髪型というのは人それぞれいろいろですが、分け目のある髪型をしている人が多いはずです。
 髪の分け方としては、おそらく真ん中で分ける人は少なく、左右どちらかで分ける人が大半だと思います。
 どちらで分けるかは、やりやすい方だったり、似合う方だったりというかんじで、ふつうあまり深く意識されていないでしょう。
 しかし、この分け目の位置と性格・生き方に関係があるかもしれない、と言われたら誰でもちょっと気になると思います。
 今回はそんな髪の分け方についての話をしてみます。



 髪を左右どちらで分けるかによって次のような性格特徴があると言われます。
 
 
  分け目が右(右分け)の人の特徴

 顔の右側はオフィシャルな自分を表す。よって右分けの人は、仕事運を上げたい、目標に向かって頑張るタイプ。本音を隠し自分を語らない秘密主義。人にどう見られているか気にして人見知り。
 人相学的に顔の右側は未来を意味するため、現状に満足せず高みを目指す人や完璧主義な人、新しい環境求める人が多い。


  分け目が左(左分け)の人の特徴

 顔の左側はプライベートな自分表す。よって仕事よりプライベート、恋愛を優先に考えるタイプ。左側は右脳がコントロールするので感情が表にでやすく優しさ、本音が相手に伝わりやすい。楽天的でコミュニケーション能力に長けている。人の欠点を気にしない器の広さがある。
 人相学的に顔の左側は過去を意味するため、現状に満足してガツガツせず、今を大切にする人が多い。
 

 私は昔から右分けですが、完璧を目指すとか、本音を隠す、といったところは合っているかなと思います。そして、私の周りの人や有名人を見てもこのことはけっこう当たっているかな、という気がします。
 

 分け方のそれぞれの特徴は統計や人相学、右脳左脳の働きの違いなどから導き出されたもののようです。
 しかし、私はこれらの要素以外に髪の分け方と体の傾き歪みが関係して、それが性格に影響することもあるのでは、と考えています。
 変わった説に聞こえるかもしれませんが、次のような出来事があってこのことを思いつきました。

 最近、白髪が気になっている私は、「髪の分け目には紫外線があたり、頭皮にダメージを与えて白髪の原因になる。だから白髪が気になる人は分け目を変えるのがいい」という情報をネットで見つけました。
 私の白髪は分け目付近に多くはないのですが、頭皮の血流を変える効果もあっていいかもと思い、分け目を変えてみることにしました。
 中学以来30年ほど右分けだったので、髪の流れがすでに作られ頭皮にクセが出来ていたのでしょう、分け方を変えてみるとかなり違和感があります。そして、左で分けることで何か体のバランスに影響を与えている感じもありました。

 そのとき、「髪の分け方と顔や体の癖、歪みは関係があるのでは」という考えが思い浮かびました。

 具体的に言うと、私は体が左に傾く癖があるのですが、そのことと私が右分けにしてることがつながっているように思えたんです。
 今まで右分けにしてたことが体を左に傾ける原因の一つになっていたのではないか、そのため左分けで髪を右に流すのは、上半身が左へ傾く癖を直すのに役立つのではないか、ということです。
 髪の分け方を変えるだけのことですが、髪の方向を決めるという弱い力でも、毎日持続的に行われればそれなりの影響があるはずです。特に髪の長い人ならその力はかなりあるとも考えられます。


 体が左に傾くと肝臓の働きが高まり、たくさん食べるようになる、ということが言われています。そして、そのことが他の欲求も高めて、現状に満足しないガツガツした積極的な性格につながるように思えます。
 逆に体が右に傾きやすいと、肝臓の働きを抑えて食に対して抑制的になり、性格もガツガツしない感じになります。
 この体の傾きと性格の関係の話は、以前「人の性格が表れるクセ」という記事の中で、ヤンキーが車の運転をする時なぜ左に体を倒すのか、といったことなどと絡めて私の見方を書きました。
 そこから考えると、体を左に傾けることと、右分けの上昇志向な性格(またその逆の右に体を倒すのと左分けの抑制的な性格)にかなり関連があるように思えるんです。
 体を傾ける方向で髪の分け目が決まるのか、髪の分け目で体の傾く方向が決まるのかよく分かりません。(まあ、全く関係ないかもしれませんが)
 でも、この体の傾きということが、分け目による性格の違いの要因の一つになっている可能性はある、と思います。


右分けで体が左に傾く=アグレッシブ・上昇志向 食欲旺盛

左分けで体が右に傾く=謙虚で満足度ほどほどでいい 食に淡泊

 
 すべてがこの分類に当てはまる、ということはないでしょう。それでも、私としてはけっこう当たっていると思うのですが、皆さんはご自分の周りの人を見てどう感じられますか?



 芸能人や髪型に気を使う人は、分け目を時おり変えることがあるかもしれません。
 しかし、多くの人は同じ側で分けていることがほとんどでしょう。
 もし、この分け目の性格分析や体の傾きとの関連という説があっているなら、分け目を変えることで今までと違う自分に変わることが可能になるかもしれません。
 右分けでガツガツしすぎな人(精神的にまたは実際の食欲において)とか、完璧を目指しすぎるという人。
 左分けで控えめすぎる人とか、食が細いという人。
 これらのことで悩んでいる人は、分け目を逆にするのがいいかもしれません。
 私もずっと右分けにしてきて、真面目すぎたり、ガツガツ食べるきらいがあると思うので、少しはくだけた感じになれれば、と分け目を左に変えてみています。(成果のほどはよく分かりませんが)
 分ける位置は、左右とも真ん中に近い分け方と、遠い場合があります。どちらにしても分け目が中心より遠いほうがより強い影響を与えるように思えます。
 もしかすると自分の性格に合わせたバランスの良い分け方があるのかもしれません。

 しかし、分け方が性格に影響を与え、体に偏りをもたらす可能性があるなら、髪型は真ん中分けか、分け目のないものにした方がいいのかな、とも考えられます。特に子どもはあまり分け目をつけないほうがいいのではないでしょうか。



 仕事に意欲的という右分けの特徴にあてはまってると思われる芸能人は、松田聖子や小泉今日子、左分けでは、山口百恵や中森明菜でしょうか。若い人には判りにくい例ですね。
 芸能人は実際の性格を窺い知れませんし、髪の分け方もよく変えます。また自己アピールが強そうだけど左分けという人もいたりします。
 いろいろ例を挙げて言うことも出来なくないですが、ちょっと強引な解釈になってしまう気がします。

 一方で政治家の場合には性格特徴がハッキリでているように思います。
 調べてみると昔の日本の政治家や、海外の政治家は左分けが多いみたいです。(実業家も国内外とも大半が左分け。1人誰もが知っている外国の政治家がビシッとした右分けになっています)
 そして今の日本の政治家には右分けの人が多いようです。
 安倍首相が右分けですし、前内閣、新しい内閣両方の閣僚に右分けが多くいます。そして与党議員や政府に関係する人にも右分けが多いです。
 野党にも蓮舫議員や前原誠司議員、菅直人元首相など、右分けはけっこういます。
 これらの右分けの政治家を見ると、押しの強そうな人、アクの強そうな人が多い気がします。
 特に私が印象的だったのは、最近自民党で不祥事を起こした議員、豊田真由子、中川俊直、今井絵理子、今村雅弘、武藤貴也の各議員や、不倫で辞職した宮崎謙介元議員などがみんな右分けだったことです。
 あるネットの調べで、国会議員は左分けのほうが割合として多い、というのを見たので、問題議員に右分けが多いのは、何か右分けの特性との関連が考えられる気がします。
 政治を行う人には抑制的なところがやはり必要なのかもしれません。



プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ