向かう途中、さきほどの男の人を見かけた所からほど遠くない場所に、山を登っていくコンクリートの細い道があるのに気づきました。
「ここにこんな道があったかな」と思った私は、今考えても理由がはっきり分からないのですが、吸い込まれるようにその道を登り始めました。

 その道はどうやら林業の人たちが使うもののようで、道の両側はずっと藪のようになっていてかなり急でした。今は使っていないらしく、大きい木の枝などが落ちて荒れた感じがしました。 
 その道を息を切らしながら5分ほど登っていくと、それまでの藪が急に開けて、道の右側に林業の人が資材を置いておくための空き地のような場所があるのが見えました。
 空き地は何年も使ってない様子で、私の胸のあたりまである草が生い繁っています。
 
 その空き地を通りすぎようとした時、私からそれほど遠くない、5mくらい離れた視界の隅に何かの気配を感じました。
 ハッと驚き目をやると、草の高さ半分位のところにさっきの男性の顔が突然現れ、せつなそうな消え入るような表情でこちらを見つめているではありませんか!
 あまりに唐突で思いがけない出来事に、その瞬間、男性の顔がこっちに向かって飛びだしてきたかのように見えました! 私は何も言葉も発せられず、血の気が引き、全身が総毛立つのを感じました―――。



「おなかが痛くて。」その男の人は言いました。
 そのおじさん、なんと野グ○をしていたんです。
 私は間の悪い会釈をしてサッと振り返り、坂道をもと来た方へ急いで下りました・・・・


 このおバカなオチの話は実話です。怖い話を期待して読んだ人スミマセン。
 こんなあってほしくない偶然の出来事が起きることありますよね。
 例えば、その人だけは会いたくないって人に最悪のタイミングで会ってしまうみたいな。
 それが人気のない山の中の、さらに誰も行かない様な場所で起きたという話です。私もビックリしたけど「真夏の恐怖!」だったのはおじさんの方だったはずです。
 まさか誰も来ないだろうという場所で用を足していて(用をたすといっても5分くらいのことだろうからすごい偶然のはちあわせです)、誰かが来るという恐怖はかなりのものだったはずです。私が現れた時にはまさにチビる思いだったでしょう。
 まあ、おじさんはチビっても大丈夫な体勢なんですが。

誰にもあまり人に知られたくない変わった楽しみってありますよね。
私のちょっと変わった楽しみ―――それは眉毛を抜くことです。

昔は本を読みながら眉毛を抜く癖があって、眉毛がメチャクチャ薄くなるほど抜いてしまってあせったこともありましたが、今は眉毛の中にある極端に長く伸びたものを指で探して抜くのが楽しみになっています。
私の眉毛は太くて全体的に長いので切りそろえればいいのでしょうが、この楽しみのために切ったりはしません。

長い眉毛を抜くためには3ヶ月くらい成長させる必要があります。そして、そろそろかなと思う頃に眉毛を探ると「おっ―――!!」と思わず声を出してしまうものが必ずあります。
その一本を指先でつまみ、他の毛は抜かないように(ここは大切)一気に引き抜きます。そうすると弓なりにカーブした、真ん中の部分が少し太い、ツヤツヤした逸品が目の前に現れます。長いものだと2cmくらいの眉毛がとれます。これくらいのものをゲットするとなかなかの感動があります。

さらに私の楽しみはそこで終わりません。
その一本を左手(何故か左手でないとダメ)の人差し指の先にのせて、親指でそれをはさんでクルクルと転がすのがなんともいえないんです。うまい具合にころがすにはコツがいりますが、クルクルっと回る太くて長い眉毛の微妙な感触・・・(´Д`)
なぜか分からないけどヨダレがでてきそうになります。

この快感、誰か分かってくれる人いるがいればいいですが・・。
そして、不思議なことにこの楽しみは抜きたての眉毛でないと味わえません。次の日にその眉毛をクルクルしてみても、眉毛の鮮度(?)が落ちているのかあまり感激がありません。
本当はいつやっても楽しい方がいいけど、眉毛が長くなるまでの間かなり待たされるからこその嬉しさもあるのでしょう。
今、眉毛をチェックしてみたら長いのは無さそうなので、次の機会は1カ月後くらいになりそうです。

眉毛が長くなるのは老化によるものみたいです。
しかし、人相学では眉毛の中の1、2本特別長く伸びた毛を「彩」と呼び、これは吉を招く相である、とヤフー知恵袋を見ていたら出ていました。
ということは、俺の眉毛はラッキーアイテムかっーー!!、と一瞬思いましたが、長い毛は1、2本ではないので結局は老化ですね^_^;

 今回は燃費を向上させる運転の仕方について書こうと思います。
 これは健康法とはあまり関係ない話ですが、ガソリン代を節約できれば他のことにお金が使え、気持ちに余裕がでて健康につながる、なんてこともあるかもしれません。
 また、燃費運転するためには、前の状況をよく見る必要があるので、安全運転にもなりいいことずくめです。

 私が今乗っている車は、平成10年のホンダのアコードワゴンです。この車はもともと燃費の良くない部類に入る車だと思います。そして、もう12万kmほど走っているので性能も落ちているはずです。
 ネットでアコードワゴンの燃費を調べると、良くて1リットル8~10kmほど、平均で6kmくらいということが多いようですが、私はかなり前に燃費運転を始めてから1リットルあたり10後半から12km半ばくらいで走らせてきました。
 この差はかなり大きくて、例えば燃費が1リットルあたり7kmだと、1万km走る場合1428.5リットルのガソリンが必要になります。そして、ガソリン価格が140円だとして計算すると約20万円ほどかかります。 
 一方、1リットルあたり11kmで走ったとすると909リットルのガソリンが必要になり、これに140円をかけると12万7260円となります。
 1万kmあたりで燃費が7kmと11kmでは7万3千円もの差がでます。この差はガソリン価格が上がるほど比例して大きくなります。車を運転する人の一生のトータルで考えればもう一台車が買えるくらいの違いになるでしょう。
 また、最近のエコカーはかなり燃費がいいですが、そういった車に乗っていても燃費運転を知っているのと知らないのではかなりの差がでると思います。

 
 それでは前置きこれくらいにして、本題の燃費運転のやり方を説明したいと思います。
 
 私がふだん燃費運転で心がけていることは

 1・ブレーキをなるべくかけない
 2・車間距離を広くとる
 3・車を止めないようにする
 4・停車時はギアをニュートラルにしておく
 5・下り坂ではアクセルを踏まない の5点です。

 最初の「ブレーキをなるべくかけない」は燃費運転の基本になることです。
 車はアクセルを踏んでガソリンを燃やして走らせますが、ブレーキをかけるとせっかくガソリンを燃やして得た進む力を殺してしまうことになります。これはガソリンを捨てているのと同じことだと言えなくもありません。
 ですから燃費運転のためには、アクセルを踏んで速度を上げたら、その速度を使いきって走ることを心がけることが必要です。速度を落とすときはアクセルを離すようにして、なるべくブレーキ使わないですむようにします。
 赤信号で止まるときも、早めにアクセルを離して徐々に速度をゆるめて止まってください。(信号が青の場合もあとどれくらいで赤に変わるか、歩行者用信号などを見て予測しておくのがいいと思います)
前方にカーブがあるときはあらかじめエンジンブレーキで速度を落として、やはりブレーキを使うことが少なくすむようにします。
 また、急発進や急停止は燃費に良くないと言われます。急停止はブレーキをかけてしまうことなので燃費には確かに良くありません。しかし、急発進の方は(あくまで適度なものですが)、上げたスピードをブレーキで落とさなければガソリンの無駄にはそれほどなりません。発進時はある程度早めにスピードを上げてしまった方が、ゆっくり発進するよりも燃費的には良いそうです。
 とにかく、運転中はいつも前をよく見て、赤信号や混雑、カーブに気づいたらすぐにアクセルを離せるようになるのが燃費運転のコツです。そして、ブレーキをかけるのが、ガソリンの無駄につながることを知ってもらえたらと思います。

 2つめの「車間距離を広くとる」は、最初の「ブレーキをかけない」とつながることです。
 車間距離が狭いとどうしてもブレーキをかける機会が多くなります。前の車がスピードを緩めたり、止まったりしても、車間距離が広ければエンジンブレーキでまず減速して対応できるので、ブレーキをかけることによるガソリンのロスが少なくすみます。

 3つめの「車を止めないようにする」というのは、赤信号や渋滞のノロノロ運転のときに、なるべく車を停車してしまわないようにすることです。
 車は一度止めてしまうと、重い車体を再び走らせるのに燃料を使わなければなりません。しかし、完全に停車してしまわずに、ゆっくりでもそれまでの勢いで動いていれば、そこから走り出したときに使う燃料が少なくすみます。
 例えば、前方に見える信号が赤でもう少しで青に変わりそうというときに、ブレーキを踏まないという基本からはちょっと外れますが、一度ブレーキをかけて速度を落として走らせます。そうやって少し時間をかけて停車しないように進み、信号が青に変わり前に走れるスペースができるのを待ちます。
 なるべく車を止めないように前の状況がどうなっているかいつも見ておくことが、燃費節約につながります。

 その次の「停車時はギアをニュートラルにしておく」はオートマ車の場合です。
 赤信号ではほとんどの人が、ギアをドライブに入れたままブレーキを踏んで停車していると思います。しかし、その時にもギアはドライブに入っているので、前に進む力は常にかかっています。たぶんブレーキを離せば車はずっと進み続けますが、この力をブレーキで抑えることが燃料のロスにつながるのは理解してもらいやすいと思います。
 赤信号で待っている時間はけっこう長いですから、トータルするとかなりガソリンを損しているはずなので、停車する場合はギアをニュートラルにしておくことをお勧めします。

 最後の「下り坂ではアクセルを踏まない」は、下り坂を走るときは車体の重みによって自然に速度がでるので、アクセルを踏まずにそれを利用しましょうということです。 
 下りはブレーキを踏むことが多いので、アクセルを踏んでしまうとそれが燃料のロスにすぐつながります。下るような高い場所にいるということは、そこまで燃料を使って登ってきたということです。だから、下り坂ではアクセルを踏まないことによって、登るために使ったガソリンを取り返すようにします。
 下りはアクセルを踏まないとスピードが出るまで時間がかかることもありますが、そこは我慢して待ち、位置エネルギーを十分に利用しましょう。
 
 またその他の燃費対策としては、知っている方も多いと思いますが、重い荷物をいつも載せておかない、燃料を満タンにせずこまめに給油する、エアコンを使いすぎない、タイヤの空気圧をチェックする、などがあります。


 運転の仕方で燃料代に大きな差がでるのを知ると、燃費運転をすぐにでもしたくなると思います。
 しかし、長年運転している人の場合だと自分のやり方が体に染みついてしまっているので、意識的に運転を変えるのはけっこう難しいはずです。そして、運転中に燃費のことばかり考えているわけにもいきません。あまり燃費にばかり気を取られるのは危険ですし、ストレスにもなります。
 ですから燃費運転の習得は、時間をかけて気持ちに余裕があるときに行うようにするのがお勧めです。そして、できそうなものから徐々に慣れていくのがいいと思います。
 しかし、何はともあれ一番大切なのは安全運転です。皆さん、運転には十分お気をつけください。
 

 3月6日と13日の記事に書いた「脳を活性化する呼吸法1・2」で取り上げた息止めの効果があまりないように感じるので、この2つの記事を削除させてもらいます。
 潜水をすることよりも負荷は少ないし、それほど体に悪影響を与えることはないと思いますが、逆効果になる場合もあるかもしれません。私も自分で試して効果のあった長く続けられるものを紹介したいので、この方法はあまり勧められないと思いました。
 他の記事で紹介している健康法は長い期間、私自身行っているものですが、この方法は3か月くらいしか行っていないのに記事にしてしまったのが良くなかったと反省しています。
 もしこの記事を読んで、息止めに取り組んだという方がいらっしゃったら慎重に効果を見極めて行ってください。


 二週間ほど前から暖かくなって、やっと布ぞうりを履けるようになりました。今年は、いつまでも寒く感じられたので、なかなか履きかえられませんでした。

 私が履いているのは、布地を編んで作られた一般的な布ぞうりではなく、無印良品で買った布製のビーチサンダルみたいなものです。これだと足裏への刺激が少ないかもしれませんが、鼻緒がついているので、まあ同じようなものだと思います。

布ぞうりを履くと、
 足指を使って理想的に歩くので、足指・足裏を刺激
 し、鍛える。
 姿勢が良くなる。
 外反母趾・タコ・魚の目・水虫の予防になる、
 などの効果が期待できると言われています。
(布ぞうりと同じく、足指をよく使うようになるので、五本指ソックスを履くのもお勧めです)
 
 履くだけでこれほどの効果がある布ぞうりなので、本当は冬の間も履いていたいのですが、足がでる部分が広く、どうしても寒くなってしまいます。(布ぞうりを履けば足が温かくなって、冬でも素足でいられるようになる、というのを聞いたりしますが、私にはそういうことは起きないようです)
 ということで、一年の半分はスリッパで家の中を歩くことになります。

 立ったり歩いたりするときは、足の親指と小指、かかとの三点でバランスをとっています。しかし、スリッパを履くと、脱げないようにするため、足指を使わない不自然な歩き方になってしまうそうです。
 その歩き方が、足の歪みをもたらし、その結果、体のバランスを悪くさせ、さまざまな不調の原因になるとも言われています。
 私は専門家ではないので、足の構造的なことについては詳しくは分かりません。しかし、スリッパではなく鼻緒のついた布ぞうりを履くほうが、動きやすく気持ち良いということは確かに言えます。そして、その心地よさが、足の健康につながっていると考えています。 
 外反母趾やひざの痛みなど足のトラブルに悩む人は多いと思いますが、スリッパを履くこともその原因の一つになっているかもしれないので、注意が必要です。(このことについて書いた以前の記事も良かったら参照ください「足の健康を保つ 履物について」)

 これからの季節は布ぞうりを履いていられるので、ホント快適です。でも、また寒くなるとスリッパに逆戻りしてしまいます。
 冬のこの問題を解決しようと、布ぞうりに覆いのついた、鼻緒つきのスリッパみたいなものがないか、といつも探していました。しかし、作るのが難しいのか、鼻緒つきスリッパというのは形的に無理があるのか、それとも需要が全くないのか、そういった感じのものはなかなか見つかりません。
 だから、ルームシューズにするか(これもいいものがない)、布ぞうりに自分で布を縫いつけるしかないかな、といつも思っていました。(面倒臭そうなので結局はやらないのですが)

 でも、最近ネットで、「足袋スリッパ」というスリッパの先のところが親指と人差し指に分かれたものを発見し、「今年の冬はこれがいいかも!」と軽く興奮してしまいました。
 足袋スリッパはいろいろ出ているわけではないので、選べる種類はそれほどないようです。無印良品で以前売っていたものが良さそうなんですが、今は販売していません。
 あれをもう一度、「足に優しいスリッパ」というキャッチフレーズで売り出せばいいのに、と思っていますが、ダメでしょうね。
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ