前々回の「運動で体の動き悪くなる?」の記事に、スポーツトレーナーの松村卓さんの「人生を変える骨ストレッチ」(ダイヤモンド社)を読んでとても興味深く感じ、自分の考え方が少し変わった、ということを書きました。

 松村さんは自ら考案した「骨ストレッチ」を通して、骨・体幹を使った動きの重要性を伝える活動をしています。
 本の中に「ラクに動けるからこそ強さが発揮できる。努力しないですむ方が、苦労を強いられないほうがパフォーマンスは上がる」という言葉がありました。
 私は健康法を努力なしで行うことをこのブログで言っていますが、競技スポーツの指導者にもこういう考え方をする人がいるんだ、と何か心強く感じました。




 この「骨ストレッチ」はとても簡単に行えて、すぐ効果を感じられる方法です。

 骨ストレッチの行い方は、

・片方の腕を曲げ手の平を前に向け、手の親指と小指をあわせる。
・反対側の親指と小指で、腕を曲げた手の手首の両側の骨をつまむ。(基本ポーズ)
・この基本ポーズから手首をブラブラ動かす、体を左右にひねる、首を回す、手を上に挙げて体を横に倒す、ということを行っていきます。

 初めにふつうに体をひねり、それから手の形を作って骨ストレッチしてみてください。
 比べてもらえば、明らかによくひねれるので驚くと思います。


 この手の形を作ることでこのような効果が出るのはとても不思議です。
 これがなぜ起きるのかは、松村さんの説明によると、

「手首のような体の末端部の動きを制御することで体幹を使うことができるようになり、全身の連動性生まれる」
「親指と小指をあわせるのは一番力が入りにくい。一定の力で押さえやすく、ムダな力を使うことがないので脱力できる」
ということでした。

 この説明ではよく分からないですが、実際に効果がある以上、原理はそんなに重要ではない気もします。

「骨ストレッチ」に興味を持たれた方は、詳しいやり方と松村さんの経験について書かれた著書を読んでみるのをお勧めします。

 


 私は骨ストレッチを行っているうちに、手首を押さえる基本形をとらなくても、両手の親指と小指をあわせると、骨ストレッチと同じように体がほぐれやすくなることに気づきました。

 両手の親指と小指をあわせてへその下あたりに置き、体をひねったり、左右へ倒したりすると、骨ストレッチと同じ効果があるんです。
 試しに、次に手を後ろにまわし、腰の真ん中で親指・小指をあわせ、そこから体を後ろに反らしてみてください。
 すると、ふつうに腰へ手をあてて反らしたときより柔らかくなっていて、グーっとより倒せるのを体験できるはずです。

 骨ストレッチは手首を押さえるということをしますが、私が今言ったやり方でも体に変化があることから、たぶん親指と小指をあわせるのに意味があるのかもしれません。

 この親指・小指をあわせる方法はさまざまなことに使えるので、次回はそのことについて書いてみたいと思います。



プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ